王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1大本神諭
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3明治33年旧1月7日よみ(新仮名遣い)
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
年月日1900(明治33)年2月6日(旧1月7日) 神霊界掲載号大正8年2月1日号(第79号) 5頁 神霊界八幡書店復刻版第4巻 103頁 七巻本第5巻 30頁 五巻本未調査 三五神諭なし 東洋文庫天の巻なし 東洋文庫火の巻なし 連合会水の巻120頁 大本史料集成未調査 庶民生活史料集成なし
OBC os159
本文の文字数3361
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  国武彦命の筆先であるぞよ。出口直にかかした此の筆先は毛筋も違いは無いぞよ。艮の金神は出口の体内を借りて何事も前つ前つに書すから皆が筆先どほりに行い致して下さらんと、我の我情で行りたならばビクリとも出来ぬ様に致すぞよ。是までとは世が変るから、今までの事を申して我で行ろうと思ふたとても神の筆先どほりに致さねば、斯の金明霊学会は行かんぞよ。今では零落た出口に命す事で在るから、我の強き者や、人民界で利巧なものは却って神は使ひ難いから、綱は沢山に掛けて在れども、是から各自の守護神人民の身魂を調査るのは金明霊学会へ引寄して、モウ一度審判を致さんと真実の霊性は判らんぞよ。世界の事であるから、天で調査をいたしたなれども、真実を致して是だけ苦労を致して居りても、人民の眼には判るまいがな。艮の金神国常立之尊と元え戻りて、何事も昔の神代へ返すぞよ。大本の霊学会は世界中を水晶に致して、天地え御眼に掛ける大本で在るから、余程心を立直して下さらんと、金光どのも結構なれども跡の布教師が段々と慢心いたして今の体裁。金光どのの取次よ是から神が改めを致すぞよ。そぐり立るぞよ。艮の金神の筆先を永らく写して居りて斯神の事が分らぬ様な事では間に逢はんぞよ。何事も斯大本へ出て来ねば、上の御魂と中の御魂と下の御魂と、三段に分けて在れども、金明霊学で無ければ誠の因縁は判らんぞよ。艮の金神は誠を貫きた守護神人民には何程でも神徳は渡すなれど、誠のなき者には日参いたしたとても景場信心では誠の御蔭はないぞよ。何事ありても各自の心からであるから、神と出口を恨めて下さるなよ。神は世界を良くいたし度いので永らくの合戦を致して居るぞよ。
 金光殿は三十余ケ年の苦労を成されて地の恩といふ事を世界へ知らして下さりた誠の御方であるが、金光どのの跡の取次に誠さえ在りたら艮の金神も茲までの苦労は致さいでもモチト早うに物事が成就いたして、世界の人民の苦みが軽く成るので在るぞよ。誰一人も土壷には落しとも無いと思へども、絶命に成りた故に、止むを得ずの事変が在りたとても神を恨めて下さるなよ。人民は皆神の児で在るから、成るだけは助けたいと思ふから、神が永らくの苦労をいたして居るぞよ。是迄の布教師も何の教会も皆が神を松魚節に致して居るから、金明霊学で何の教会も審判いたして取次をソグリ立るぞよ。神の取次から改心を致さんと信者は改心出来んぞよ。此の曇りた世を水晶の世に致さねば成らんから中々に骨が折れるぞよ。神の心もチト推量いたして下されよ。次ぎには出口の気苦労を推量いたして与りて下されよ。此の神の取次は男子では爰までの事が勤まらんぞよ。出口の守と神界から命令を戴きて居りても、是ほど控へて居るぞよ。この出口直と上田どのの因縁もこれから半季先になりたらば明白に分けて見せるぞよ。モウ暫時の気苦労であるから堪忍て下されよ。此の因縁が判りて来たならば、斯の中が結構になるぞよ。帰神も世話掛も信者も改心さえ出来たなれば、皆好く致してやるのであれど、肝心の取次が一寸も解らんから、神も誠に困るぞよ。皆の人民を良くしてやりたいと思ふて神が憑りて申しても、身魂がくもりて了ふて居るから一つも疑ふて誠にいたさんゆへ、物事が喰ひ違ふて思わくが何時も外づれるのじゃぞよ。何事も神の申すやうに致せばキチリキチリと箱差したやうに行くものを、肝心の神を床下へ落してをいて吾が我で行ろうと致すから、斯世は何事もおもふ様には行かんのじゃぞよ。今までは思ふやうに行かんが浮世と申すが、神世になりて神の誠の道さへ歩めばドンナ事でも神が守護いたしてやるから、人民の思ふたよりも良く物事が行き出すぞよ。艮の金神の大本は金明霊学と申して、世界から皆の守護神人民が日増に集りて来るぞよ。茲へ出て来て身魂を研かねば何事も成就いたさんやうに成るぞよ。三千世界の大橋であるから、此の大橋を渡りて、神の教に従わねば何事も出来いたさんぞよ。此の出口直は明治二十五年から何事も一切の事が神から聞かしてあるぞよ。それで出口直が申した事は違はんから、何時になりても出てくるぞよ。此の大本へは諸国の落ぶれ者が皆寄りて来るから、世界の守護神が憑りて参るから、審神者が沢山要るぞよ。審神者が見別けて、皆それぞれに助けて与りて下されよ。日本と世界との戦いに皆お活動があるのぢゃぞよ。世に落ちて居れる神まだまだ出て来るぞよ。仏の方も従ふて来るぞよ。国武彦命が大国常立尊と表はれたならば、世に落ちてお出ます神様、仏事、人民、畜類、鳥類、餓鬼、昆虫までも助ける神であるから、何神が憑りて参りても、審判者が親切に取り扱ふて与りて下されよ。世に永らくの間落ちて居りた神斗りが寄りて来る世界の大本であるから、神の品位といふものが無いから、其つもりで審神者を致して、神界の御用をいたす如うに骨を折りて下されよ。審神者が悪いと劣等い守護神が現はれるから、サニハが一番大事であるぞよ。
 綾部の大本には出口直の大気違いが表はれて、化かして御用が致してあるから、見当は取れんなれど、モウ一人の大化物を引寄して、神界の御用を致さすから、そこへ成る迄に今の取次世話掛り確りいたさんと、後へよりて、指をくわへて見て居らんならんやうに成るぞよ。此の大化物は東から出て参るぞよ。永い化物であるぞよ。この大化物が表はれて来んと何も判らんぞよ。此の化物があらはれたならば結構が解りて来て、金明霊学が一度に開けるぞよ。それ迄に今の取次役員は誠が浅いから、大方逃げて帰りて了ふぞよ。それでは早うから心仰いたした功能が無いから、クドウ気を附けて居るぞよ。金明霊学を元にいたして置いて神を表はさねば、余所から御蔭を取りに来て、肝心の元がアフンと致すやうな事が出来するぞよ。この綾部には太古から神界の経綸があるので在るから、大本は堂しても綾部に致さな成らんのじゃぞよ。それに就ては此の大本に据はろうと思ふと、今から出て歩行く様な事では先になりたら…………。今出口に言はすと出口が肉体で申すように、上田も思ふて居るが、出口の申すことをチット聞いておかんと、足立どののやうになると可愛想なから、神から出口に気を附けさすのであるぞよ。上田は大本に依然して居るのが神業ぢゃぞよ。何なりと斯神の布教師を致すのは、修行なしには御用は聞けんぞよ。仕放題に致して居りては斯神の御用は辛いぞよ。上田どのは今までは仕放題にさしてありたぞよ。是からはチト窮屈になるぞよ。人の頭を致すものは今の如うな為放題に致して居りては、児が役に立んぞよ。此の大本の内部が規まりたら左程の気苦労も致さねども、今が大事の所じゃぞよ。出て歩行くやうな少さい経綸で無いぞよ。チョカつく様な事では此の大本の御用は勤まらんぞよ。艮の金神の教が拡まるだけ、世界は騒ぎ出すぞよ。何も訳も知らずに方々の新聞が悪く申して、体主霊従の行り方で邪魔を致すやうに成るから、其覚悟で胴を据えて居らんと、一寸の事に心配いたすと云ふ様な人民で在りたら、肝心の御用がつとめ上らんから、此の大本は世間から悪るく言はれて後で良くなる神界の経綸であるぞよ。斯の曇りた世の中の体主霊従の行り方の人民から、善良の教であると言はれたら、夫れが悪であるから、艮の金神の誠が開ける程悪く申されるが、夫れが結構であるぞよ。艮の金神は永らくの間悪神崇神と申して、三千年押込められ、蔭から斯世を潰さぬ様に、苦労艱難、悔しき残念を堪り詰めて来て、今度は時節参りて、天の大神様の御命令で、元の御用をさして戴く世になりたから、因縁ある出口直の身魂を御苦労に預りて居れば、今の曇りた世の人民から又た悪く申されて、反対いたされて、大変に邪魔になるなれど、其んな事に微躯つく様な艮の金神出口直では無いぞよ。細工は流々仕上りた所を見ぬと、今の人民の濁りた身魂では見当は取れんぞよ。何程世界の人民が悪るく申しても、新聞が反対いたしても、夫れで仆れるやうなチョツイ仕組は致しては無いぞよ。此の内部の行状さへ神の申すやうに、誠を尽して居りたなれば、ドンナ悪魔が攻めて来ても大丈夫であるぞよ。何よりも元の行り方は一番大事であるぞよ。段々静かに大本が落付く程、世界は騒がしく成るぞよ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki