王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1大本神諭
文献名2
文献名3明治33年閏8月2日
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ 目次メモ
OBC os069
本文の文字数1424
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  出口の因縁は中々六ヶ敷なれど、元からの因縁は昔からなり、斯現世の因縁も、元は八人の血筋で手分け致して間配りて、仕組が為て在るぞよ。明治二十三年の七月の十九日に、八木の福島の久が大病で、暁立で直が参りて、八木の嶋の手前で出口に追付いて、御前は珍らしき婦人じゃと申したのは、人民では無りたぞよ。お前は婦人に生りて来ては居れども、婦人では無い男子じゃと申して在ろうがな。七人の女じゃと申して在らうがな。其因縁も判りて来るぞよ。明治二十四年の極月から大槻米の総領が又た狂乱、八木の久も狂気、又た二十五年正月から、出口直も人から見ればこれも狂人、此の三人の狂気の本は、皆神から為てある狂気であるから、世話して居るものが改心をして、聞き分けて下れたら、直ぐ鎮静るなれど、誰にも解らん事で在るから、よねは全狂乱にして了ふて、大槻鹿造と米の改心が出来んゆへ、八年間懲戒を致されて、因縁ものの集り合で、珍らしき事が綾部に出来るのじゃぞよ。世の立替には変な人が現はれて、変な事が出来るぞよ。金光殿も結構なれど、直ぐ布教者が慢心いたして気の毒なものじゃぞよ。何処の教会の教祖も皆同じ事じゃ。皆取次が悪るき故教祖の名が悪成る成りて、永らくの苦労が、水の泡に成りて居るぞよ。其苦労だけの取次には徳が無いから、今度は何処の教会も、皆改め致して在るから、行状の良き教会は結構なり、行状悪き教会は今度一番に審判いたすぞよ。今度神が四人を連れ行きたら、分りて居る人は結構なれど、解らん人は色々と申すで在ろうなれど、此の綾部の本は外の教会とは違ふから、異う事を致させるなれど、今度御苦労に成りたら結構が判るから、人民は何んと申しても、実地の所へ連れ参るから、安心致して下されよ。此の曇りた世の中を、水晶に致さねば成らんから、神が永らく苦労を致すのじゃぞよ。今度の処は人民では行かれん処であれど、其処へ一度は往て貰はんと、モ一つの事が出来致さんぞよ。そこへ参りて来たなれば、三年の行が出来るぞよ。八木の福島を差して行て下されよ。次に指図を致すぞよ。綾部の大本の御世継に成るのは、一度は実地の所へ行て下さらんと、誠の御用がさせられんぞよ。そこへ参りて現世の衣を脱して、身体に徳を付けて置かんと、神の威勢が出んから、澄子と春一連れ参るのはチト早いなれど、出口に一同みな結構な処へ連れ行かせるぞよ。世界の大望が遅くなるので、人民の御用が遅く成りて、モウ緩り致しては居れん事になりたから、急き込むのじゃぞよ。物がアチラコチラに成りたから人民を速く改心さして○○○○○
 世界の事が後の経綸で在りたのが、前に成りたから、神が忙はしく成りて、何も物事が迅くなるぞよ。今迄は何を云ふても誠に致さなんだが、皆出て来て是からは改心が出来るぞよ。遠方を見ゐでも近くを見て御覧うじ、敵対うた人民と、誠に致して神に縋りて来るものと、分けて気が付けて在るなれど、人民は何をして見せても、明白に云ふてやらねば能う解けず、言ふて与れば誠に致さず、放任して置けば仏法へ滔るし、親が児を思ふと同じ事で、児が丼壷へ滔るのを見ては居れず、言ふて与れば悪く取りて火に成りて怒るし、神も辛いぞよ。神の心も推量して下され。人民助けたさの事で在れど、改心出来ん見苦しき身魂は神が引取らんと、醜穢ものは棄さねば世の穢となるから、可愛相でも何が在らうやら判らんぞよ。良き心を持ちたら、是からは良き神を憑けて、良き世話をさすぞよ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki