王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1大本神諭
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3大正5年旧5月18日よみ(新仮名遣い)
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-08-08 21:27:48
年月日1916(大正5)年6月18日(旧5月18日) 神霊界掲載号大正8年10月15日号(第96号) 13頁 神霊界八幡書店復刻版第5巻 451頁 七巻本第6巻 164頁 五巻本未調査 三五神諭なし 東洋文庫天の巻なし 東洋文庫火の巻なし 連合会水の巻なし 大本史料集成未調査 庶民生活史料集成なし
OBC os216
本文の文字数4192
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  太初の根本からの事を説て聞さねば成らぬ、時節が循りて来たぞよ。天地の創造時代の事から、天の御先祖様が永い御艱難を為された事、地の先祖が押込められて、茲まで悔しい残念を隠忍り詰めて来た事から、変性男子の御魂と変性女子の御魂との因縁の事から、竜宮の乙姫殿、金勝金之大神、坤の金神殿の事、一輪の御手伝ひを成さる荒神様、木花咲耶姫殿、彦火々出見尊殿の事、神にも御存知の無い身魂の、因縁性来の判る時節が参りて来たぞよ。是れからは、昔の根本の始まりの、ミロク様の教どうりを致すから、二度目の世の立替を致したら、是れ迄の途中から出来た教理は間に合ん事に変るぞよ。綾部の大本は二度目の世の立替を致して、世の経綸法を改める大本で在るから、光華明彩の世に致さねば成らぬから、天地が矛盾不整理て居りたのが、本然え立直りて、人民に改心が出来て、善の道へ復順りたら、夫れで神世と成るので在るから、悪の霊はチットもきかぬ様に成りて、世界のお土の上には薩張り居れん様に変りて了ふから、一日の間にでも改心致して、善の道と成りて下されよ。世が変ると申すのは、身魂が悪に返りて居りたのが、ミロク様の元え直る事で在るぞよ。天の吃驚箱が開くと、昔から、仏事と学理とで、世界中が暗黒界と成りて居りたのが、日の出の守護と化りて来て、末代に一度より開く事の出来ん、天地の岩戸が開ので在るから、今迄どうりの事を申して居る守護神人民は、余り大きな間違ひで、吃驚致して、大きな声で語も言へん様な事が在るぞよと毎度知らして在るぞよ。今の内に充分準備を致して、神力を十分受けて居らぬと、俄か信神は何の間にも合はん事に成るぞよ。悪の行り方で茲迄はトントン拍子に来たなれど、悪の世はモウ平らげる。一日増しに天地の経綸通りに成りて来て、是迄の行り方では行きも戻りも成らん様に成りて来るから、世界の事変が何も一度に成りて来て、一度に開く梅の花、梅で開いて松で治める世が参るぞよ。此の世の人民よ、是迄の心の持ち方を薩張り捨てて了ふて、水晶のミロク様の世に成る教通りに素直に致すと、此の先は神の守護で、何事も明らかな、極致極真六合帰一の世に成るのじゃぞよ。是迄は天地の先祖神が隠の守護で在りたから、日本の国の天地経綸の本場所の国が、暗闇の世に成りて、根本の先祖の威光も無かりたから、今の日本の国の見苦しさ。天から降りて休み所も無い様に、山の谷までも、やう汚したものじゃ。竜宮へ落ちて居りた元の肉体の在る生神が、竜宮館の元の宮へ立帰りて、早く世に表はれて、揃ふて守護致さねば、今に日本の尊とい国が、外国の害を致すカラ身魂に自由に為られて了ふぞよ。此の方が表に成りて、天の御先祖様の御命令を奉戴きて、夫れ夫れの御用の命令を、根本の肉体の其儘で御いで遊ばす荒神さまえ下げるなり、又選用て何彼の事を見届けて、此の身魂なら間に合と見たら、先繰り御用を仰せ付けるのは、地の先祖の大国常立尊の何彼の差図を致すのであるぞよ。
 綾部の大本へ来て偉そうな事を申したり、力量の無いのに口で学理万能主義的口吻を弄しても、艮え隠されて、世界の事は何も世の本からの事が、帖面に付け留めて在る同様に、種々と化けて、天地の此の世界を、隅々まで審査て在りての、二度目の世の立替を致す大本で在るから、他に仕組が為て在りても、此の方の仕組で無いから、今度は艮の金神の経綸で無いと、天地の岩戸は開かんぞよ。永い間の悔し残念を伏忍りて来た、天と地との先祖の御魂、末代の事が何も見え透く、世の元の根本の先祖の経綸で無いと、肝腎の止めは刺せぬぞよ。其の行り方では永うは続かん、此の行り方で無いとと言ふことが、先きの見え透く身魂が世を持たねば、世は途中で乱れて了ふぞよ。此の方は何も世の元から判りて居りたのじゃ。天地の先祖を押込て置いて、体主霊従の行り方で行らうと仕ても、初発は良い様なれど、暮れて行きよると段々と世が乱て、神世一代の世の末と為ると、末法万年の悪い世が永く続く時代が来ると言ふ事も、初発から天地の先祖は何も知らん事は無いのじゃ。其の末法の世が今の事、コンナ世が万年も続いたら、世界が潰れて了ふから、世を縮めて、ミロク様の世へ立直す仕組が致して在るのじゃぞよ。ミロク様の御艱難の万分一の、「い」の万分一の事が分りて来たら、勿体無うて、人民は万物の長と言はれて、神の御用を致さな成らぬと云ふ事が判るぞよ。此の難渋な大峠と成りた折には、成る可く人民が神の御用を致す様に、神は苦労を致すぞよ。日本の国の人民は、本来に大仁愛主義精霊魂が天賦けて在るなれど、其の身魂が今度の二度目の世の立替に間に合ふ様に急き込みたなれど、今では日本の国に大仁愛主義玉霊玉魂の性来が惨う無い様に成りて居るから、日本の国がコンナ見苦しき身魂では、世の元の先祖の威徳と云ふ事がチットも無いから、天地の元の先祖の神力を見せるのには、日本の人民が日本魂の性来に皆揃ふて成りて貰はんと、天地の神力は判りは為んぞよ。燈火の消ゆる世の中今なるぞ、差添え致す種ぞ恋しきと申して在らうがな。今が燈火が消えて真暗黒界で在るぞよ。天地の神の、思ひて言ふ事が人民に無い様に成りて了ふて居るぞよ。茲までに悪開に開化たのも、何も都合の事で在るぞよ。善い事も世界には悪い事もドンナ事も、末代の事を、変性男子と変性女子とに解き置かせるぞよ。変性男子の容物は、大出口直で在るから、同じ御魂が男では末代の世が続かんから、大国常立尊の御魂を、半分の御魂が、勿体なくも天の天照皇大神宮殿の御妹御の稚日女君之命と女に変化て、男と女とに分れて、ドチラの身魂も他の身魂では、やう為ん事の克う忍耐ん事を、茲までに致して来たのが、時節で二つに分て居りた御魂が一つに成りて、大出口の大神と成りて、改めて三千世界を守護う様に成りたぞよ。変性男子の御魂は、茲まで血を吐く如くの苦労を致して御用を勤め上げて、天の規則破りの咎示を許いて貰ふて、変性女子の身魂をスックリ表はして、男子と女子との因縁を表はして了はんと、天のミロク様の御出坐しが無いので在るから、天晴れミロク様に出て頂だいても、元の根本の天地の元の因縁から表はさねば、地の世界が曇り切りて居るから、物がアラコラに成りて、誠の事が成就せんぞよ。元の因縁の事が判りて来て、綾部の大本から其の通りの事を表はして見せるぞよ。綾部の大本は、代々女の御用継ぎと申して在らうがな。男では末代の世が立ちて行かんので在るぞよ。
 此れ程善一つの元の根本の、御先祖様の元の大神様を、茲までに仏事の守護で在りて、天地の光りも無いと言ふ様な惨い事に仕て在りたのも、此の世が出来ん内から悪い霊魂が在りて、末代の陰謀を仕て居りたのじゃ。夫れから此の世界を建造えたので在るぞよ。悪神の陰謀を元から能く御存知で、此の身魂を日本の国え上げたらドモ成らんから、ミロク様は天へ御上りに成りて貰ふて、大国常立尊が地の世界の先祖と成りて、初発は善一つの行り方で、善の世の間は何とも言へん、良い世で在りたなれど、暮れて行きよると善の厭いな守護神の、元からの目的で叛謀が起き出して、末代の叛謀を起こしたのじゃ。何事も皆天の御先祖様が本で在るから、肝腎の元の御骨折りも判らずに、我れの目的を立てやうとしても、反って思惑が外づれる事に成るぞよ。他の身魂は枝であるから、元の此世の元からの事を、知りて居る身魂は無いので、二度目の世の立替の折には、此の世が世界中、暗雲の世に成る事が能く判りて居りて、日本の国にはドンナ経綸も仕て在るぞよ。向ふの国の悪神の陰謀もエライ陰謀で在るなれど、頭と尾と斗りで、肝腎の胴体が無いから、大事の所が抜けて居るから、サアと言ふ所で間に合はん、日本の国が世界の胴体で在るから、肝腎の大事の経綸は、世界の真中の政教の元の威霊の元の大本元の日本の真中の新宮本宮の元の宮で経綸た事で無いと、一厘の艮の所が成就せんぞよ。日本の国は大和魂で無いと天然地真で無いから、日本魂に仕て在りたなれど、向ふの国の霊とスリ変へられて、日本の威霊が、日本には無い様に成りて了ふて、今では、日本の国の精神が外国の精神に化りて、日本の国では用ゐる事の出来ん事を喜こびて、神の気障りの事斗りを致して、誠の神が地へ降りて、守護致す事の出来ん様に、汚りて了ふて居るぞよ。綾部の陸の竜宮館の高天原には、結構な神が降り昇がりを成されて、世の立替に付いて歴然と神謀神策な現象を、変性男子の御魂には見えるなり、曇りた身魂の肉体は、何結構な事を申して与りてもよう判けんが、神徳が無いと誠の事が判らんから、御用為せる事が出来んから、皆揃ふて身魂を磨て置けと申すのじゃぞよ。是迄の見苦しき心の守護神は、日本の地では御用が出来んやうに成るから、そう成ると厭でも外国へ去んで貰はんと、日本の御土の上には居れん様に、天地から成るから、日本の国は元の水晶のミロク様の世に、成りなさる時節が参りて来たから、毎度御筆先きで、日々続いて知らして在るのに、今に真実に聞いて、其の行ひを致す守護神が無いから、何彼の経綸が遅く成りて、世界中の人民が誠に難渋を致すぞよ。是迄は体主霊従国の守護に、日本の国が下落りて居りたから、心に間違ひの在る神、ドナイ為て居りても御用が出来る様に思ふて居ると、大間遠かひが今度は皆出来るから、明治二十五年から御筆先きで日々警告して居るなれど、改心の出来て居る守護神が今に無いが、気の毒なれど、モウ知らせやうが無いから、何事在りても恨めに行く所は世界に無いから、我れの心を恨めて居ろうより仕様が無いぞよ。天然の時節が循りて来るので在るから、末代肉体の在る地の先祖の申す事を誠に致して居ると、申して在る事が皆出て来るから、良い御用が出来るなれど、慢神と取違いと疑いとが有りたら、恐い事が出来るぞよ。
 昔の根本から何知らん事の無い生神を敵対ふて見ても歯節は立たぬから、素直に致してウブの心に成りて、申す様に仕て居ると、思ふ様に、改心を致して其日から嬉しう暮らせるなれど、手向ふて来て、何なりと仕て見よれ、一つも思ふ様に行きはせんぞよ。元の古き世の根本からの因縁が判りて来て、天地の岩戸が開く時節が参りて、爪も立たん様に仕組が仕て在るから、改心が一等ぞよ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki