王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻
文献名2第4篇 神出鬼没よみ(新仮名遣い)しんしゅつきぼつ
文献名3第21章 長舌〔1125〕よみ(新仮名遣い)ちょうぜつ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-05-17 06:06:03
あらすじ
カールチンは一人館の中で王の位についたら何から着手しようかと都合のよい考えにふけっていた。そこへユーフテスがあわただしく入ってきて、ヤスダラ姫がカールチンに恋をしてしまい、妹を通じて自分に面会を求めてきたと報告にした。

カールチンは真に受けて有頂天になり、ユーフテスについて城内を指していく。ユーフテスは舌を出しながらカールチンを先導する。

ユーフテスは高い石につまづいて倒れ、舌を噛んでしまい血を吐いて倒れてしまった。カールチンはヤスダラ姫のことで有頂天になり、ユーフテスが人事不省になっているのも気づかずに進んで行く。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年11月12日(旧09月24日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1924(大正13)年6月15日 愛善世界社版288頁 八幡書店版第7輯 636頁 修補版 校定版301頁 普及版137頁 初版 ページ備考
OBC rm4121
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  右守司のカールチンは唯一人奥の間に端坐して、やがて二カ月の末には日頃の願望成就し、刹帝利の地位に進むだらう、さうすれば城内の大改革を施さねばなるまい。先ず第一着手として何から始めようかなどと、猿猴が水の月を掴むやうな虫のよい考へに耽つて居た。其処へユーフテスは慌しく入り来り、
『モシモシ旦那様、お喜びなされませ。イヒヽヽヽヽ、お目出度う御座います。貴方は本当に偉い方ですなア、偉大の人格者ですよ。ヤスダラ姫様が此間貴方のお顔を一寸拝み遊ばしてから、俄に病気になられましてブラブラとして居られます。何卒一遍見舞に往つてあげて下さいませな。ドクトル・オブ・メヂチーネでもイルナの湯でも、どうしてもかうしても治癒らないと云ふ御病気になられまして、朝から晩までウンウンと唸り通し、それはそれは気の毒で目を開けて見ては居られませぬ。そこでセーリス姫様が大変御心配遊ばして、其病源をお探り遊ばしたところ、ヤスダラ姫様は、エヽヽヽヽと細い細い柳の葉の様な目をして「妾の病は気の病だ、ウヽヽモヽヽリヽヽ』と云つて俯むいて後は何も仰有いませぬ。そこで呑み込みのよいセーリス姫様が「ハヽアこれは右守さまにホの字とレの字だな。これは到底旦那様のお顔を見せねば本復は出来まい」とちやんと心の中で裁判して、ヤスダラ姫様に向ひ言葉淑やかに「モシ姉上様、何か心に秘密があるのでせう。妹の私に云はれない事はありますまいから、仰有つて下さいませ。どんな事でも姉様の事なら御用を承はりませう」と鶯か鈴虫のやうな声で尋ねられた処、ヤスダラ姫様はやうやう涙の顔を上げ「あゝ妹、よう親切に尋ねて下さつた。お前の心は嬉しいが、余り恥かしうて口籠り何も云へませぬ。もう私は生きて此世に望みのない身の上だから、潔う死にます」と、とつけもない事を仰有るのでセーリス姫様は益々御心配なされ、いろいろと手を変へ品を替へ探つて見なされた処、姉計らむや妹計らむや、立派な奥様のある旦那様に恋慕して厶ると云ふ事がハツキリと分りました。エヘヽヽヽ、お目出度う厶います。お浦山吹で厶いますわい』
 カールチンは忽ち目を細うし涎をくりながら、
『ウツフン、そんな事があつたら、それこそ天地がひつくり返るぢやないか。若い者なら兎も角も、こんな年寄つた五十男にそんな事がありやうがないぢやないか。腹の悪い、そんなに人を煽てるものぢやないわ』
『イエイエ決して決して旦那様にそんな嘘を申上げて済みますか。恋と云ふものは老若上下の区別はありませぬ。又女と云ふものは虚栄心の強いもので厶いますから、旦那様がやがて刹帝利におなり遊ばすのを聞いて益々恋が募つたものと見えます。併し乍ら、貴方様には立派な奥様がおありなさるのですから、そんな事を云うては済まないと、セーリス姫様が懇々と説諭をなさつたさうですけれど、ヤスダラ姫様はどうしてもお聞き遊ばさず「此恋が叶はねば淵川に身を投げて死ぬから後の弔ひを頼むぞや」と、それはそれはエライ御決心、どうにもかうにも、手に合ひませぬ。どうぞ一度姫様の館へ、助けると思うて奥様へ内証で行つて上げて下さいませ。さうして貴方から篤くりと説諭して下さいましたら、恋の夢も醒めるでせう』
 カールチンは目を細くしながら、
『何と困つた事が出来たものだなア。どれどれそれなら是からヤスダラ姫に会ひ、篤くり道理を説き聞かし思ひ切らしてやらう』
といそいそとして座を立つ。ユーフテスは後を向いて舌を出し、再び向き直つて顔を元の如くキチンと整理し、
『色男様、オツトドツコイ、大切な旦那様、左様ならばユーフテスがお供致しませう。万々一情約締契が調ふやうな事が厶いましたら、貴方は私の相婿のお兄様、なるべくお兄様と云はれるやうになつて貰ひたいものですな。エヘヽヽヽヽ』
『ユーフテス、矢釜しいぞ、女房に悟られちや大変だからなア』
『奥様に気兼なさる処を見ると矢張ちつとは脈がありますなア。イヤお目出度う、お祝ひ申します』
 カールチンは押へ切れぬやうな嬉しさうな顔を晒しつつ、
『オイ、ユーフテス、しようもない事を云ふものでないぞ。エヘヽヽヽヽ』
と思はず知らず笑をこぼし城内指して進み行く。ユーフテスも後に従ひ、舌を出しながら跟いて行く。カールチンはフト走りながら後を見ると、ユーフテスが長い舌を出して頤をシヤクつて走つて来るのが目についた。
『こりや、ユーフテス、何だ長い舌を出して人を馬鹿にするない』
『余りお目出度いので、きつと結婚の時にはどつさり御馳走をして下さると思ひ、今から舌なめずりをしたので厶います。これは誠に失敬しました、エヘヽヽヽヽ』
『こりや こりやユーフテス、先へ往け、貴様が後から来ると何だか小忙しくつて仕方がないわい』
 ユーフテスは、
『それなら旦那様、お先に御免蒙ります』
と云ふより早く先に立ち、もうかうなつちや後に目鼻はついて居ない、何程舌を出したつて見とがめらるる心配はないと、力一杯長い舌を出し頤をしやくりながら、とんとんとんと駆け出す途端、高い石につまづいてバタリと倒れる機に舌を噛み、ウンと其場に血を吐いて打ち倒れた。カールチンはヤスダラ姫の事のみに現になつて、ユーフテスの舌を噛んで倒れて居るのに気がつかず、其体に躓いて三間ばかり前の方にドスンと打ち倒れ「アイタヽヽヽ」と膝頭を撫でながら、まだ気がつかず、
『ユーフテスの奴何だ、俺が倒れて居るのも知らずに、主人を後にして雲を霞と何処かへ行きやがつた。何と脚の早い奴ぢやなア』
と呟きながら、とんとんとんと道端のイトドやキリギリスを驚かせて城内指して一目散に走り行く。
(大正一一・一一・一二 旧九・二四 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
超訳霊界物語 八人乙女(やたりおとめ)編 ~世界に間配られた16人のスサノオ・ファミリー
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki