王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻
文献名2第1篇 高砂の島
文献名3第4章 淡渓の流〔804〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ真道彦はホーロケースに破れんとした刹那、木花姫命の化身に救われて、新高山の峰続きのアーリス山の渓谷に草庵を結び、三人の従者とともに逃れていた。
ある日、絶壁の谷の傍らに阿鼻叫喚の声が聞こえてきた。見れば、谷底の激流に浮きつ沈みつ籐の籠が流れてくる。真道彦は言霊を唱えると、籠は渦に巻かれて足下の淵に寄ってきた。
真道彦は従者に命じて籠を拾わせ、見れば品格の高い美女が縛められて気絶していた。一同は水を吐かせてようやく蘇生させた。これはサアルボースによって谷川に投げ入れられたヤーチン姫であった。
ヤーチン姫の侍臣のキーリスタンとユリコ姫もその場にやってきた。二人は真道彦にお礼を言った。
真道彦は、崖の上にサアルボースとホーロケースらが籠の行方を見届けようとしていることに気付くと、警戒し、一同を連れて玉藻の湖水のほとりに戻った。
日楯・月鉾は教勢を取り戻し、大勢の信徒とともに、禊を修し祈願を凝らしていた。真道彦は、息子たちが玉藻山を取り戻したことを知らなかったので警戒していたが、日楯の宣伝歌を聞いて事情を悟り、踊るばかりに喜んだが、人目をはばかりじっとこらえて様子を見ていた。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月06日(旧06月14日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm2804
本文の文字数2653
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  真道彦命はホーロケースの軍勢に包囲攻撃され、言霊を発射したれども、何故か少しも効力現はれず、遂にはホーロの鋭き槍先に胸を刺されて、アワヤ亡びむとする時しもあれ、木花姫の化身に救はれ、館を棄てて、二三の従者と共に、新高山の峰続き、アーリス山の渓谷に逃れ、谷間の凹所に草庵を結び、あたりの果物などを食しつつ神を祈り、時の到るを待ちつつあつた。
 頃しもあれや、絶壁の谷の傍に当つて、阿鼻叫喚の声切りに聞え来る。何事ならむと仰ぎ見れば、二人の男女谷を指し、『アレヨアレヨ』と、狂気の如く叫び廻つて居る。飛沫を飛ばす大激流に籐にて編みたる籠一個、浮きつ沈みつ流れ下るを見、直に真道彦命は三人の従者に命じ、『彼の籠を拾ひ来れよ』と命じた。され共滝の如き激流、近よるべくも非ず、一生懸命に拍手し乍ら言霊を奏上した。
 籠は不思議にも渦巻にまかれて、真道彦が足下の淵にキリキリと舞ひ寄つた。直に三人の従者は籠を拾ひ上げ、庵の前に担ぎ来り、中を改め見れば、容色端麗にして品格高き一人の美女、高手小手に縛られ、気絶して居た。四人は驚き、直に籠より引出し、水を吐かせ縛を解き、いろいろと手を尽して漸く蘇生せしむる事を得た。
 向ふの河岸に立てる二人の男女は、両手をあげて歓呼し、或は両手を合せ此方に向つて感謝の意を表して居る。
 蘇生せし美人は余りの疲労に、言葉も発し得ず、僅に目を開き、口をモガモガさせ乍ら、何か言はむとするものの如くであつた。斯くする事半日許り、日は漸く新高山の峰に没し、四面暗黒に閉された。四人は代る代る祝詞を奏上し、漸く暁の烏の声、彼方此方の谷の木の間に聞え始めた。
 此時何処より渡り来りけむ、二人の男女此場に現はれ、女の手を取り、
『ヤーチン姫様、よくマア無事で居て下さりました。キールスタン、ユリコ姫で御座います』
 此声にヤーチン姫はハツと気が付き、
『アヽ嬉しや、両人よくマア来て下さつた。何れの方かは知りませぬが、危き所をお助け下さつた。どうぞ両人より宜しく御礼を申して下さい』
 両人は真道彦命に向つて、大地に両手をつき、
両人『有難う御座います』
と云つた限りあとは嬉し涙にかき暮れて、無言の儘俯むいて居る。
真道彦『世の中は相身互、御礼を言はれては却て吾々の親切が無になります。マアマアゆるりと御休み下さいませ』
と奥の一間に三人を引入れ、あたりの木々の果物を取り来りて饗応し、種々の物語に時を移した。
 谷の彼方にはサアルボース、ホーロケースの部下の者共、ヤーチン姫の最後を見届けむと右往左往にさざめき乍ら、渓流の面を見つめて居た。庵の中より真道彦命は此体を覗き見て、三人に警戒を与へ、暗に乗じて谷間を流に添うて遡り、アーリス山を渉り、漸くにして玉藻の湖水の畔に着いた。
 日楯、月鉾の二人は再び聖地を恢復し、教勢旭日昇天の如く天下に輝きたれ共、吾父の行方の不明なるに心を痛め、湖水の畔に来つて御禊を修し、祈願をこむる時であつた。数百の取次信徒は此処に集まり、共に感謝祈願の詞を奏上し居る際であつた。真道彦命はヤーチン姫、ユリコ姫、キールスタン其外三人の従者と共に此処に帰り来り、数多の人々の祈りの声を聞いて、暗を幸ひ、木蔭に身を潜め、様子を伺ひつつあつた。
 真道彦命は聖地の大変より、深くアーリス山の渓谷に身を隠し、世を忍び居たりし事とて、玉藻山の霊地は再び三五教に取返され、吾子の日楯、月鉾の二人が三五教を開き居る事を夢にも知らなかつた。それ故今此多人数の祈りの声を聞いて、若しやホーロケースの一派にはあらざるかと、深く心を痛めつつあつたのである。
 日楯は御禊を終り、衆人の中に立ち、宣伝歌を謡ひ始めたり。
『神が表に現はれて  善と悪とを立分ける
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 唯何事も人の世は  直日に見直せ聞直せ
 身の過ちは宣り直せ  必ず人を恨むなと
 三五教の御教  さはさり乍ら さり乍ら
 吾等兄弟両人は  三五教の神司
 国治立大神の  清き教を宣べ伝ふ
 誠の道の宣伝使  真道の彦の生みませる
 三五教の取次ぞ  仮令天地が変る共
 親と現れます吾が恋ふる  真道の彦の御行方
 此儘見捨てておかれやうか  定めなき世と言ひ乍ら
 何処の空にましますぞ  バラモン教の神司
 ホーロケースや其外の  魔神の為に捉はれて
 百千万の苦みを  受けさせ玉ふに非ざるか
 思へば思へばあぢきなき  吾身の上よ身の果てよ
 父が此世にましまさば  一日も早く片時も
 皇大神の恵にて  一目なりとも会はせかし
 せめては空行く雁の  便りもがなと朝夕に
 祈る吾等が真心を  汲ませ玉へよ天津神
 国津神達八百万  高砂島を守ります
 竜世の姫の御前に  心を清め身を浄め
 慎み敬ひ祈ぎまつる。  朝日は照るとも曇るとも
 月は盈つ共虧くる共  高砂島は沈むとも
 誠の心は世を救ふ  神の宣らせし太祝詞
 確かに証兆あるならば  吾願言を聞こしめせ
 玉藻の山は日に月に  神の光も輝きて
 旭の豊栄登るごと  栄えませ共あが父の
 居まさぬ事の淋しさよ  風吹く度に父の身を
 思ひ悩ませ雨の宵  霧の晨に大前に
 あが国人の安全を  祈る傍父の身の
 恙なかれと祈るこそ  日楯、月鉾両人が
 尽きせぬ願ときこし召せ  神は吾等と倶にあり
 神は汝と倶にあり  とは言ふものの情なや
 日に夜に研きし吾魂も  父を慕ひし恩愛の
 涙に心曇り果て  生死の程も弁へぬ
 暗き身魂ぞ悲しけれ  アヽ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
と兄弟は互に手を取り、足を揃へて踊りつ、舞ひつ、祈りを捧げて居る。
 此歌を聞いて、真道彦命は始めて吾子の消息を知り、且つ三五教の様子を略悟り、欣喜雀躍の余り此場に立出で、二人の吾子に飛びつかんかと許り気をいらだてた。され共、傍にヤーチン姫其他の人々のあるに心を奪はれ、轟く胸をヂツと怺へて、心静かに成行を見守つて居た。
(大正一一・八・六 旧六・一四 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki