王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻
文献名2第1篇 千状万態
文献名3第3章 救世神〔869〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月18日(旧06月26日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm3103
本文の文字数3828
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  天気晴朗にして  蒼空一点の雲翳もなく
 士農工商は各其業を楽み  常世の春を祝ひつつ
 或は娶り或は舞ひ歌ひ  山河は清くさやけく
 樹木は天然の舞踏をなし  渓流は自然の音楽を奏し
 鳥は梢に唄ひ蝶は野に舞ひ  花に戯れ、嬉々として遊べる
 平安無事の天地の現象  さながら神代の如くなり
 瞬く間に一天俄に掻き曇り  満天墨を流せし如く
 洋々として紺碧の  空を翔る諸鳥は
 忽ち地上に向つて  矢を射る如く落ち来り
 大地忽ち震動し  天国浄土は忽ちに
 地獄餓鬼道畜生道  修羅の巷と一変し
 時々刻々に大地の震動  猛烈を加へ来る而已
 山岳は崩れ、原野は裂け  民家は倒れ橋梁忽ち墜落し
 彼方此方に炎々と  天をこがして燃えあがる
 空前絶後の大火災  身の毛もよだつ凄じさ
 神の恵の天国も  天の下なる神人が
 佞け曲れる魂や  醜の言霊重なりて
 妖邪の空気鬱積し  天地主宰の大神の
 大御心を曇らせて  忽ち起る天変地妖
 慎むべきは世の人の  耳に鼻、口、村肝の
 心の持様一つなり  あゝ惟神々々
 此れの惨状見るにつけ  高砂島の国人は
 神の尊き御心を  完美に委曲に体得し
 いよいよ茲に天地の  神の権威に畏服して
 心を直し行ひを  改め神に仕へたる
 尊き昔の物語  神のまにまに述べ立つる
 あゝ惟神々々  神の御霊の幸はひて
 遠き神代に住まひたる  高砂島の人々は
 云ふも更なり天の下  四方の御国に大空の
 きらめく星の数の如  生れ会ひたる人々は
 昔の事と思ふまじ  心を清め身を清め
 転迷開悟の栞にと  心に刻みて惟神
 神の御子と生れたる  我天職を尽せかし。
 そもそも神は万物に  普遍し玉ふ神霊ぞ
 人は天地の御水火より  生れ出でたる神の御子
 尊き神の肉の宮  皇大神の神力を
 発揮し玉ひて天地を  開かせ給ふ司宰者と
 生れ来りし人の身の  其天職を自覚して
 誠の神に服せよや  旭は照る共曇る共
 月は盈つ共虧くる共  仮令大地は震ふ共
 山裂け海は涸く共  此世を造り玉ひたる
 神の御前に真心を  尽しまつりて人たるの
 努めを尽せ惟神  神は汝と共にあり
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 汚れ果てたる人の身も  罪を見直し聞直し
 宣り直します天津神  国津神等八百万
 国魂神を始めとし  吾等を親しく守ります
 産土神を敬ひて  此美はしき天地に
 暴風洪水大火なく  饑饉戦争病気なく
 四海同胞の御神慮を  朝な夕なに省みて
 神の依さしの天職に  尽させ玉へと祈れかし
 あゝ惟神々々  御霊幸はひましませよ。
 ヒルの都の楓別命の妹に紅井姫と云ふ容色並びなき、今年十九の春を迎へた美人ありけり。日暮シ河の水は大に減少し、数多の溌溂たる鮮魚は何れも下流のヒルの都附近に、大部分集まり来り、鵜飼の遊びは昼夜の区別なく、盛に行はれける。紅井姫の侍女として仕へまつれる、アリー、サールの二女は館の内事を司るモリスと共に、一度此鵜飼の遊びを試みたく希望しゐたりしが、何と云つても勤めの身の上、自由にならぬ悲しさに、折りある毎に紅井姫の前に出で、日暮シ河の鵜飼の最も壮快なる事を話し居たりける。紅井姫は侍女の面白さうな話に稍心を傾け、自ら兄の楓別命に向つて一日の清遊を許されむ事を請ひければ、楓別命は何時も深窓にのみ在りて、外出せざる紅井姫のたまたまの希望なれば、否むに由なく、快く之を許し、内事の司モリスを始め、アリー、サールの侍女を従へ、其他四五の従者と共に、城外を流るる日暮シ河に鵜飼の遊びを許したりける。
 茲に紅井姫は天にも昇る心地して、モリス以下を従へ、鵜飼の遊びを終り、数多の鮮魚を生捕り、勝誇つたる面色にて城下に帰り来る折しもあれや、俄に天地震動し、大地は上下左右に動揺し始め、家屋はベタベタと将棋倒しになり、紅井姫の一行も亦市内の家屋に圧せられ、煙に包まれ見へずなりける。
 火災は各所に起り、忽ちヒルの都は阿鼻叫喚の巷と化しぬ。斯かる所へ宣伝歌を歌ひ乍ら悠々として進み来る一人の宣伝使は、国依別の宣伝使なりける。
 両側の家屋は街路に無惨にも滅茶々々に倒れ、火は追々に前後左右より燃え来る其物凄さ。忽ち煙に包まれて、咫尺も弁ぜざるに至れり。間近の足許に聞ゆる女の悲鳴、国依別の宣伝使は、其声を目当てに探り寄り、押へられたる柱を剛力に任せて取り除き、何人かは知らね共、矢庭に背に負ひ、
『天津神、国津神、国魂の神、産土の神、一時も早く此惨状を助け玉へ……』
と祈りつつ宣伝歌をうたひ、煙の中をかきわけて、ヒルの都の中央に下津岩根の岩石の布き並べたる自然の要害地、楓別命の神館に思はず知らず走せ着きぬ。
 国依別はヤツと胸を撫で卸し、女を背より其場におろし、ホツト息をつぎにける。女は細き声にて、
『何処の方かは存じませぬが、危き所を御助け下さいまして、有難う御座います。全くあなた様は妾の命をお助け下さいました誠の生神様で御座いませう』
と感謝の涙を絞り、手を合せ伏し拝む。国依別は言葉静かに、
『私は三五教の宣伝使で御座います。これの神館にまします楓別命様に一度お目に掛りたく、遥々尋ねて参る途中に於て、今の大震害、思はずあなたを御助けしたのも、全く神様の御引合せで御座いませう。御礼をいはれては却て迷惑に存じます』
『妾は楓別命の妹紅井姫と申す者、日暮シ河の鵜飼遊びの帰るさ、思ひもかけぬ大地震の厄に遭ひ、命危き所、あなたに助けられた者で御座います。サアサア早く御通り下さいませ。兄もさぞ喜ぶ事で御座いませう』
『あゝ左様で御座いましたか。不思議な御縁で御座いますなア。併し乍ら……アレ御覧なさいませ。四方の山々は盛に噴火を始め、黒雲天を封じ、地は裂け、各所より濁水を吐き出し、早くも低地は大洪水となり、人々の泣き叫ぶ声は、刻々に高まりて参りました。私は是より球の玉の神力を以て、此天変地妖を鎮め、万民を助けねばなりませぬ。貴女はどうか早くお館へ御這入り下さいませ。後程参りますから……』
『左様ならばお先へ失礼致します。キツと御待ち申して居りますから、必ずお這入り下さいませや』
と云ひすてて、館の内へ慌だしく駆入りにける。国依別は一心に、
『国の大御祖国治立命、豊国姫命、国魂の神、一時も早く此地異天変を鎮め、青人草は申すも更なり、一切の生物を御救ひ下さりませ……』
と念じ、全身の霊力を籠め、天の数歌を声高々と宣りあげ、『ウーウー』とウの言霊を発射すれば、不思議や大地の震動忽ち休止し、諸山の噴火は従つて止り、噴出する洪水はピタリと止まつて、見る見る内に減水し始めたり。言霊の伊吹の力著しく、満天を包みし黒雲は拭ふが如く晴れ渡り、歓喜の太陽は煌々として中天に輝き、下界の惨状を憐れげに照し玉うた。
 楓別命は高殿に上り、此惨状を救はむと、一心不乱に紅井姫の身の上の事などは、スツカリ念頭より忘却して、只々天下万民の為に祈願をこらしつつありき。
 斯かる所へ国依別の宣伝使現はれ来りて、天津祝詞や生言霊を円満清朗に宣り上げければ、一切の地異天変は言霊の神力に依りて、再び安静に帰し、天日の光りを仰ぐに至り、万民歓喜の声、天地に充ち渡りける。アヽ惟神、惟神、生言霊の神力、実に尊さの限りと云ふべし。
 紅井姫の報告に依り、楓別命は驚喜し乍ら、慌だしく国依別が立てる前に来りて、其神力を感賞し、且つ、
『紅井姫の命迄救ひ玉ひし事の有難さよ、御礼は言辞に尽し難し……』
と感涙に咽び乍ら、国依別を伴ひて、奥殿指して進み行く。
 先づ第一に国依別の言葉を容れ、非常時の為とて、蓄へおきたる五穀の倉を開き、楓別命、国依別、紅井姫を始めとし、秋山別、科山別は駿馬に跨り、城下を隈なく駆け巡り、大音声にて、
『市中の人々よ、一刻も早くヒルの城の神館に集り来れ。汝等一同を助け遣はさむ!』
と市中隈なく、泥濘の道を駆け巡りけるにぞ、柱に圧せられて半死半生となりし者、水に溺れて、早くも死亡せし者、火に焼かれたる者など、其惨状目も当られぬ計りなりけり。
 楓別命は秋山別、科山別に命じ、俄に館内の男女をして炊き出しをなさしめ、日夜救済に努め、負傷者は鎮魂を以て之を治しやり、普く数多の人々に仁恵を施し、国依別の神力と楓別命の仁愛の真心は洽く国内に喧伝さるるに至れり。是より国依別は楓別命の勧むる儘に、暫く神館に足を止め、数多の国人に神教を新に伝へけるが、今迄ウラル教やバラモン教を信じ居たる人々も、此度の地異天変に依つて、三五教に救はれたるを心の底より打喜び、国内挙つて三五の誠の信徒となりにける。
(大正一一・八・一八 旧六・二六 松村真澄録)
(昭和九・一二・一六 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki