王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1幼ながたり
文献名2幼ながたり
文献名322 教祖と大槻鹿造
著者出口澄子
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B124900c24
本文の文字数798
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ご開祖の一代に常に教祖を攻めた男が居ります。初めにおよね姉さんを力づくでさらっていった大槻鹿造であります。この男は侠客のような男で、弁舌は達者で今でいう弁護士のような話術の達者なものでした。
 教祖は特別、この西町がきらいで、ことに西町に集まる三人の町の顔役は一番きらいでした。それは教祖は日本の純粋の神であり、三人は外国の悪い神の系統というわけで、教祖にかかられた神をきらってあらゆるボウガイをしたのであります。それで教祖も鹿造たちを改心させなければならぬので、毎日西町に行かれ、およね姉さんと鹿造に天地の道理を説かれました。
 大本の歴史にあったことと、日本および世界に実地におこったことを比べてみると、大本は世界の型をするところであるということが分かるのでありますが、教祖と鹿造の型、私とおこと姉さんの型も、神さまの啓示として理解できるのであります。そのことが分からんと、ただのつまらぬ話でありましょう。
 大本の歴史におこったことは、どんな小さいことでも、一つ一つ意味がありまして、後で世間に大きく映ってから、神さまからさせられていた型であることがわかるのであります。
 西町の近くまで教祖がゆかれますと、西町に寝ているおよね姉さんは「また、新宮から来るッ」と叫んで炬燵の中にもぐり込んでしまい、蒲団の中から目ばかりむいていました。そうして教祖を誰よりもこわがりました。
 教祖はおよね姉さんの見舞いに来られると、自然に腹の中から声が出て、
「およねよ、改心いたされよ、○○は強いものがちの神、これからは世が変わるぞよ」と申されました。それを聞くと、およね姉さんは、苦しんで、よけいに荒れていました。
 大槻鹿造はそのうち教祖の、本宮の元屋敷を売ってしまいましたので、教祖は一時、住むところもなくなりました。私が八木にやられたのはそのころです。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki