王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻
文献名2第2篇 天岩戸開(二)よみ(新仮名遣い)あまのいわとびらき(二)
文献名3第14章 大蛇ケ原〔510〕よみ(新仮名遣い)おろちがはら
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-11-12 00:42:54
あらすじ
初公の前身は、聖地エルサレムで天使長を補佐する行成彦の従神・行平別であった。それがイホの都の人民の中に、侠客と現れていたのであった。

初公は谷道を宣伝使たちを探して降ってくると、大蛇が宣伝使たちを口にくわえて飲み込んでしまったところに出くわした。

初公は怒り、大蛇に向かって宣伝歌を歌おうとしたが、体が動かなくなってしまった。大蛇はやってきて、初公も飲み込んでしまった。初公は真っ暗な大蛇の腹の中を宣伝歌を歌いながら進んで行くと、光るものに出会ったと思ったら、それは蚊取別の頭であった。

気がつくと、そこは大蛇の腹の中ではなく、秋月の滝のちょっと下手の谷道であった。初公は、またしても大蛇に幻惑されたかと思うや、大岩石が一同めがけて降り注いだ。

一同は岩石をよけていたが、疲れ果ててついには谷底に落ち込んでしまった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年03月09日(旧02月11日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年9月30日 愛善世界社版117頁 八幡書店版第2輯 668頁 修補版 校定版123頁 普及版50頁 初版 ページ備考
OBC rm1214
本文のヒット件数全 0 件
本文の文字数2277
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  有為転変の世の習ひ  淵瀬と変る人の身は
 栄枯盛衰会者定離  浮世の風に操られ
 高天原の天使長  その神政を輔翼する
 行成彦の伴神と  仕へて其名を内外に
 轟かしたる行平別の  神の命はイホの国
 花の都に現はれて  卑しき人の群に入り
 弱きを救ふ侠客  名も初公と改めて
 花咲く春を待つ間に  世は常暗となり果てて
 春夏秋の別ちなく  悪魔は日々にふゆの空
 心さむしく世を渡る  身の果こそは哀なり
 月日は廻る時津風  神の伊吹に払はれて
 心も勇む宣伝使  五人の後に従ひて
 夜も秋月の滝の音に  曲言向けて唯一人
 神の御稜威を称へつつ  深雪の滝に立ち向ふ。
 初公の行平別は、荊棘茂る谷道を、尋ね尋ねて瀑布を目当てに下り行く。瀑布の前には数十人の人声、見れば蚊取別、祝姫その他の宣伝使を口に啣へながら、蜒々たる大蛇は鎌首を立て此方に向つて進み来る。
 数十人の人々はこの光景を見て、手を打ち心地よげに立ち騒いで居る。初公は之を見るより怒り心頭に達し、
『につくき大蛇の悪魔、五人の宣伝使を呑み食はむとするか、待て待て我真心の言霊の剣に亡ぼし呉れむ』
と宣伝歌を歌はむとすれば、口塞がり痺れてピリツとも動かなくなつて居る。身体は見る見る硬直して自由に動く事さへ出来なくなつて来た。
 行平別は身体を縛られ口を鎖され、どうする事も出来ず、力と頼む五人の宣伝使は、見る見る大蛇に呑まれて了つた。大蛇は行平別に向つて、
大蛇『ヤア彼処に、もう一人の片割れが居る。これも序に呑むでやらうか』
と云ひながら大口を開けて、今や一口に食はむとする勢である。行平別は心の中で神言を奏上しながら……どうなとなれよ、神々に任した此体、呑むなら呑めよ……と口には得云はねど顔色に現はして居る。心では一生懸命祝詞を奏上するや、不思議に発声の自由を得た。
『ヤア大蛇の奴、貴様は怪しからぬ奴だ。五人の宣伝使を、今見て居れば、一口に呑んで了ひよつたな。ヨシ俺が貴様の腹の中に這入つて、大蛇身中の神となつて平げてやらう。サア足から呑むか、頭から呑むか、お望み次第だ』
 大蛇は一丈ばかりの岐になつた舌をペロペロと出し、行平別を舌の先に巻いてグツと呑み込むで了つた。
『ヤア、たうとう俺を呑むで了ひよつたナ。随分暗い穴だ。五人の宣伝使は何処迄行つて居るのか知ら。大分に来た積りだがねつから其処辺に声がせぬ。随分大きな大蛇だ。この間夢に見た奴かも知れぬぞ、この儘雲を起して俺達を呑むだまま天に舞ひ上るのか知ら。何構ふものか舞ひ上つたつて腹の中だ、落ちる心配はない、また地から天におつこちた者もない、マア緩くり宣伝歌でも歌つてやらうかい』
と、真暗がりの大蛇の腹を四股踏み進んで行く。
『ヤア大分にジクジクして居るぞ。大蛇の小便袋を踏むだのぢやなからうかなア』
 遥向ふの方に少し光る物がある。
『サアこれからあの光を目蒐けて、どんどんと行平別だ』
と云ひながら足を速めた。何だか黒き頭が見える。
『ヤア此奴ア子持だな、大蛇の卵だらう』
と立止つて思案をして居る、闇より蚊取別の声として、
『ヤア初公さま甚う遅かつたねえ』
『ヤア蚊取別さまか、秋月の滝で魔神を言向け和して居る間にお前さまも腹の悪い、五人一度にどろんと消えて、初さま一人をほつときぼりにして、余り酷いぢやないか、五人が五人ながら揃うて五人情の薄いお方だ。私一人にするとは余りだよ』
蚊取別『イヤ、秋月の滝はお前に一任したのだから、それで当然だ。我々の精神を誤認されては困るよ』
行平別『エヽ六人でも無い事を仰有りますな。併し此処は大蛇のトンネルですか、イヤ祝姫様も万寿山の宣伝使も其処に居られますか。どうです怪我はありませぬか』
祝姫『別に、お蔭で怪我もせず、谷道を越えて此処迄やつて来ました。どうも暗い事ですなア、軈て深雪の滝に間もありますまいから、此処で一服揃うてして居ますのよ』
高光彦『ヤア初さま、御苦労でしたなア、マア緩くり一服致しませうかい』
行平別『さう気楽な事も云うて居られますまい、此処は大蛇のトンネルぢやありませぬか。今貴方方五人が大蛇に呑まれて居たのを見ましたので、何くそ、この行平別の言霊によつて、大蛇を征服してやらむものと、深雪の滝に進み入つたところ、大蛇の奴、又もや我を大きな長い舌の先でペロリと舐て喉坂峠をごろごろ、漸く細頸道を探り探りて大野腹にやつて来て見れば、貴方方の私語声、一体この大蛇と云ふ奴よほど太い奴ですなア。どうでせう、六人が力を合せて横つ腹に穴でも開けて出てやりませうか』
蚊取別『オイオイ、初公さまお前何を呆けて居るのだ。ここはシナイ山の麓の秋月の滝の二三町下手だよ』
と云はれて初公は、目を擦り四辺を見れば、こは抑如何に水音滔々として白瀬川が布を晒したる如く流れて居る。
行平別『ヤアまた大蛇の奴、魅みよつたなア、油断も隙もあつたものぢやないワ、岩も木も草も皆化けて化けて化けさがしよるワ。その筈だ。最前も云つたなア、我は大化物だと、大方蚊取別が目を眩ますのだろう』
 此時山岳も崩るるばかりの物音凄く、見上ぐる許りの大岩石は風に吹かれて散る木葉の如く、天に舞ひ上り地上に向つて、ドスンドスンと音を立てて雨や霰と降り来る。一行六人は空を仰ぎながら、岩に打たれじと前後左右に躰をかはし、汗を流して飛び廻る事殆ど一時ばかり、遂には足疲れ目眩み千仭の谷間にズデンドウと顛落した。ハツと思ふその途端目を開けば、高熊山の巌窟の前、十四夜の月は早くも弥仙山の頂に姿を隠さむとする真夜中頃なりき。
(大正一一・三・九 旧二・一一 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki