王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1その他
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3ローマ字普及会十周年記念祝賀会に於ける聖師様のお話よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要『真如の光』昭和9年(1934年)5月25日号p13掲載 4月22日に天恩郷光照殿で開催されたローマ字普及会十周年記念祝賀会に於ける出口王仁三郎の講話。
備考
タグ データ凡例共通凡例B データ最終更新日2020-08-30 03:03:03
ページ 目次メモ
OBC Z9034
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文

 総て言葉と云ふものは政治的にも、生活上にも最も必要なものである。又日本は昔から言霊の幸はふ国、言霊の助くる国、言霊の生ける国、或は言霊の天照る国と云うて非常に、言葉の正しい事を誇りとしてゐる国であります。
 何事にも、言葉の中には魂が這入つてゐる。今日の日本の言葉で『山』と云ふことを云へば直ぐ高いものを連想する事が出来る様に、『ヤ』と『マ』の言葉の中に或る意味が含まれてゐるのであり、『川』と云へば直ぐ『川』と云ふ事が解る。之は『カ』と『ワ』の字に其意味が含まれて居るので『カワ』だけで総てのものが説明の出来る様になつてゐます。それで言霊の幸はふ国と云ふのでありますが、此頃の言葉になると、漢語が交つたり、或は英語が交つたりいろいろして日本語の中にも何国の言葉か解らん様に乱れて来てしまつたのであります。其為に日本の風俗が乱れてくる、或は政治なり宗教なり一切のものが、皆混乱状態になりまして、本当の中心と云ふものは無くなつたのであります。
 最も必要なものは言葉であります。日本は先づ言葉を統一し、そして海外諸国に迄日本語を宣伝したい、どうしても海外に日本の言葉が用ひられん様な事では日本の国威を何処までも拡充することは出来ません。それで先づ国際語なるエスペラントを私は採り入れて、そしてエスペラントからローマ字を解釈さして、そして日本語を世界に拡めたいと云ふ考へを持ちまして、エスペラントを普及して、ローマ字を研究する事になつたのであります。
 それで海外の方へローマ字に拠つて日本語を伝へる必要がなければ、別にローマ字をやらなくても、国語改良会と云ふものを拵へて、イロハを用ひても、其目的を達せられると思ひますけれども、そういふ抱負を以てどうしてもローマ字を用ひて日本語を世界に拡めたい、其先駆として先づエスペラントをと、こういふ考へを以て私はローマ字を研究する事になつたのであります。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki