王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎著作集 第3巻 愛と美といのち
文献名2自然といのち >心の病いと身の病い
文献名3病いは心から
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B195303c548
本文の文字数571
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  すべて神を信仰することは、現在の体を壮健にし、病の苦しみをまぬかれ、長きいのちを保つためにいちじるしき力となるものなり。また未来における霊魂の生命のために、いちじるしき力となるものである。
 失明者は光を見ることあたわず。光を見ざるがゆえに、万の物ことごとく見ることをえす、不便かぎりなかるべし。まして心の眼を失いたるものは、その苦しきこといかばかりぞや。いまの世の中九分九厘までも心のめくらのみなり。瑞の御霊はこの病をなおさんために現われり。
 すべての病は百のうち九十九までは、心の罪穢れよりおこるものなり。心を清むるときは、病はただちに消ゆ。苦しむも心、楽しむもまた心なり。ゆえに心の病をなおさざれば、肉体の病は癒ゆることなし。根本より病を絶やさんと欲する者は、心の底に真の薬を飲み、心の奥の間に真の神を祭るべし。
 霊魂の死ぬる病と、肉体の死ぬる病とあり。霊魂の死ぬ病は、いと重くして癒ゆることなかなかに難く、いつたん死したるうえは、元にかえることあたわざるなり。肉体の死ぬる病は軽し。肉体の死したるは真の死したるにあらず。霊魂の宿を替えて元の神の国に帰りゆけるなり。されば、よし肉体を殺すとも、霊魂を殺すことなかれ。肉体は従僕にして霊魂は主人なればなり。
(肉体の病は心の病なり、「瑞祥新聞」昭和7年6月)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki