王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻
文献名2第3篇 神戦の経過よみ(新仮名遣い)しんせんのけいか
文献名3第18章 反間苦肉の策〔68〕よみ(新仮名遣い)はんかんくにくのさく
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
モスコーから敗走した田依彦らはペテロに陣営を構えた。言霊別命はすかさず討伐軍を組織して、ペテロを攻撃しようとした。小島別、田依彦らは敵の勢いを見て、魔我彦・魔我姫を通じて常世姫と手を組んだ。

常世姫はタカオ山に城塞を構えて、ペテロの田依彦軍と呼応して、言霊別命を挟撃しようとした。さらに、伊吹山の八十熊らの邪神が、恨みを晴らそうと常世姫軍に参加したため、言霊別命のペテロ討伐軍は三方から攻撃を受け、正照彦、溝川彦は捕虜となってしまった。

また、タカオ山を攻撃中であった言霊別命軍本体は、国照姫の謀計で偽情報をつかまされ、ローマとモスコーに退却を始めた。伊吹山を包囲していた元照彦軍も、退却を余儀なくされたのである。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年10月31日(旧10月01日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年1月27日 愛善世界社版89頁 八幡書店版第1輯 190頁 修補版 校定版91頁 普及版43頁 初版 ページ備考
OBC rm0218
本文の文字数1584
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ここに田依彦、安川彦、草香姫はモスコーに敗れ一時四方に遁走し、つひにペテロに陣営を構へ、竜宮城の神軍と相応じてモスコーを陥落せしめむと計画し、神軍をペテロに集めて再挙を謀つてゐた。
 ローマはもはや安全なればとて、花園彦の謀将大島彦をしてモスコーを守らしめ、言霊別命みづから元照彦、正照彦、溝川彦を督してペテロの魔軍を討伐せむとし、大川彦、戸川彦、高屋彦を各部の将とし、八方よりこれを攻め落さむとした。小島別、田依彦は敵勢の侮りがたきを見て、魔我彦、魔我姫に款を通じ、常世姫を主将として一挙にこれを破砕せむとした。
 ここに常世姫はタカオ山に城塞を構へ、あまたの魔軍を集め、ペテロの田依彦と呼応して言霊別命を挟撃せむとした。小島別、田依彦一派は卑怯にも魔軍に款を通じ、その応援力をもつて敵を悩まさむとしたのである。ここに言霊別命はペテロにむかつて進撃せむとす。このとき伊吹山に逃げ帰りたる八十熊、足熊、熊江姫の一派は、大台ケ原山の恨を報ずるはこの時なりと、常世姫の魔軍に参加し、三方より言霊別命の神軍を殲滅せむとした。神将正照彦、溝川彦は、大川彦、戸川彦、高屋彦とともに軽々しく進みて敵の包囲に遇ひ、力尽きて正照彦、溝川彦は敵の捕虜となり、他の三将以下は戦死を遂げたのである。さても言霊別命は元照彦をして伊吹山を攻撃せしめ、自らは武彦を部将としてタカオ山に迫つた。タカオ山には常世姫立てこもり、岩倉彦といふ勇猛の魔神謀主となり、杉岡、夷彦、山彦、団熊を部将として士気おほいに振ひつつあつた。言霊別命は前方より、武彦は後方より、タカオ山めがけて一目散に押し迫つた。この時タカオ山に向はむとして密かに言霊別命の陣営を横ぎるものがある。怪しみこれを捕へ、
『汝は何ゆゑにこの陣中を横ぎりしか』
と厳しく訊問した。ところが之は国照姫の間者であつた。懐中せる密書を開き見れば、
『ローマは既に小島別の手に落ちたり。もはや後顧の憂ひなし。貴下はタカオ山に押寄する敵にむかつて暫時これを支へたまへ。吾は近く援軍を出して言霊別命を後方より討滅すべし』
との秘文であつた。言霊別命はその真偽を疑ひ、敵の謀計に非ずやと思案にくるる折しも、後方の陣営にある武彦より、
『ただ今わが軍において敵の間者を捕へこれが懐中を厳査せしに、かかる秘文を所持しゐたり、よつてこれを奉り裁断を乞はむとす』
といふてきた。

  曲神の醜のたくみの深くとも言霊別ぞふみ破りけり

 言霊別命は慌ただしくその秘文を開き見るに、
『モスコーは既に味方の手に入らむとす。貴下はタカオ山の陣営を守り、暫時これを支へたまふべし。吾は直ちに進んでタカオ山を応援し、前後より敵を全滅せむ』
との文意が記されてあつた。この間者は国照姫の謀計に出づるものにして、態とこれを捕らへしめた。
 ここに言霊別命は武彦以下の諸将を集めて議を凝らし、つひに軍を還した。神軍を二隊に分ちて自らはローマに向ひ、武彦をしてモスコーに向はしめた。岩倉彦以下の部将は言霊別命の退却するを見て後方より火弾を投じた。怯気だちたる言霊別命の神軍は諸方に散乱した。武彦は身をもつて免れ、伊吹山に迫れる元照彦に急を報じ、モスコー、ローマの危急に迫り、言霊別命の消息もつとも心許なきを伝へた。元照彦は取るものも取敢ず、伊吹山の囲みを解いて直ちにローマに向はむとした。伊吹山の八十熊一派はこの機に乗じ後方より火弾を投じ、元照彦の神軍を打ち悩ました。元照彦は身をもつて免れた。ローマ及びモスコーの危急に迫れりとの密書は、全然国照姫以下の反間苦肉の策であり、ローマもモスコーも依然として金城鉄壁のごとく安全であつた。
(大正一〇・一〇・三一 旧一〇・一 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki