王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1大本神諭
文献名2
文献名3大正5年旧8月5日
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-08-10 23:39:38
OBC os214
本文の文字数2388
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  五六七様が永らくの間仏事の御守護で御座ましたが、天では弥勒菩薩と、仏事の御守護なり、地の世界ではダルマ様と御生れなされて禅宗を御開きなされ、人の身魂を研いて居られたが、何彼の時節が参りて来て、大本の至仁至愛大神様の良い世に戻る時節に成りて来たのであるぞよ。大国常立尊も永い間押込められて居りたなれど、五六七様の世に世が戻る時節が廻りて来て、天地が揃うて来たぞよ。大本の五六七様の世は、神世と申して良い世でありたのを、斯ういふ状態に世がなりたのも、皆時節であるぞよ。日本の国は霊の本の初まりの国であるから、物質では世が立ちては行かん、尊い霊主体従国であるから、欠張り此の世には善と悪とを拵らへて、何方で世が立ちて行くといふ事を、末代の世を継続かせねばならんから、善の遣り方は如斯行方、悪の遣り方は物質の学で如何様な仕組でも出来るなれど、物質では末代の世は続いては行かんと云ふ事を、今度分けて見せてやるぞよ。末代の世を潰す事はならんから、何方で末代の世が続くと言ふ事を為て見せてやるぞよ。体主霊従が末代この儘で遣りて行かうと思ふての企画は良いが、普通の御魂では末代の世は保持て行けんし、体主霊従では飼保持てんし、天の大神様の御真似が出来んと、此の世末代口舌の無い世に致して、世を保持て行く事は出来んぞよ。並々の霊魂で、行も致さずに、如何様為て居りても、此の世が保持て行けると思ふて居るが、今に大きなドエライ間違ひが出来て来るぞよ。其の事が天地の根本を創造へた天地の先祖は、根本の事から行末の事、末代のことが見え透いて居りて、是丈け暮れたら此の霊魂が斯う言う目的を立てるといふ事は、初発から詳細判りて居るから、天地の先祖は此処迄の苦労艱難、口惜しい残念を忍耐り詰めて来ねば、此処になる事は出来ぬぞよ。チト違うた事がありたら、元に戻る事はならんのであるなれど、大本の五六七様の御艱難の御徳で、地の先祖も五六七様の御蔭で、結構な行をさせて戴いた御蔭で、太古の御役を命せて御貫ひ申す世が参りて来たのであるから、行無しには真実の経綸は出来んぞよ。行を致さな、楽して居りて良い御用を早速から致さうと思ふ人は、守護神が悪の性来であるぞよ。其の神言はチトモ違ひは致さんぞよ。霊魂の性来は太初の根本から見抜てあるから、今調査る如うな事為て居りたら、是れ丈け世界全体の事を一度に眼鼻を附けんならん時節が来て居るのに、其様な悠長な心情で居りたら、向ふの極悪神が此の先を自由に致して、太古からの目的を立てて、末代此の先をモ一トつ悪を強くして、世界中の人民を悪賢く致して、此の儘で遣りて行かうとの深大い仕組を為て居りて、最早日本を奪取るのは埒良く奪れる、今占領な又先で占領と、悪胴を据て居りて、吾の系統丈け残りたら良いと申して、世界の人民の無くなる事共思ふ如うな、優しい精神で無いから、日本の国の人民に明治二十五年から、此の世が来るから、左様なる迄に日本の国の人民が、揃うて大和魂になりて居りて、下されと申してあるぞよ。日本の国に此の神言の判りて居る人民がありたら、真実に結構であるなれど、外国の行方の方が良い守護神斗りで、気の毒なものだ。何程言ひ聞かしても云ふた位に聞く守護神が無いから、其様な辛い事を致さいでも、楽して居りて行けるのに、霊主体従の遣り方は汚らわしい位に思ふて居る守護神が、九分九厘であるから、行く所迄行かんと眼が覚めんから、最早知らせ様は無いから、此の先は後の立直しの筆先を書すから、神に縋りて居る人は、筆先通りにして居りて下されよ。今といふ瀬戸際になりたら、太初からの経綸通りに致して、一厘の秘密で、向うの国を一コロに往生を致さすから、普通では行かんぞよ。出口に何も此の行先の神事、立替が永くかかりたら、ドチラの国も人民で戦争を為て居る如うに思うて居るが、如何様人民でも、人の数がありたら勝と思ふて居るのが、何も判りて居らんのであるぞよ。人民が何程多数とて、人民力で出来事業でないぞよ。この大望な世の立替を、人の殺し合ひを致して、負勝で出来る如うな、小さい神業でないぞよ。今度の二度目の世の立替は、日本の国の天地の先祖と、海外の国の先祖と、国と国との大戦争であるから、海外の国の先祖の目的が、大分思望が大間違が出来るといふ事が、毎度筆先で知らしてあるが、大峠の艮となりた瀬戸際では大きな間違になるといふ神言が是程知らしてあるのに、まだ取違を為て居りて、神を恨めては呉れなよ。善と悪との間違ひで大きな思ひ違ひがあると申して、如何様事があらうとも、末代に一度ほか無いといふ如うな大望な二度目の世の立替であるから、実地の神事が世界に実現て、三段の霊魂に眼鼻を着けて仕舞うのであるから、我身の良い処に眼を付けて居ると、大きな間違が出来て来て、感得り方が違ふと、大本に不足を言ひに来ねば成らぬ様になるぞよ。夫れは吾の思ひが違ふて居るのざぞよ。其れで大きな間違が出来ると申して、筆先に行先に思ふて居る事が大きな間違が出来る、御神徳が貰らえると思ふて居ると、大間違いが出来るぞよ。是丈けの筆先が出るのには、並々の所でないといふ位は女でも判るぞよ。心魂に誠がありたら、今度は良い御用が出来るなれど、仕事為以って此の大本の事を聴いて居る人は、如斯いふ神諭はドノ事だと言ふ事を考がへなされて、此の大本には世の太初の括神が先繰り実地を為て見せるから、此の大本の神事が判らん如うな心魂の人は、御神徳も其通りであるから、神出口を恨んで呉れなよ。今度は心魂の持方で如何徳でも遣るなれど、其れは吾の心魂の持方一ツであるぞよ。如何な徳でも神の気感に叶ふ心でありたら、大神の方の霊を入れて遣るから、善の方の御用が出来るなれど、是れ迄の心魂は悪の霊であるから、霊主体従の方の心魂と反対であるから、ゴテツクのであるぞよ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki