王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎著作集 第3巻 愛と美といのち
文献名2人生 >生きがいの創造
文献名3笑いの哲学
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B195303c250
本文の文字数766
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ストーナ一夫人は言つている。
 「すべての子供は生まれながら、第六の感覚──諧謔の感じを持つている。しかし多くの者は、その育つ環境のためにこの感覚を鈍らされ、あるいははやくから失つてしまうものである。楽しいものを見ても、笑う──心の底から笑うことができず、にが笑いやしのび笑いすることもできない人間ほど、哀れに思われるものはない。顔面筋肉の痙攣のために、冷笑したような表情に苦しむ人のごとく、たえず歯をあらわしている必要は少しもない。が、幼い時から愛とほほえみにとりまがれて育つた子供は、じつに自然に笑い、またユーモアに敏感である。彼は苦悩の真中にあつても、あらゆる事物のおもしろい半面を眺めることができる。彼はつねに楽天家である。そしてこのことは、世の中で成功する。男も女も、楽天家であるという事実を証明するものである。真の厭世家が勝利をうることはけつしてない」と。
 実際、夫人の言つているように、「笑い」くらい人間生活にとつて貴いものはない。「笑い」は人間の本能である。ことに日本人は一般にユーモア好き、喜び好きで悲しみが嫌いだといわれる。われわれはいつまでも、ペシミズムの暗い室のなかにうめいている必要はない。「温かい笑いの波は一座を漂わす」ということがある。法悦の歓びは終に笑いとなる。笑いは天国を開く声である。福音である。しかし笑いは厳粛を破るもののようだが、その笑いが徹底すると、また涙がでるものだ。笑い泣きの涙が、もつとも高調された悲哀と接吻するような感じがするものだ。しかし法悦の涙と落胆悲痛の涙とは、天地霄壌の差あるはもちろんである。人間の笑う時と泣く時と、顔面の筋肉が同じように作用することを思うと、善悪、歓苦、笑哭不二の真理があやしく光つてくるようである。
(「昭和青年」昭和7年12月)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki