王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻
文献名2余白歌よみ(新仮名遣い)
文献名3余白歌よみ(新仮名遣い)よはくか
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日 口述場所 筆録者 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年12月25日 愛善世界社版 八幡書店版 修補版 校定版 普及版 初版 ページ備考
OBC rm168801
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 人間は死期幸なれば永遠に
    天津御国に蘇生るなり〈総説(三)〉
人間は日常神の恩を謝し
    その行ひを正しくすべし〈総説(三)〉
恐慌の来たりし時に安々と
    過ぐるは必要準備の功なる〈総説(三)〉
一日の業務は朝に考へて
    終日横目も振らず働け〈第1章(三)〉
世の中は神のまにまに進みなば
    千里の外も危ふきことなし〈第2章(三)〉
何事もその大略を見て進む
    人にしあれば成績挙がらむ〈第3章(三)〉
信仰の異なる者と同居する
    人ほど不幸の者はなからむ〈第1章(三)〉
職業に由りて人々閑忙の
    時期のありせば心得べきなり〈第5章(三)〉
忙がしき人を訪問する時は
    簡単明瞭時間を節せよ〈第5章(三)〉
日々に踏みし実地の経験は
    学説よりも遙に尊し〈第8章(三)〉
種々の妨げ悩みあればこそ
    真の天祐降りくるなり〈第8章(三)〉
艱難の重なる度に自己愛の
    私慾の念慮薄らぎ去るなり〈第8章(三)〉
世の中は神の教に習はずば
    凡ての事に自由を失ふ〈第10章(三)〉
神に依る智慧にあらずば悉く
    何事なすも邪迷に終らむ〈第10章(三)〉
百悶も只一決に如かぬなり
    身を軽くせよ神に任せよ〈第10章(三)〉
今の世の人の身魂は荒び来る
    曲神の好む宿屋なりけり〈第14章〉
行為を乱せし時ゆ皇神の
    依さし玉ひし霊魂は散り行く〈第14章〉
自我を捨て自慾を捨つれば天地の
    間は独りわが物なりけり〈第15章(三)〉
他の人を斥け己れ立たむとて
    普く人に斥けらるなり〈第15章(三)〉
前後無きは今日の日一日と
    思ひて一事をなほざりにすな〈第17章(三)〉
常識は神の誠の道学び
    得たる智慧より何ものもなし〈第17章(三)〉
神ならぬ人の身なれば十全は
    難しと知りて直ぐあらためよ〈第17章(三)〉
偉大なる人は第一自信力
    信仰力の強きものなる〈第19章(三)〉
今の世は正義の仮面を被りつつ
    私慾を計る曲ばかりなる〈第20章(三)〉
(三は三版の略)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki