王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻
文献名2第3篇 意変心外よみ(新仮名遣い)いへんしんがい
文献名3第10章 墓場の怪〔1135〕よみ(新仮名遣い)はかばのかい
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
右守はいい機嫌で歌を歌いながら城への道を歩いていると、セーリス姫と白狐におどかされて逃げてきたユーフテスに突き当てられ、道の真ん中に倒れてしまった。

カールチンは怒って怒鳴りつけた。ユーフテスはこの声に、突き当たったのが右守であることを覚った。ユーフテスは白狐におどかされて意味のわからないことを右守に報告している。

カールチンはユーフテスが肘鉄を食わされたのだろうと意にも留めずに城に行こうとするのを、しがみついて止めた。とうとう止めきれずに手を放したとたんに、カールチンは勢い余って小栗の森に飛び込んだ。

この森にはイルナの城に仕えて居た先祖の墓があった。カールチンは石塔に頭を打って倒れてしまった。

気が付くと、あたりは夕闇となっていた。カールチンは石塔の後ろから狸に話しかけられ、追い払った。

やがて提灯をともしたヤスダラ姫が、小栗の森の墓場の道をやってくるのが見えた。カールチンは、大きな眼をした古狸ことをヤスダラ姫に話した。

ヤスダラ姫はこんな眼か、と大声を出した。カールチンが見ると、ヤスダラ姫の口は耳まで裂け、蛇の目傘のような目をむいていた。カールチンは驚いて闇の道をイルナの城門さして逃げていく。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年11月15日(旧09月27日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1924(大正13)年7月1日 愛善世界社版133頁 八幡書店版第7輯 690頁 修補版 校定版137頁 普及版55頁 初版 ページ備考
OBC rm4210
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 『イルナの都に名も高き  右守の司と仕へたる
 吾は賢きカールチン  千思万慮の其結果
 バラモン教の大棟梁  大黒主のお見出しに
 預かりまして今ははや  右守の司を尊しと
 思うた事も夢となり  左守や右守を使ふ身の
 イルナの都の刹帝利  セーラン王の後を継ぎ
 時めき渡るも目のあたり  うれしき事が重なれば
 よくも重なるものだなア  天女を欺く美貌持ち
 ヤスダラ姫に慕はれて  思はず知らず顔の皺
 俄にのびて来たやうだ  文珠菩薩の再来か
 曾富戸の神の生宮か  何だか知らぬが俺は又
 尊き知識があるだらう  古くなつたるテーナ姫
 どうしてやろかと朝夕に  思案なげ首息を吐き
 困りぬいたる折もあれ  ヤスダラ姫の忠告に
 渡りに船と喜んで  テーナの姫に遥々と
 軍を率ゐて遠国に  出陣せよと命ずれば
 天下に武名を現はして  イルナの花と謳はれむ
 あゝ面白しと勇み立ち  進み行くこそ嬉しけれ
 定めしテーナは途中にて  敵の軍勢に出会し
 奮戦苦闘の其結果  必ず討死するだらう
 さうなりや俺の活舞台  これから自由に開け往く
 畳の古くなつたのと  居宅が焼けて女房が
 死んだのは泣き泣き新しく  なるものなりと聞く上は
 ほんに嬉しい俺の胸  もはや女房に対しては
 絶対気兼はいるまいぞ  あゝ惟神々々
 梵天帝釈自在天  神の御目に叶うたか
 よい事ばかりが続々と  吾身を襲うて来たやうだ
 それはさておき今頃は  ヤスダラ姫は首のばし
 カールチンさまはなぜ遅い  心変つたのぢやあるまいか
 何とはなしに気がもめる  一時さへも千秋の
 思ひがすると首のばし  案じて待つて居るだらう
 エヘヽヽヘツヘ エヘヽヽヽ  イヒヽヽヒツヒイあゝぼろい
 年をとつたと思へども  惚れた女の眼より
 見た時や若く見えるのか  ほんに合点のゆかぬ事
 さはさりながらカールチン  色は黒ても跛でも
 惚れた弱身の姫様の  心にうつるは天教の
 山に在します日の出別  司の如くに見えるだらう
 俺は矢張り女等に  もてる男に違ひない
 エヘヽヽヘヽヽヽエヘヽヽヽ  涎の奴めが知らぬ間に
 俺に許しもうけぬ間に  勝手気儘に流れよる
 アハヽヽヽヽヽ面白い  此奴また偉いエラしこぢや
 右守の司も恋路には  話にならぬ呆け方
 嘸や他人が見たならば  吹き出すだらうと思へども
 そこがかはつた恋の路  唐変木には分らない
 アイタヽタツタ躓いた  誰だか知らぬがスタスタと
 向ふの方からやつて来る  もうよい加減に切り上げて
 惚けの歌はやめようか  勿体なやと思へども
 心猿意馬奴が狂ひたち  中々容易にや納まらぬ
 ヤスダラ姫の事思や  思はず知らずドシドシと
 自然に足が早くなる  女の力と云ふやつは
 ほんとに偉いものだなア  時めき渡る右守さへ
 涼しい目玉をさしむけて  自由自在に翻弄し
 中々苦労をかけよるな  とは云ふものの苦労せにや
 誠の花は咲かないと  三五教でも云つて居る
 恋の花咲くイルナ城  男は沢山ありとても
 此花手折る主人公は  カールチンさまより外にない
 山も田地も家倉も  靨の中へ吸ひ込んで
 俺の魂までグチヤグチヤに  分らぬやうにして了ふ
 女は魔神と聞きつれど  あんな優しい顔をして
 右守の司やヤスダラ姫の  心が貴方に分らぬか
 悲しう御座ると泣いた時や  俺もチヨツクリ泣きかけた
 右守は男だ悲しうて  決して泣いたのぢやないほどに
 余り嬉して嬉し泣き  あんな所をテーナ奴が
 一寸のぞいた事ならば  地震雷火の雨が
 ガラガラ ビシヤビシヤ ピカピカと  乱痴気騒ぎが起るだらう
 桑原々々惟神  危ないところであつたわい
 アイタヽタツタ、イツタイ……』
と云つた途端に、ドスンと何者にか衝き当られ、大道の真中に仰向に倒れて了つた。衝き当つた男は、セーリス姫に嚇かされて、命からがら尻引きまくり、頭を先に尻を一間ばかりつき出して、向ふ見ずに飛んで来たユーフテスであつた。
『タヽ誰ぢやい。往来を歩くのに、ちつと気をつけぬか。人に衝突しよつて何者ぢや。勿体なくも俺はイルナの城の右守司だぞ。もはや了簡ならぬ。姓名を名乗れ。後から捕吏を遣はして相当の処分をなしてやる』
と呶鳴る声も慄つて居る。ユーフテスは此声に初めて右守たる事を知り、衝突したる頭の痛さを耐へ顔を顰めながら、
『マヽ誠にすみませぬ。タヽ大変ですよ。何うにも斯うにも、ドテライ女に出会して私はもう懲々致しました。貴方もこれから女の所へ行くのでせう。悪い事は云ひませぬ。おきなさい。むきますぜ。それはそれは大きな奴を、おまけに同じ奴が二人も出ますぜ。あゝ恐い恐い、あた嫌らしい』
『ナヽ何と申す。むくとは何をむくのぢや。膝節を擦りむいたのか、大変な慌方ぢやないか』
『これが慌てずに何としませう。それはそれはむきましたぜ。セーリス姫だと思うて居つたら、ドテライ狐でした。もう私は諦めました。旦那様、悪い事は云ひませぬ。サアこれから私と館へ帰りませう』
『貴様の云ふ事は、何が何だか曖昧模糊として捕捉する事が出来ないぢやないか。もつとハツキリ分るやうに云はぬかい。一体何が出たと云ふのぢや』
『それが分るやうな事なら、何うして逃げて帰りますものか。偉い事頬辺をつめりますぜ、痛いの痛くないのつて、涙が一升程出ました』
『一升も涙がどこから出たのだ』
『尿道から出ました』
『エヽ貴様のやうな没分暁漢に相手になつて居る所ぢない。ヤスダラ姫が待つて居るわい、大方貴様は肱鉄を喰はされよつたのだなア』
と云ひながら、又もや尻引つからげ駆け出さうとするのを、ユーフテスは後から腰をグツと掴んだ。カールチンは向ふに気を取られ、ユーフテスが剛力に任せ腰を抱いて居るのにも気が付かず、同じ所ばかり手を振つて石づきをやつて居る。恰度横槌を縦にして、柄に石亀をのせたやうなスタイルである。
『あゝ、何ぼう歩いても捗らぬ道だなア。近いやうでも遠いのは恋の道だワイ。ウントコドツコイ ドツコイ、これでも進めば、何時かは行くだらう。何だか後髪を引かれるやうだ。俄に体が重くなつて来よつた』
と益々石亀の地団駄を踏んで居る。ユーフテスはとうとう根負をして手を放した。其勢にバタバタバタと三間ばかり急進し、バタリと倒れ、
『アイタツタツタ、又膝頭を擦りむいた』
と云ひながら、覚束ない足を無理に踏ん張り、タヽヽヽと一目散に駆けて行く。勢あまつて左へおりる道を一町ばかり右へ取り、小栗の森に飛び込んで了つた。此森はイルナの城に仕へて居る神司の先祖や身内のものが葬つてある墓場であつた。矢庭に墓場に飛び込み、石塔に頭を打つて、
『アイタツタツタ』
と叫ぶと共に目から星のやうにパツと火が出た。自分の目から出た火に驚いてドスンと腰をおろし、どうしたものか一声も出なくなつて了つた。カールチンは昼頃から一のくらみになる迄ビクとも動かず、ウンとも得言はず、墓の石塔と睨み合ひをして居た。心のせいか、何か知らず石塔の後から婆が赤黒い手をしうと前に垂らし、蚊の鳴くやうな声で、
『恨めしや』
とやり出した。カールチンは益々驚きよくよく見れば女房のテーナ姫の顔にそつくりである。
『ヤア貴様はテーナぢやないか………ハ……テーナ……いつの間に、こんな所へ来やがつたのだ。エーン』
『お前はカールチンぢやないか。ヤスダラ姫に現を抜かし、私をハルナの都へ軍に出し、其間に甘い事、恋の欲望を遂げようとした悪性男だ。此テーナは途中に於て非業の最後を遂げ、先祖の骨の埋めてある此墓へ幽霊となつて出て来たのだ。併し此婆も、かう幽霊になつた上は、お前と添ふ訳にも往かぬ。見て見ぬ振をして居るから、仲よくヤスダラ姫と添ふがよからう』
と蟷螂のやうなスタイルをして、訳の分らぬ事を喋りたて、クルクルと毬のやうな目を剥いて見せた。
『コリヤコリヤ、貴様は狸ぢやな。俺の女房はそんな弱いものと違ふわい。馬鹿にさらすと了簡ならぬぞ。早く俺の腰を癒さぬか』
と何時の間にやら言論機関が円滑に働き出した。
『実の処は俺は小栗の森の古狸だよ。どうぞこれぎり、キツト出ませぬとは申さぬから、許して下さい。左様なら、又明晩改めてお目にかかりませう』
 ブスツと象が屁をこいたやうな音をして消えて了つた。カールチンは漸く立ち上り、
『何だ狸奴、馬鹿にしやがつた。何時の間にか慌ててこんな所へ飛び込んで来たと見えるわい。俺もやつぱり恋の暗路に迷うて居るのかなア。女一人関係をつけようと思へば大抵の事ぢやない、命がけだ』
と呟いて居る。そこへ提灯を灯してスタスタとやつて来た美しい女がある。カールチンは其女の顔を怪しみながら、こはごは窺いて見ると、豈計らむやヤスダラ姫であつた。
『ヤア貴女はヤスダラ様ぢやありませぬか。どうしてまアこんな物騒な所へ、女の身としてお越しなさつたのですか』
『ハイ、私日が暮れたので、貴方のお越しを待つて居ました処、お出が遅いものだから、じれつたくて仕方がなく、そこで一寸人目を忍び、裏門からお迎へに参りました。こんな恐ろしい所に、ようまア独り何ともありませなんだなア。私ならよう参りませぬわ。恋しい貴方が御座ると思へばこそ、ここ迄お迎へに来たのですよ』
 カールチンは嬉しさうに、
『あゝさうでしたか、御親切にようまア迎へに来て下さつた』
『何も変つた事は厶いませなんだかなア』
『私の名がカールチンだと思うて、余程カールたチン(変つた珍)な事を古狸の奴やつて見せたのですよ。随分大きな目をむきましたよ。其時には私も随分肝を潰しました』
『悪戯な狸もあつたものですなア。どんなに大きな目でしたか、こんなんですか』
と団栗のやうな目をむいて見せた。
 カールチンは何だか少し怪しいと思ひながら、
『そんな小さなのぢやありませぬ、随分大きな目でしたよ』
『こんなんか』
と大きな声を出し、耳まで裂けた口を開け、蛇の目の傘のやうな目を、クリクリとむいて見せた。カールチンはビツクリして一生懸命に闇の道をスタスタとイルナ城の表門さして逃げて行く。
(大正一一・一一・一五 旧九・二七 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki