王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第14巻 如意宝珠 丑の巻
文献名2第3篇 高加索詣
文献名3第11章 河童の屁〔561〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ三人は六公を追いかけて二十峠までやってきた。松屋で六公とお竹が互いの顔を見て逃げてしまったので、三人は、六公とお竹の間に何か男女の関係があるのではないかと話している。
弥次彦はにわかに腹がいたくなり、側の茂みの中に隠れて唸り出す。するとやはり茂みの中で唸っている者がいる。それが六公であった。一行はお竹とのことを訪ねるが、六公は答えない。
一行は四人に戻って道中を急ぐ。すると、傍らの草の中から覆面の男たち十七、八人が槍をしごいて現れた。男たちの頭目は、ウラル教の烏勘三郎と名乗って、四人を捕縛しようとした。
勝公は両手を組んで、指先から霊弾を発射すると、男たちは霊縛されてしまった。四人は宣伝歌を歌い、その言霊に男たちは救われて、三五教に帰順することになった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年03月24日(旧02月26日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
OBC rm1411
本文の文字数4366
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  勝公の宣伝使を始め弥次彦、与太彦は六公の後を追跡して漸く二十峠の麓に着いた。
与『サア又之からが危険区域だ、敵の防禦網を突破して善戦善闘、秘術を尽し神軍の威力を示すべき時は迫つた』
勝『アヽさうだ、各自に腹帯をしつかりと締めて、四辺に気をつけ登阪する事としよう。それにしても六公は何処へ磨滅して仕舞つたのだらうか、三人では如何も話し相手のバランスがとれない、仲々の慌て者だからなア』
弥『何でも彼奴、お竹の顔を見るより猫のつるんだ後の様に両方へパツと逃げ散つた。その時の可笑しさ、之は何か込み入つたローマンスが伏在して居るのかも知れないぞ』
与『何、ローマンスなんて、アンナ男にあつて堪るものかい』
弥『さう見絞つたものじや無い、縁は異なもの乙なものだ。今に六公がお竹を連れて「ヤア六サンか、お前は如何して居つたのだ、その袴は何事ぞ、此お召物は」と取り付いて涙片手に掻き口説く、そこで六公の奴「ヤアお竹、如何成り行くも因縁づくぢやと諦めて呉れよ、昨日に変る今日の空、定めなき世の習ひに洩れぬ二人が切ない恋路、アーア、天道様も聞えませぬ」等と何処か途中で悲劇の幕を演じ、ヤツト機嫌をとり直し手に手を把つて二十峠を目蒐けて現はれ来り「天下の色男はマアこの通り、比翼連理を契つた仲、切つても切れぬ二人が恋路」なんて惚けよつて首を其場へヌツと現はすかも知れないぞ、アハヽヽヽ』
与『ウツフヽヽヽ、アーア、馬鹿な事を言ふて呉れない、臍が弛くなつて、足がガブリガブリするワ』
弥『勝彦サン、コンナ足が笑ふ様な奴に構はずに二人仲良く進みませうかい。三人の道中と言ふものは何だか一人空手が出来て、話しもつて歩くのに如何も都合が悪い』
与『ヘン俺を放つといて二人先に行つたら面白からう、丁度四足の旅行だから早く先へ行つて路瑞の草でも噬ぶるか、石地蔵に小便でもかけたが良い哩』
弥『コラ、馬鹿にするない、牛馬か犬の様に草を喰への、小便をひつかけろのと余り馬鹿にするない』
与『ヤア割とは気の小さい奴だナ、コンナ事に腹の立つ様な事で宣伝使のお伴が出来るかい、娑婆幽霊奴い、ツベコベ囀ると又、松の梢から踏み外して腰を抜かさなならないぞ。此処は小鹿峠だが後になれば弥次彦のこしぬかし峠と名がつくだらう。オイ腰抜け先生、御勝手にお越しなさい、もう貴様とは只今限り国交断絶だ、旅券を交付して与るから蒸汽に乗つて早く帰国致せ』
弥『アハヽヽヽ、与太の奴、真面目になりよつて其面ア何だ、まるで夜鷹の様な団栗眼を剥きよつて嘴を鋭らして、あまり見つとも良くないぞ。之から与太を改名して夜鷹と言つたが宜からう、夜鷹と言ふ奴はござをひつかけて暗い辻に立てつて居よる奴だ』
与『アヽそうか(惣嫁)とけつかる哩』
弥『お前と俺との仲は何うやら形勢不穏になつて来かけた、サア勝公の宣伝使の御目の前で平和克復の条約を結ばうかい』
と言ひ乍ら、尻を捲つて、
弥『サアサ屁いはこく吹くだ』
与『アハヽヽヽ、屁と言ふ奴は笑顔の好い奴だな、然し乍ら貴様の屁は、あまり牡丹餅を沢山格納したので瓦斯が猛烈に発生して、異様の臭気紛々として鼻を向くべからずと言ふ臭の臭の醜たるものだ、アハヽヽヽ、臭い臭い、貴様の尻から行くと年が年中雪隠の中で年期奉公をしてる様なものだよ、真実に吾輩も不平満々だ』
弥『俺の屁は臭の臭の秀逸だらう、臭気紛々として恰も麝香の如しだ。臭いのが屁の生命だ、臭うない屁は既に已に屁たるの資格を失つたものだ。河童の屁の様に匂ひのせぬ奴は屁の腐つたのだよ。屁をこくなら生きた屁をこけ、死屁は縁起が悪いぞ』
与『貴様の屁は伊勢参宮の道中屁だ、堅い堅い屁を放るから石部だ、音は大津で後は草津だ、真実に威勢(伊勢)の良い事だ、アハヽヽヽ』
弥『軍学の名人、兵法の達人とは弥次彦の事だよ。今に砲兵工廠でも建設して大砲を製造し盛に砲列を敷いて戦闘準備に着手する考へだよ、アハヽヽヽヽ』
与『オイ弥次屁衛、貴様はこれから兵助、文助、久助と、尊名を奉らう。有難く頂載せい』
弥『ヘイヘイ有難う、確に頂戴仕りませう、マア斯うなれば二人の仲もへな戸の風にへ解き放ち艫解き放ちて大海の原に、大津べに居る大船を押し放つ事の如くへい和の風はソヨソヨと春の海面を撫でて天下泰へい最後屁和こく土成就だ。愈へい和克復の曙光を認めた、へこく(四国)へち十へつか所(八十八ケ所)何んぼ(南無)放いても大師遍照金剛だ、アハヽヽヽ』
与『モシモシ勝彦サン、貴方はよつぽど真面目な人ですな、コンナ可笑しい事が貴方は何ともありませぬか』
勝『お前達は屁でもない様な事が可笑しいのか、水中に放屁した様な下らぬ喧嘩をオツ始めて平和克復もあつたものか、人を屁煙に捲いて、吾等は聊か閉口頓首の至りだ』
弥『この与太公は屁放り腰の屁古垂男だから、もちつと向ふへ行つたら屹度屁古垂れますぜ、アハヽヽヽ』
与『お前は膝栗毛の弥次郎兵衛と云ふ屁こき爺だ。あまり調子に乗ると社会の弊害になるから良い加減に筒口を閉門した方が宜からうぞ、アハヽヽヽ』
勝『まるで鼬や馬や屁こぎぶんぶと道連れの様だワイ、オツホヽヽヽ』
弥『ヨーヨー何時の間にか話につられて頂上へやつて来ました。矢つ張り此処にも平坦な道が開平されてあるですな。遠く彼方を見渡せば目も届かぬ許りの之も大平原、矢つ張り天下太平の世の中だワイ、アハヽヽヽ』
勝、与『ウツホヽヽヽ』
弥『何だか、チツと腹が変になつて来ました、一寸そこ迄失礼いたします、ここらに屁太張つて待つてゐて下さいませ、ヘイ御免なさいませよ』
とチヨコチヨコ走り、樹の繁みに姿を隠した。
与『ハツハヽヽヽ、何処かに芋を植ゑに行きよつたな、太い奴を、アハヽヽヽ。アーア胸が悪くなつた、折角喰つた牡丹餅もどうやら嘔吐り相になつて来た哩』
 一方の森林の中よりウンウンと言ふ呻り声、弥次彦の隠れた方にも亦もやウンウンといふ呻り声が聞えて居る。
与『ヤア此奴は堪まらぬ、右と左より、敵に挟撃されてる様なものだ、オイオイ、ウンウン吐かす奴は何処の糞奴だい』
 忽ちガサガサと現はれて来た一人の男がある、見れば何だか見覚えのある顔だ。
与『ヤア六公の奴、何をしてゐたのだい』
六『何…………、一寸…………ホンノ…………僅かなものだよ…………、俄に陣痛が来たので産婆は居らぬけれど一人でトツクリお産をやつてゐたのだ』
与『フンさうかい、彼方にも此方にも子を生みよつて吾々は糞攻めに遭ふて、実に糞慨の至りだ。オイ弥次兵衛、よい加減に出て来ないか、汽笛が鳴つたぞ、発車時間に乗り遅れても知らぬぞよ』
弥『八釜しう言ふな、今発射の最中だ。貴様も其処でお山の大将俺一人と言ふ調子でハシヤイで居れ、糞八釜しい』
与『オイ六公、貴様ア一体、お竹の顔を見て、血相を変へて逃げ出したのは、あらア何だ』
六『ヤア何卒それ丈けは聞いて呉れな、後生だから』
与『ご生でも六升でも構はぬ、吾等一同(一斗)の者に一石(一刻)も早く事情逐一申し上げぬかい』
六『ヤアお竹の事思へば一石どころか万斛の涙が零れる哩、それはそれは歯の浮く様なローマンスがあるのだ、アーア』
与『アーアとは何だい』
六『アーアは矢つ張りアーアだ』
 弥次彦はガサリガサリと笹原を踏み分けて現はれ来り、
弥『御一同様、お待たせ申しました。ヨウ六公、其処に居るのか、能うマア鼠にも引かれずに無事で此処まで来て呉れた、偉い偉い、ヤレヤレ二十峠の頂上で愈四魂が揃ふた、サア之からは原(腹)の下り阪ぢや、鵯の谷渡りぢや、ピーピーだ、全隊進め、オ一、二、三、四』
 四人は急阪を飛ぶが如くに自然的に足に任せて速度を加へ雪崩の如く下つて行き、漸く麓に着いた。
弥『サア、上る身魂と下る身魂で世界は一旦騒がしくなるぞよ、後は結構な神世となるぞよ、松のミロ九の世が参るぞよ、改心致して下されよ、改心ほど結構は無いぞよ、改心すればその日から屁をこいた様に腹の中までスツと致して気楽に暮らされる様になるぞよ、この世の鬼を往生さして世界の人民に安心をさせるぞよ』
与『そら、何を言ふのだい、勿体無いぞ』
弥『三五教のお筆先だ、貴様等のホヤホヤ信者に分つて堪まらうかい』
与『屁をこいた様に腹が空いて楽になるぞよなぞと、ソンナ事を神様が仰有るものかい、大方貴様の入れ事だらう』
勝、六『アハヽヽヽヽヽ』
 傍の丈なす雑草の中より覆面の男十七八人、ムクムクと現はれ手槍を扱き乍ら、
男『ヨー其方は三五教の宣伝使の一行、吾こそはウラル教の大目付役、鷲掴源五郎の身内に於て三羽烏と聞えたる烏勘三郎だ。サア斯うなる上はジタバタ藻がいてもモウ駄目だ、神妙に手を廻せ』
弥『ハヽヽヽ、吐くな吐くな、抑も天教山に現はれ給ふ野立彦の大神、木花姫命、まつた黄金山に現はれ給ふ埴安彦、埴安姫、コーカス山に時めき給ふ須佐之男命の御名代日の出別命の御家来の弥次彦とは俺の事だ、吾名を聞いて胆を潰すなウフヽヽヽ』
勘『ワツハツハヽヽヽ、この場に及んで切端つまり、コケ嚇しの豪傑笑ひ、今に吼え面かわかして見せう、ヤア者共、彼奴等四人に一度にかかれ』
勝『ワツハヽヽヽ、洒落な洒落な、今に三五教の宣伝使が、目に物見せて呉れむ』
と言ふより早く両手を組み食指の先より五色の霊光を発射し、勘三郎初め一同の捕手に対つて速射砲的に霊弾をさし向けたれば、勘三郎始め一同は俄に頭痛み、胸裂くる許りウンウンと苦悶を始め柄物を大地に投げ捨て七転八倒、息も絶えむ許りの光景となりぬ。
勝『アハヽヽヽ、脆いものだワイ、一つ宣伝歌を歌つて一同の奴等を帰順させ、コーカス山に伴ひ行きて吾手柄を表はし呉れむ。ヤアヤア、弥次彦、与太彦、六公、宣伝歌を吾と共に声高々と歌ふのだぞ』
 勝彦外一同声を揃へて
『神が表に現はれて  善と悪とを立別ける
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 只何事も人の世は  直日に見直せ聞き直せ
 身の過ちは詔り直せ  身の過ちは詔り直せ』
と歌ひ終つた。勘三郎始め一同はこの言霊の神徳に救はれて、さしも厳しき霊縛は解かれ涙声を絞り乍ら茲に一同帰順の意を表し神恩を感謝するに至りたり。
(大正一一・三・二四 旧二・二六 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki