王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1大本神諭
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3明治36年旧8月27日よみ(新仮名遣い)
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-07-10 21:43:47
年月日1903(明治36)年10月17日(旧8月27日) 神霊界掲載号大正8年12月15日号(第100号) 12頁 神霊界八幡書店復刻版第5巻 560頁 七巻本第7巻 100頁 五巻本未調査 三五神諭なし 東洋文庫天の巻なし 東洋文庫火の巻なし 連合会水の巻なし 大本史料集成未調査 庶民生活史料集成なし
OBC os241
本文の文字数406
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  此の大本の御用致す人は、初発から、松心で無いと、此の大本の御用は為て貰へんぞよ。
 初発から旧道と新道と道が二つ拵えて、皆の心を試きてありたから、因縁の在る身魂は、是は道が異うと気が付いて、艮の金神が表面に顕る道は、矢張筆先に本づかな判らんと、速く気の付いた人は、因縁のある身魂であるなり。
 如斯所に居らんと、都会に出て仕放題にし度い人が新道路。
 心試かれて楽な道に行て置いて、好都合間は楽な方で仕放題に為て置いて、加減悪くなりたと申して、又旧道へ戻りて来ても、大本の元の御用は出来んぞよ。
 夫れで初発から出口の手で気が付けてあるのざぞよ。
 何事も未然に書かして気が付けてあるぞよ。
 是丈けに気が注けてあるのに、為損いを致したら、何処へも不足言ふて行く処は無いが、我が身の心を恨めるより仕様は無いぞよ。
 今度の御神徳は我が心で如何な御神徳も感得るのざぞよ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki