王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻
文献名2余白歌よみ(新仮名遣い)
文献名3余白歌よみ(新仮名遣い)よはくか
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日 口述場所 筆録者 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年9月15日 愛善世界社版 八幡書店版 修補版 校定版 普及版 初版 ページ備考
OBC rm308801
本文の文字数1089
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 わが身の上を偲ぶれば
波に漂ふ木の葉なり
月にこがるる胡蝶なり
今の吾が身をたとふれば
木の葉ただよふ浪荒く
胡蝶こがるる月高し
この行く先を如何にせむ(大正十一年八月十四日)〈序(初)〉

万有の運化の豪差なきを視て
    主の大神の力を悟らへ〈第1章(三)〉
近づき来たる    靴の音
止まりし如き    気配しぬ
胸躍らせつ     出て見れば
四更の空に     月も無く
垣根の虫の     声ほそく
ひびくに連れて〈どことなく〉
聞こえ初めけり   秋の声〈第3章(初)〉

空照る月よ〈わがために〉
恋ふる心を    伝へずや
空飛ぶ鳥よ〈わがために〉
たえぬ思ひを   伝へずや
おしき袂を    わかち来て
月の半ばも     過ぎむとす
如何で告げまし   この思ひ
雲井のよその   彼の人に〈第4章(初)〉

われは淋しき    ひとり寝の
便りなき身と    なりにけり
希望の月も     掻き曇り
楽しき恋も     中たえて
悲しき一人と〈なりにけり〉
浮世の雲も     恨むまじ
彼女の情も    頼むまじ
神のまにまに    渡るべし
胸の焔も     打ち消しつ〈第8章(初)〉

曇りはてたる現し世を   捨つるは最とど易からむ
弊れし靴を捨つるより   なほ捨て易き浮世なり
世はかく曇りはてたれど  弥仙の山は影清し
峯より落つる谷川の    ながれは水の御魂かな
自然はかくも清けきを   人の住まへる世の中は
などてや濁り果てつらむ  自然のごとき世なりせば
人は神国に楽しまむ    ア丶麗しきこの自然
人はそむきて何時までも  迷ひ行くべき世なるかな
神は叫びぬ吾は言ふ    自然にかへせ世の中を〈第11章(初)〉

君をおきて人をし恋ふといのちみな
    なげも出ださば快からまし〈第13章(初)〉
なつかしき人もあらなくなつかしき
    国もあらなく住める心地す〈第15章(初)〉
いと低う灰色なせる空のもと
    住めるにも似し佗びしきこころ〈第15章(初)〉
一列に青みわたれる春の野に
    いま真盛りと咲ける菜の花〈第17章(初)〉
(初は初版、再は再版の略)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki