王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1三鏡
文献名2玉鏡よみ(新仮名遣い)
文献名3石女よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
神の国掲載号1930(昭和5)年12月号 八幡書店版459頁 愛善世界社版228頁 著作集 第五版308頁 第三版310頁 全集 初版264頁
OBC kg758
本文の文字数365
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  御子生みの神業は人間として重大なる御用であるが、子が出来ぬからと云うて、それが罪の結果であるなどと思ふのは間違ひである。それは唯だ単なる体の欠陥に過ぎない。石の上に播かれた種と同様で育たない。故にうまず女の事を石女といふのである。人は二人の子供を自分等夫婦の代償として生んで育つべき義務があるのであるが、生まない人があるので、其代りに多くの子供を生まされるのであつて、神諭に「自分が生んでも自分の子ではない。神の子の世話がさしてある」とあるのは其意味である。子のなき人は、最初に誰かが貰へと云うて呉れた子が、自分の霊統の子なのであるから、それを貰ふがよい。人間心を出してあれが気に入らぬ、これが不足だと云うて、この最初のものを断ると、次に云うて来るのは、もはや自分の霊統の子ではないのであつて、他人の子を貰ふことになるのである。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki