王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎著作集 第5巻 人間王仁三郎
文献名2第1部 自叙 野に生きる >故郷の二十八年よみ(新仮名遣い)
文献名3故山の夢 ─回顧歌集・抄よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2016-11-25 02:50:27
ページ38 目次メモ
OBC B195305c104
本文の文字数778
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 故山の夢ー回顧歌集・抄ー
十歳より十二、三歳頃まで

松檜伐りはらはれし坊主山に兵隊ごっこしてころげ落ちけり
川の辺の茨の室の蜂の巣を知らずに踏みて顔さされけり
朝早く露をおびたる蛛蜘の巣を白くまきとり蝉ふせてとりぬ
かぶと虫取らんと夏の日櫟生の林あさりて蜂にさされし
蓮根の生ひ茂りたる溜池に水泳せんと危く溺れし
金剛寺夜学に通ひ住僧の留守は木魚をたたいて遊べり
須弥壇のあみだの口に鰌等はませて友と手をうち笑ふ
溝とめて魚あさりをれば走り来る田守の怒りに頭うたれき
結婚式見んとて障子にねぶり穴あけて舌をばつかれたりけり
(昭和五年七月十三日於高天閣)
学校の修業終りて午後三時近き野山に松葉刈りけり (柴刈)
日曜の午後山に入り火を放ち一と山焼きて叱られしかな
髪の毛も眉も残らず焼きつくし黒焦げとなり家に帰れり
棍棒をふり上げながら吾が父は村にすまぬと追ひかけまはる
水冷ゆる水道の中に一と夜さをしのびて腹を痛めけるかな
(昭和五年七月十五日於穹天閣)
桑の実の黒く熟れしをむしり取り顔を画どりて友と芝居せし (芝居)
与市平が定九郎に殺さる真似をして出刃庖丁を揮ふ危険さ
柴一荷刈り終りたる夕暮に尾の上にたちて友と村みる (狭田)
君とこの田は何処にあるかと尋ねられ吾は黙して答へざりけり
(昭和五年九月二十一日於壱岐支部)
農事より外に所作なき小作人の行末思ひて涙に暮れたり
待てしばし吾壮年になりぬれば田地を買ひて小作を救はむ
地主等は父の名までも呼び捨てに奴僕の如く扱ふを憤りぬ
地主等が横柄面をくぢかんと毎夜富家を訪ひて遊べり
(昭和五年九月二十二日於壱岐支部)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki