王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1三鏡
文献名2水鏡よみ(新仮名遣い)
文献名3小さい蒲公英よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
神の国掲載号1926(大正15)年06月号 八幡書店版298頁 愛善世界社版178頁 著作集270頁 第五版43頁 第三版43頁 全集348頁 初版29頁
OBC kg022
本文の文字数449
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  大正十年二月の頃、皆の知つて居る通り私は京都監獄に居つた。或日の散歩に、枯草の中に咲いて居る一輪の蒲公英を見出した。ああ其一輪の花、それによつて私はどの位慰められたか分らなかつた。何と云ふ愛らしい花であらう。冬の寒い長い間百草も枯れて、何も無いやうに見える此花が、春の光を浴びると、眠つた如く見えた根からは青い芽が出で、葉が伸び、やがてはあの豊醇な乳を持つた美しい黄色や、白い花が咲くのである。何だか私の境遇に似て居るやうである。私は思ふた。たとへ此度の事によつて大本が潰れたとて、五十七才になつたら又元の六畳敷から初めやう、教祖様は五十七才にして初めて立たれたのだから……、かくこの一輪の花によつて慰められつつ、日を送つて居る中、やがて春の最中になつて、そこら一面蒲公英の花をもつて埋めらるるやうになつて来た。何等の慰めをも持たぬ囚人達は如何に此花によつて慰められた事であらう、朝に夕に花は囚人の唯一の愛の対象物であつた。然るに心なき園丁は掃除をするのだと云つて、皆此花を引きむしつて仕舞つた。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki