王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1幼ながたり
文献名2獄中記
文献名3監房へ
著者出口澄子
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B124900c36
本文の文字数552
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  私の獄中生活は、昭和十一年五月三日から、昭和十七年八月十三日までのことでありますが、京都の五条署の留置場から裁判所(京都地方)の未決監房に護送されるところから書き出して、私の獄中でもっとも感銘の深かった友達のことを述べてみたいと思います。
 昔から無実の罪で、獄舎に投げこまれた人は数かぎりなくあります。また、時代に受け入れられなかったために処刑を受け、非業の最後をとげた人も多くあります。外国にもそういう例はあると聞いています。時の為政者が自分の政治に反対するとニランで、手も足も出ないような目にあわすことは今日の文明時代にもあったのであります。しかし如何に国家に害ある者と誤解したとて、法は正しく活用されなければなりません、調べはあくまで厳正であるべきであります。人はすべて神の子、神の宮であるからです。
 しかし私がこの獄中記で述べようとしますことは、法律のことや、それらのことではありません。私は──神は何時どんなところにも在しましてお守護り下さるということ──どんなひどい目にあっても、神の子としてなぐさめを受けるということ──で、これは私が七年間獄中で身をもって体験した話でありまして、小説でも、なんでもなく、当時のありのままを、私の頭に浮かんでくるままに綴ったまでであります。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki