王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎著作集 第3巻 愛と美といのち
文献名2人生 >生きがいの創造
文献名3天地の運行に並行して進め
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-01-22 14:29:00
OBC B195303c234
本文の文字数701
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  皇道大本の四大主義の一つに進展主義というのがあるが、この進展主義は何事にかかわらず、着手した場合は一歩も半歩も後へはしりぞかぬ、ただ前進あるのみである。吾人は入教以後三十余年間、進展主義で一貫してきたのである。漢聖の教えのごとく、三歩進めば一歩しりぞいて考えよというような退嬰主義をとることは、皇道の一大禁物である。
 ゆえに私は旅行するときでも、いつたん家の敷居を越した以上は、なにほど必要な大切な品を忘れたことに気がついても、けつして一足たりとも、後へもどつて持つていくということはしないのである。
 たとえば、原稿を書いても、けつして後で筆を入れたり書き改めたりしない。また一字も直さないという主義である。ゆえに私の原稿にかぎつて、訂正の箇所はこしらえてないのである。文章が少々拙劣でも卑近でも、いつたん筆に出したものを没にするのは進展主義の神則にもとり、時間の損害となるのを惜しむからである。光陰は矢のごとく、一度去りてはふたたび帰らず、一日ふたたび晨なり難しということがあるから、たとえ一秒時間といえども、無益につかつては天地の神へ申しわけないからである。
 こうして時々刻々を貴重に働いてゆけば、いかなる遠路といえども少しの疲労もなく、天地の運行循環とともに並行して、比較的容易に大事業を遂行しうるものである。かくして油断なく活動するときは、世間の人が十年の日子を要して成功することも、一年または二年の短日月にて成功することができるのである。なにほど急速力で事業を進めても、中途にやすみ後もどりしては、なんにもならないのである。
(「瑞祥新聞」昭和9年10月1日)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki