王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎著作集 第3巻 愛と美といのち
文献名2愛 >おんなの世界
文献名3美人さまざま
著者月の家
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2016-11-28 01:48:13
OBC B195303c130
本文の文字数1930
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  美人という言は、ふつう女人の美の総称であって、換言すれば、総括的美人というは外形美いわゆる肉体美で、身体各部器官の完成せるものをもって美人というのである。それゆえ少しくらい不完全なる女にしても、化粧修繕その要をえて、一見外見をよそおい、一定時中その態度を持続する間は、世間一般の目より美人としてとりあつかわるるのである。ゆえに芸妓、仲居、女優または散歩好きな令嬢などは、美人としてもっとも多く数字を占めている。
 つぎに特種の美人がある。それは相対的美人で、観察の時期および心理作用による美人である。ゆえに甲はこれをもって絶世の美人のごとくに思慮するも、乙はさまでに思わざるがごとき場合のある美人がある。ゆえにかならずしも外形美を完結せずといえども、その内容において一種の特点を有するものにたいしては、美人の称号を与うるもさしつかえはない。
 つぎに虚名の美人というのがある。これは新聞美人、写真美人、さし画美人であって、実物にいたっては、顔の配合も、四肢の配置も、胴体の組織もしかく完全でなく、その内容も充足していなくとも、虚名を売るの方策に長じ、言論筆説その妙をえて、活社会の活舞台にたってよくこれをごまかすの技能を有する女である。この種の女は、自己の誤りし過去の事実を臆面もなく発表して、しかもそれを自己の理想のごとく主張して平然たるの類である。年齢ようやく長けて、顔に小じわのできるようになっても、なおかつ平気の平左衛門で、若かった生娘時代の写真版を新聞雑誌に掲載し、もって社会的美人をもって自ら任じ、得々たるものである。しかも彼らの写真版は、何十回の筆をいれて修正に修正を加え加工に加工をほどこして、実物とはまったく別個の感あるものがある。これらの美人を総称して虚名美人というのである。また身体分子の配合すこぶるその妙をえずとも、他に接して心情すこぶる篤く、友人にたいして親切、良人にたいして貞節いたらざるなく、児にたいして愛情の念深く、家庭を思うの心切なる女を称して反面の美人という。すなわち反面の美人とは肉体美に破れたる女にして、その反動として極端に内容の発達し、いわゆる家庭向き台所用の女である。また好奇心を巧妙に利用する女を異様の美人という。流行のさきがけとか、一種別様の風姿言語をもちい、しかもこれを巧みに利用して特種の舞台に活躍する女で、血族と習慣と思想を異にせる外国の女を見て、憧憬の念禁じがたく悶々の情に苦しむ女、しかしてこれを羨慕するがごとき一種の好奇心にとらわれたる女である。変遷きわまりなき現代の社会においては、この種の美人もそうとうにみとめられているようである。
 つぎに体躯の組織完全にしてまことに臀肉豊富、四肢の活動十二分に達し、真に人間製造に適したるの女を称して曲線美人という。血色の良いそして活動力を有する国家的女である。その心理は別として、人間が動物性を有するという見地からはじつに堂々たるもので、良く天職をつくすにたるべき完全な女である。
 つぎにまた近時の世態を動揺せしめて、すでに絶世の美人のごとく両方面から憧憬されたのは、芸妓の万竜、八千代をもってその最たるものとなすべきであろう。そして新聞や雑誌ではやされたのは、森律子を筆頭に、少し古いところで下田歌子、鳩山春子、およびこれに類する方面の女であろう。成り金女としては鈴木のおよねさん、風紀問題でうわさにのぼったのは芳川鎌子である。」れらの美人といえども世人のうわさにのぼるほどの価値あるものでなく、ただただ化粧の光であったのだ。
 おわりに歴史上の美人に言及すれば、一種のローマンス的女で、この種の女にたいしての論評は、貞操をもって最大なる要件としたもののようである。ゆえに焔花を飛ばすがごとき間にあって、なおよく貞操を厳守した女である。ゆえに変転多く活躍に富み、時に心胆を寒からしむるの活劇を演じた女である。過去の女だけに、その反面にたいし、批評をこころみるの材料を有せざるのかぎりにおいては、すこぶる社会の尊敬と羨望の的となり、しかして異性をしてその情緒に泣かしむるの美人である。平凡に説けば芝居的美人であり小説的美人である。
 ああ、こう考えてみると、世間は美女ばかりで醜婦は一人もないようである。以上の美人観からみると、現代における有名な美人平塚雷鳥、故九条武子、柳原燁子、伊藤あさ子、栗島すみ子などの美人といえども、その内容と形体美については、あまり飛びつくような逸品とは考えられない。ゆえに今は女を総括して美人とたたえるより道はないと思う。
(無題、『東北日記』五の巻 昭和3年9月21日)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki