王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻
文献名2後付
文献名3霊の礎(一)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ霊界には、神界、中界、幽界の三大境域がある。
神界とは、神道で言う高天原であり、仏教の極楽浄土、キリスト教の天国である。
中界は神道で言う天の八衢であり、仏教で言う六道の辻、キリスト教の精霊界である。
幽界は神道で言う根の国底の国、仏教で言う地獄、キリスト教の地獄である。
天の八衢は高天原と根底の国の中間状態である。人が死後にただちに至る中有である。中有にしばらくあって後、現界での行いに応じて天国に昇り、または根底の国へ行くのである。
高天原の情態は真善美が相和合した時である。根底の国の情態は、邪悪と虚偽が人間にあって合致した時である。
霊魂中の真善美が和合するとただちに高天原に昇り、邪悪と虚偽が合致するとただちに根底の国へ落ちる。これは八衢にあるときに行われる。
八衢に在る人霊は多数である。八衢は一切のものの会合所であり、霊魂の試験準備がなされる所でもある。八衢に居る期間はさまざまである。すぐに天国に昇る者、地獄に落ちる者、また数日数年居る者もあるが、三十年以上居る者はない。
人間の内分・外分に相応して、八衢に居る時間が決まるのである。
人間が死ぬと、神は直ちにその善悪正邪を審判する。地獄界に行くのは、その人間が世にあるときに愛していたものが地獄界に所属しているからである。善き人が高天原に赴くのは、世に在りしときにその人の真善美がすでにして天国の団体に加入していたからである。
生前の知己は、八衢にていったん邂逅することが許される。同一の信仰、愛、性情に拠る者は、天国において再び相知ることができる。しかし八衢でいったん別れてしまうと、二度と相見ることはできないのである。
八衢にて、高天原または根底の国に行くまでに、外分、内分、準備の三つの状態を経る。自己の凶悪を装うために善を標榜した偽善者や、神の存在を認めなかった者は、ただちに根底の国に至る。
生前、世を捨てて肉を離れて霊に住み、功徳を積んでも、高天原に昇れるわけではない。このような悲哀の生涯を修得しても、高天原の歓喜は得られない。
むしろ現世において世間的な業務を採りその職掌を尽くし、道徳的民文的生涯を送り、その後に初めて霊的生涯を受けなければならないのである。
これ以外に霊的生涯を為し、高天原に昇る準備をする方法はないのである。内的生涯を清く送ると同時に、外的生涯を営まないのは砂上の楼閣の如きものである。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年04月05日(旧03月09日) 口述場所 筆録者藤津久子 校正日 校正場所
OBC rm169902
本文の文字数2141
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  霊界には神界、中界、幽界の三大境域がある。
 神界は神道家の唱ふる高天原であり、仏者の謂ふ極楽浄土であり、又耶蘇のいふ天国である。
    ○
 中界は神道家の唱ふる天の八衢であり、仏者の謂ふ六道の辻であり、キリストのいふ精霊界である。
    ○
 幽界は神道家の唱ふる根の国底の国であり、仏者の謂ふ八万地獄であり、又キリストのいふ地獄である。
    ○
 故に天の八衢は高天原にもあらず、また根底の国にもあらず、両界の中間に介在する中程の位地にして即ち情態である。人の死後直に到るべき境域にして所謂中有である。中有に在ること稍久しき後現界にありし時の行為の正邪により或は高天原に昇り、或は根底の国へ落ち行くものである。
    ○
 人霊中有の情態(天の八衢)に居る時は天界にもあらず又地獄にもあらず。仏者の所謂六道の辻または三途の川辺に立ちて居るものである。
    ○
 人間に於ける高天原の情態とは真と善と美の相和合せし時であり、根底の国の情態とは邪悪と虚偽とが人間にありて合致せる時を云ふのである。
    ○
 人の霊魂中に在る所の真と善と美と和合する時はその人は直に天国に昇り、人の霊魂中に在る邪悪と虚偽と合致したる時は、その人は忽ち地獄に墜つるものである。此の如きは天の八衢に在る時に於て行はるるものである。
    ○
 天の八衢(中有界)に在る人霊は頗る多数である。八衢は一切のものの初めての会合所であつて、此処にて先づ霊魂を試験され準備さるるのである。人霊の八衢に彷徨し居住する期間は必ずしも一定しない、直に高天原へ上るのもあり、直に地獄に落ちるのもある。極善極真は直に高天原に上り、極邪極悪は直に根底の国へ墜落して了ふのである。或は八衢に数日又は数週日数年間居るものである。されど此処に三十年以上居るものは無い。此の如く時限に於て相違があるのは、人間の内外分の間に相応あると、あらざるとに由るからである。
    ○
 人間の死するや、神は直にその霊魂の正邪を審判し給ふ、故に悪きものの地獄界に於ける醜団体に赴くはその人間の世にある時その主とする所の愛なるものが地獄界に所属して居たからである。又善き人の高天原に於ける善美の団体に赴くのもその人の世に在りし時の其愛、其善、其真は正に天国の団体に既に加入して居たからである。
    ○
 天界地獄の区劃は此の如く判然たりと雖も、肉体の生涯に在りし時に於て朋友となり知己となりしものや、特に夫婦、兄弟、姉妹となりしものは、神の許可を得て天の八衢に於て会談することが出来るものである。
    ○
 生前の朋友、知己、夫婦、兄弟、姉妹と雖も、一旦この八衢に於て別れたる時は、高天原に於ても根底の国に於ても再び相見る事は出来ない。又相識る事も無い。但同一の信仰、同一の愛、同一の性情に居つたものは天国に於て再び相見、相識ることが出来るのである。
    ○
 人間の死後、高天原や根底の国へ行くに先だつて何人も経過すべき状態が三途ある。そして第一は外分の状態、第二は内分の状態、第三は準備の状態である。この状態を経過する境域は天の八衢(中有界)である。然るに此の順序を待たず直に高天原に上り、根底の国へ落つるものもあるのは前に述べた通りである。直に高天原に上り又は導かるるものは、その人間が現界に在る時神を知り、神を信じ善道を履み行ひ、その霊魂は神に復活して高天原へ上る準備が早くも出来て居たからである。
 また善を表に標榜して内心悪を包蔵するもの即ち、自己の凶悪を装ひ人を欺くために善を利用した偽善者や、不信仰にして神の存在を認めなかつたものは、直に地獄に墜落し無限の永苦を受くる事になるのである。
    ○
 死後高天原に安住せむとして霊的生涯を送ると云ふことは、非常に難事と信ずるものがある。世を捨てその身肉に属せる所謂情欲なるものを一切脱離せなくては成らないからだと言ふ人がある。此の如き考への人は主として富貴より成れる世間的事物を斥け、神、仏、救ひ、永遠の生命と云ふことに関して、絶えず敬虔な想念を凝らし祈願を励み教典を読誦して功徳を積み世を捨て肉を離れて霊に住めるものと思つて居るのである。然るに天国は此の如くにして上り得るものでは無い。世を捨て霊に住み肉を離れようと努むるものは却て一種悲哀の生涯を修得し高天原の歓楽を摂受する事は到底出来るものではない。何ンとなれば人は各自の生涯が死後にも猶留存するものなるが故である。高天原に上りて歓楽の生涯を永遠に受むと思はば現世に於て世間的の業務を採りその職掌を尽し道徳的民文的生涯を送り、かくして後始めて霊的生涯を受けねばならぬのである。これを外にしては霊的生涯を為し、その心霊をして高天原に上るの準備を完ふし得べき途は無いのである。内的生涯を清く送ると同時に外的生涯を営まないものは砂上の楼閣の如きものである。或は次第に陥没し或は壁落ち床破れ崩壊し顛覆する如きものである。アヽ惟神霊幸倍坐世。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki