王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎著作集 第3巻 愛と美といのち
文献名2人生 >信仰の力
文献名3体験の力
著者月の家
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B195303c229
本文の文字数677
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 口はばの広いことをいつて、自己の存在を確認して、黄金と権力と体力さえあつたら、神なんか信仰しなくても、いかなることでもできると自負しているのが現代の人間の大部分である。それが一つ体躯に微異をきたすと、たちまち別人のように小さい心もちになる。別条のない身体の壮健なときは、天下に行なわれざるものなしと慢心しているが、一朝四肢の自由を失つて臥床の身となり、あまつさえ生命の綱が細つてゆくときに、人間はなにを考えるだろうか。ただただ生きよう生きようという生の執着と欲求よりほかに何物もないのである。
 こんなときになつて、浮世のいつさいがありがたみを加えてくる。信仰心がおこり、神仏に依頼する気になるのが人間のつねである。発熱はなはだしくたえがたきときに、氷屋の丁稚の親切みがおぼえられ、食道に普通の糧がとおらぬときに、牛乳屋の恩恵が悟れる。夜ふけて交通機関の絶えたときには、電車のありがたみがしみじみと感ぜられる。かわいい児に旅をさせという諺も、こんなところから生まれてきた言葉であろう。馬の生き眼を抜く慌惨な旅へでて腕一本で生きてゆく、そうしたときに親というもののありがたみがわかつてくるもので、世の中の悲喜はこもごも、みな人間の心もちを浄化するものである。自然も環境もみな神であるという心もちになつてくる。
 吾人の生存には変化の体験ほど尊いものはない。百の説法万の教訓よりも、ただ一つの体験の方が、よほどその心魂を浄化するうえにおいては尊い。ゆえにせつかくの体験を反古にしてはならぬ。
(無題、『東北日記』 二の巻 昭和3年8月5日)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki