王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第44巻 舎身活躍 未の巻
文献名2第2篇 月明清楓よみ(新仮名遣い)げつめいせいふう
文献名3第11章 腰ぬけ〔1180〕よみ(新仮名遣い)こしぬけ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
晴公、楓の兄妹は久しぶりの再会に積もる話をしようと森の木の間の月影をたよりに二三町ばかり南へ進んで行く。

南方より三人の男が提灯をともしてやってくる。提灯の三つ葉葵のしるしを見て、兄妹はバラモン教の捕り手とわかり、大木の幹に姿を隠した。

三人の男はバラモン教軍の斥候であり、三五教の宣伝使に出会ったらひとたまりもないとびくつきながら、このあたりで最近噂の鬼娘の話に恐れおののいている。

また話の中に、晴公と楓の両親が三五教の杢助・黒姫宣伝使に間違われて捕えられ、人質として駕籠に乗せられて運ばれてくることも漏れ聞こえてきた。

三人の馬鹿話に晴公と楓は思わず吹き出してしまう。バラモン教の三人は、二人はてっきり人目を忍ぶ若夫婦だと思って姿を見せるように呼びかけたが、楓は鬼娘のふりをして、逆に三人を驚かせる。

そこへバラモン軍の後発隊十五六人が、二人の両親を駕籠に乗せてやってきた。一行が斥候隊の三人、アク、タク、テクから様子を聞いていると、森の中から宣伝歌が聞こえてきた。

不意を打たれたバラモン軍の一隊は、人質の駕籠を投げ捨ててバラバラと逃げて行った。
主な人物 舞台山口の森 口述日1922(大正11)年12月08日(旧10月20日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所 初版発行日1924(大正13)年8月18日 愛善世界社版147頁 八幡書店版第8輯 191頁 修補版 校定版154頁 普及版65頁 初版 ページ備考
OBC rm4411
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  晴公、楓の両人は兄妹睦じく手をひき乍ら、森の木間を漏る月影を幸ひに枯草の茫々と生え茂つた細道を逍遥し、知らず知らず二三丁計り南の方へ進むで行く。
 南方より二三人の男、忙しげに提灯をとぼしてやつて来る。兄妹は之を眺めて彼の提灯のしるしは三葉葵がついてゐる。擬ふ方もなきバラモン教の捕手に間違ひない、見つけられては一大事と大木の幹に姿を隠した。三人はツト立止まり、
甲『オイ此辺で一先づ一服して行かうぢやないか。これから先は危険区域だ。何程斥候隊だと云つても、僅かに三人位では心細いぢやないか。三五教の言霊宣伝使とやらに出会したら、大変な目に逢ふと云う事だ。一つ此辺で団尻を下ろして馬に水でもかうたら何うだイ』
乙『オイ何処に馬が居るのだ。貴様チツと呆けてゐやせぬか』
甲『貴様は馬で、モ一人が鹿だ。大分最前からヒイヒイと汽笛をならしてゐるぢやないか。それだから此の出水で馬に水を呑ませと云ふのだよ』
乙『何を吐すのだ、鼬奴が。先へ行きよつて臭い臭い屁を連発しよつて、コレ見ろ、俺の鼻は曲つて了つた。眉毛迄立枯が出来てきたワ。本当に困つた奴が先に立つたものだな』
甲『俺の最後屁で鼻が曲つたのぢやないわ。貴様は先天的に鼻曲りだ。親譲りの片輪迄俺の屁に転嫁さすとは、チト虫が好すぎるぞ。何うだドツと張込ンで此処で休息しようぢやないか。さうすりや、やがて本隊がやつて来るのだから、先づ斥候だと云つても一丁位の距離を持つて行かなくちやコレから先は心細いよ』
乙『それだから貴様は鼬と云ふのだ。直に糞をたれ屁古垂れよつて何の態だイ』
甲『ヘン偉さうに云ふない。臆病たれ奴、三人の真中へ入らにやヨウ歩かぬと云つたぢやないか。ポンポン乍ら此アーちやまは敵の矢玉を受ける一番槍の御先頭だぞ。何なら貴様、先へ行つたら何うだイ。俺が真中から行つてやらうか』
乙『先輩が先へ行くのは当り前だよ。総て物には順序がある。長幼序あり夫婦別あり、といふからなア』
甲『夜道を行く時丈け貴様は長幼序ありを振り廻すのだから耐らぬワ。なア丙州、一つ此処で休ンで行かうぢやないか』
丙『モー二三丁北へ行けば古社の跡がある。ウン其処には大変都合のよい段があつて、腰をかけるに持つて来いだ。そこ迄行かうぢやないか』
甲『そこ迄行くのは知つて居るが、なンだか俄に足が進まなくなつたのだ。出るのぢやないか。エー』
丙『出るとは何が出るのだい。怪体な事をいふ奴だな』
甲『出るとも出るとも大に出るのだ。モウ夜明けに間もあるまいから、此処で一寸休みて行かうかい』
丙『アハー此間から噂に聞いた鬼娘の事を思ひ出しよつたな。ソレは貴様、人の話だよ。幽霊と化物と鬼とは決して此世の中にあるものぢやない。そンな迷信をするな。さア、行かう』
乙『ヨウ其奴は一寸見ものだ。併し乍ら見たところが、何の役にもならないから、マア此辺で一層の事一服しようかい。それの方が余程安全だぞ』
丙『アハヽヽヽ此奴も到頭本音を吹き居つた。やつぱり鬼娘が恐いと見えるワイ。頭に蝋燭を三本立て、面を青赤く塗りたて、口を耳迄裂けたやうにして、ピカツ ピカツと暗を照らし乍ら、白い尾を引ずつて来る姿を見たら余り気味がよい事ない事ない事ないワ。俺も何だか身柱元がぞくぞくして来はせぬワイ。さア、何奴も此奴もそこ迄進めとは云はぬわ』
甲『アハヽヽヽ、やつぱり此奴も屁古垂れ組だな。時にランチ将軍さまは何故アンナ爺や婆を大事相に駕籠に乗せて河鹿峠を越ゆるのだらうかなア。些とも合点が行かぬぢやないか。彼奴は三五教の杢助や、黒姫が化けてゐるのだと云ふ噂だが、俺も一寸面を見たが、余り恐さうな奴ぢやなかつたぞ』
乙『それが化物だよ。人殺をしたり、強盗する奴には決して悪相な奴は無いものだ。虫も殺さぬ丸で女の様な優しい面をして居つて、陰で悪い事をするのだ。俺の様な閻魔面は世間の奴が初めから恐がつて油断をせぬから、一寸も悪い事は出来はせない。外面如菩薩、内心如夜叉と云つてな、外から弱そに見える奴が挺子でも棒でも了へぬ奴だよ』
丙『さうすると彼の杢助、黒姫を駕籠に乗せ、河鹿峠を通過せうといふ算段だなア』
甲『ウンさうだ。何でも治国別とか、玉国別とか云ふ豪傑が祠の森や、懐谷辺に陣を構へて頻りに言霊とやらを打出しよるものだから、何うしても進む事が出来ない。そこで三五教の杢助、黒姫が初稚姫を伴れてライオン河の畔にバラモン軍の動静を考へて居つたのを甘く捕獲し、河鹿峠を無事に通過しようといふ計略だ。もし言霊でも打出し居つたら駕籠の扉をパツと開き、槍で殺すが何うだ。コレでも言霊を発射するかと両人の胸元へ突きつけるのだ。さうすると如何に無謀な宣伝使でも、三五教切つての豪傑杢助、黒姫を見殺にする訳には行かぬ。せう事なしに屁古垂れ居つて、何卒無事に御通過をして下さいと反対に頼むやうに仕組まれた仕事だ。随分ランチさまも智勇兼備の勇将ぢやないか』
 兄妹は一口々々胸を轟かせ乍ら聞きゐたり。
丙『何だか人くさいぞ。怪体な匂ひがするぢやないか』
乙『人くさいなンて丸で鬼のやうな事をいふない。アタ厭らしい、鬼娘の出る森だと思つて馬鹿な事を云ふものぢや無い。ナーニ此処に人が居つて耐るかい。俺様のやうな英雄豪傑でも気味の悪い山口の森だ。こンな所へ夜夜中うろついて居ようものなら大蛇に呑まれて了ふワイ』
丙『それでも何だか人間の匂ひがするやうだ、併し人間の臭のするのは当然だらうよ。此処にも一人人間が居るのだからなア』
乙『人間が一人とはなンだい。三人居るぢやないか』
丙『俺は人間だが他は鼬と鹿だ』
乙『ナニを吐すのだい。ドー狸奴が』
丙『狸でも何でもホツチツチだ。俺の人間さまの鼻には何うも異性の匂ひがするのだ。随分威勢のよい匂ひだよ。一寸男の匂ひもするやうだし』
乙『ハー、さうすると貴様もやつぱり四足だ。犬の生れ代りだな。さうでなくちや、それ丈鼻の利く気遣ひはないわ。ハナハナ以て奇妙奇天烈な動物だなア』
 楓は可笑しさに怺えかね、「ホヽヽヽヽ」と吹き出せば、
乙『ソラ鬼娘だ。ホヽヽヽヽだ。オイ逃げろ逃げろ』
甲丙『逃げろといつたつて逃られるものか。モウあきらめるより仕方がないわ。肝腎の腰が命令権に服従せぬのだから』
 傍の木蔭から、
『アハヽヽヽ、オホヽヽヽ』
丙『ソレ見たか、俺の鼻は偉いものだろ。若い男女が手に手を取つて、ソツと吾家を脱け出し、たとへ野の末、山の奥、虎狼の住処でも、などと洒落よつて恋の道行きをやつてるのだよ。斯う分つた以上は矢張人間だ、驚く必要はないわ』
 甲乙は胸をなで下ろし、
『誰も驚いてゐるものがあるかい。貴様一人驚いて居よるのだ。オイ若夫婦、そンな処へ隠れて居らずに、御遠慮なく此処へ罷りつン出て、何ンな面付きをして居るか、一つ御慰みに供したら何うだい』
 楓はやさしい声で、
『兄さま、三人の御方がアナイ云うてゐやはりますから、一寸顔を拝まして上げませうかなア。ホヽヽヽヽ』
甲『ナーンだ、馬鹿にしやがるない。拝まして上げようなンて、何ンなナイスかしらぬが、女位に精神をとろかすアーちやまぢやないぞ、エー。世間体をつくりよつて「兄さま、ホヽヽヽヽ」が聞いて呆れるワイ。貴様は親の目を忍ンで喰つ付いてゐるのだろ。サア此処へつン出て何も彼も白状するのだ。早う出て来ぬかいグヅグヅしてゐると爺婆の駕籠が出て来ると迷惑だ。それ迄に首実検をしておく必要があるワ』
楓『ホヽヽヽヽ、アタイもアンタ方の首を実検して置く必要があるのよ。幸ひお月様も御照り遊ばし、よく見えるでせう。アタイ毎晩此森に現はれて来る鬼娘ですわ。ビツクリなさいますなや』
甲『エー、気味たの悪い事を吐す奴だ。モウ拝謁はまかりならぬ。勝手に森の奥へすつこみて、万劫末代姿を現はさぬやうにいたせ』
楓『アタイその爺さまと婆さまとが喰ひたいのよ。それで此処に青鬼の兄さまと待つてゐるの。皆さま、御苦労だね。馬さま、鹿さま、狸さま。ホヽヽヽヽ』
甲『エー鬼娘迄が馬鹿にしよる哩。コリヤ鬼娘、コレでも一人前の立派な兄さまだぞ。沢山のナイスにチヤホヤされて袖が千切れて怺らないから、浮世のうるささを避けてバラモン教の先生になつてゐるのだ。何程惚たつて駄目だ。四十八珊のクルツプ砲を発射してやらうか。貴様も地獄から来たのだらうが、地獄へ帰つてアーちやまに肱鉄をかまされたと云つては貴様の面が立つまい。さア、早く退却々々』
 斯かる処へ十七八人の同勢、抜き身の鎗を振りかざし、二挺の駕籠をかつがせてスタスタとやつて来る。先頭に立つた男は三人の姿を月影に眺め、
男『ヤア此処に何だか怪しいものが居る。大方三五教の奴だろ。オイ皆の者、首途の血祭に芋刺しにして行け』
 甲乙丙は驚いて両手をひろげ、
『アーモシモシ アクに、タクに、テクだ。一寸此処で鬼娘が出やがつたから評定をしてゐるのだ。見違へて貰つちや困るぞ』
槍持『ナンダ斥候隊のアク、タク、テクぢやないか。何故こンな処にグヅグヅしてゐるのだ。敵状は何うなつたか』
甲『何うも斯うもあつたものぢやない。今此処に鬼娘が現はれたのだ。声ばつかり聞えてチツとも姿が見えないのだよ』
 槍持はビクビク震へ出した。
『ナヽヽヽナニ鬼娘が出たと。ソヽヽヽそしてそれは何うなつたのだい』
甲『俺に惚よつたと見えて、どうしても斯うしても除かぬのだよ。大雲山のお札でもあつたら貸て呉れないか』
男『怪体な事を云ふぢやないか。マアマア此処へ一つ駕籠を下ろして調べて見よう。全隊止まれ!』
と号令する。十七八人の同勢は鎗を杖につき足を揃へてピタリと止まつた。二人を乗せた籠は手荒く地上に下ろされた。
 森の中から辺りに響く大声の宣伝歌さやさやに聞え来たる。
『神が表に現はれて  善と悪とを立別ける
 三五教の宣伝使  われは治国別の神
 ランチ将軍片彦の  手下の奴共よつく聞け
 河鹿峠に陣取りて  生言霊に妙を得し
 天下無双の宣伝使  汝等一族悉く
 生言霊に払はむと  今や此処迄向うたり
 もはや逃れぬ百年目  汝の運も早つきぬ
 二つの籠をそこに置き  一時も早く逃げ帰れ
 拒むに於ては某が  又もやきびしき言霊を
 霰の如く打出し  曲に従ふ者共を
 木端微塵に踏み砕き  滅しくれむは目の当り
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 唯何事も吾々は  直日に見直す宣伝使
 汝の罪は憎けれど  皇大神に神習ひ
 仁慈を以て救ふ可し  あゝ惟神々々
 神の言葉に従へよ』
 此言霊に不意を打たれて二挺籠を路上に捨てた儘、バラバラパツと蜘蛛の子を散らすが如く生命からがら逃げて行く。アク、タク、テクの三人は腰をぬかして逃げ後れ、路傍に四這ひとなつて慄ひ戦いてゐる。楓は森かげを立出で山駕籠の扉を開いて、アツと計りにおどろき叫ぶ。
(大正一一・一二・八 旧一〇・二〇 外山豊二録)
(昭和九・一二・二七 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki