王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第13巻 如意宝珠 子の巻
文献名2前付よみ(新仮名遣い)
文献名3モノログよみ(新仮名遣い)ものろぐ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-11-27 18:51:57
あらすじ
この物語は、全巻を通じて三大潮流が渦巻く大編著であるから、一冊や二冊拾い読みをしたくらいでは、到底その真相を捉えることはできないのである。

まず全巻を読み終えた後でなければ、いかなる批判も加えることはできない。

中には、御伽噺の出来損ないみたいな批評を加えている人もいるようだが、霊界物語は少しも人意をくわえない、神の言葉そのままを写すのだから、この点をとくと考えていただきたい。

仁慈無限の神様より万物を見れば、一切が善であり愛である。ただ人間としての行動から誤解が生じ、それからもろもろの罪悪をひきおこし、邪気と成り天地を曇らせ、神を汚し道を破り、自業自得的に災禍を招くのである。

この神著によって、善悪不二、正邪一如、顕幽一致の絶対的な真理は、明白になると確信するものである。

この物語は宇宙精神の一斑を説示したものである。病人がこの物語を聞かせられてたちまち全快するのも、人間の頭脳の栄養物であるからである。大本の大精神ものこの中にあり、信徒の羅針盤となるべきものである。

また洋の東西や人種を問わず、修身斉家の基本、国を治める規範となるべきものである。

大本信徒においては、心の障壁を取り払って虚心坦懐に、本書に包含されている五味の真相を明らかにして欲しい。

こう記す間に、万寿苑瑞祥閣の上空に二羽の鴻鶴がゆるやかに飛翔し、しばらくして大公孫樹に一羽、堀端の松に一羽、羽を休めてついに竹林に姿を隠した。丹波で鶴を見るのは数十年来ないことで、大本瑞祥会に対する何らかの神示慶徴であろうと、役員らの口々の評定に上っていたことを記す。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年09月20日(旧07月29日) 口述場所 筆録者王仁 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年10月30日 愛善世界社版前付 1頁 八幡書店版第3輯 27頁 修補版 校定版前付 1頁 普及版前付 1頁 初版 ページ備考
OBC rm130001
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  この霊界物語は、全巻を通じて三大潮流が不断に幹流し、時々大小の渦巻が起つて居りますが、何分にも大編著でありますから、一冊や二冊位拾ひ読みを為たぐらゐでは、到底その真相を捕捉する事は出来ませぬ。先づ全巻を読了された上でなければ、如何なる批判も加へる事は出来ない様に成つて居ります。先づ我身魂を宇宙外に置き、無我無心の境地に立つて本書に抱含されたる大精神を見極めて貰ひ度いものであります。
 読者の中には霊界物語もマンザラ捨てたものではないが、天地の剖判だとか、神示の宇宙だとか、常世会議だとか、人間の元祖論の如きは折角の神著をして無価値たらしむるものだ、霊界物語も右様の脱線的文章さへ削除すれば、時代遅れの拙劣な小説として見るべきものに成るだらうと、注意を与へて呉れた人もありました。又中には霊界物語の中の脱線的文章は、口述者に頑迷不霊の悪霊が憑依して喋舌り立てた時の作物だから筆録者に於て之を取捨塩梅して発表すると宜いのだが、何を謂つても絶対的服従を以て最大の善事と誤解して居る迷信家だから、薩張仕末に了へない、小波山人でも呼んで来て訂正させたらおトギ話位には成るだらうと、コボして居る人々もあつたさうです。口述者としても合点の行き兼る点が多少ないでも無いが、何と言つても惟神に任して少しも人意を加へない、神の言葉その儘を写し出すのですから、この点も篤とお考へを願ひたいものです。仁慈無限なる神様の方より、天地間の万物を御覧に成つた時は、一切の神人禽獣虫魚草木に至るまで、一として善ならざるは無く愛ならざるは無いのであります。只人間としての行動の上に於て、誤解より生ずる諸多の罪悪が不知不識の間に発生して其れが邪気となり、天地間を汚濁し曇らせ、自ら神を汚し道を破り、自業自得的に災禍を招くに至るものであります。善悪不二、正邪一如、顕幽一致の真諦は、この神著に依つて明白に成る事と確信する次第であります。この物語は凡て宇宙精神の一斑を説示したものであります。大病人などが枕頭にてこの物語を読み聞かされ、即座に病気の全快する位は何でも無い事実であります、之を見ても人間の頭脳の営養物たる事が判ります。大本の大精神は、この書に依つて感得さるべきものでありますから、大本信徒に取つては最も必用な羅針盤なるのみならず、洋の東西を問はず、人種の如何を論ぜず、修身斉家の基本的教訓書ともなり、大にしては治国平天下の軌範たるべき神書たる事を信ずるのであります。大本信徒諸氏よ、変性男子だとか、変性女子だとかの言句に跼蹐せず、凡ての心の障壁を撤廃し、虚心坦懐以て本書に包含する所の五味の真相を闡開されむことを希望する次第であります。
 斯く誌す時しも万寿苑瑞祥閣の上空に二羽の鴻鶴ゆるやかに飛揚しつつありしが、暫くありて大公孫樹に一羽、堀端の松樹の上に一羽留まりて羽根を休め、終には竹林の中にその瑞姿を隠しました。丹波の国にて鶴を見ると云ふ事は、数十年来あまり聞かぬことであつて、大本瑞祥会に対する何かの神示慶徴なるべしと、役員等の口々の評定面白く、記念のため一筆茲に附記しておきます。
 大正十一年九月二十日 旧七月二十九日 午前十一時
   王仁識
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
超訳霊界物語 八人乙女(やたりおとめ)編 ~世界に間配られた16人のスサノオ・ファミリー
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki