王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第49巻 真善美愛 子の巻
文献名2第4篇 鷹魅糞倒
文献名3第20章 山彦〔1294〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ初稚姫は河鹿峠を降ってくる途中にお寅、魔我彦、ヨルの一行に出会い、祠の森に父・杢助がいることを知った。斎苑館にいるはずの父が祠の森にいることにいぶかしさを感じながらも、三人に別れを告げて祠の森に向かった。
一方、高姫と杢助は、珍彦夫婦に盛った毒が効きはじめたと思いこみ、彼らの死後に変身の術を使って自分たちが入れ替わり成りすます相談をしていた。
そこへ受付のイルから、初稚姫がやってきて父・杢助に会いたいと言っているとの報せがあった。杢助は、自分が高姫を後妻に取ったばかりで娘に会うのは恥ずかしい、また宣伝使となった娘を甘やかしてはいけないと言い訳をして、森に隠れてしまった。
杢助に化けた唐獅子の化け物は、実はスマートが恐くて逃げ出したのであった。スマートはにわかに唸りだして森林に駆け出して行ってしまった。
初稚姫は不審に思いながらスマートが飛び込んだ森林を見ていると、スマートは前足に傷を受けて帰ってきた。
初稚姫は高姫が止めるのも聞かずに奥に進み入った。スマートも足を引きずりながら初稚姫の後に従う。高姫は初稚姫が来たことを知らせるために声を限りに杢助を呼ばわったが、聞こえてくるのは山彦だけであった。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年01月19日(旧12月3日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
OBC rm4920
本文の文字数2889
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  初稚姫はスマートを伴ひ、河鹿峠を宣伝歌を歌ひ乍ら降つて来る。途中に於てお寅、魔我彦、ヨルの一行に出会ひ祠の森に高姫や杢助の居る事を聞き、訝かしさの限りよと心に思ひ乍らも、さあらぬ態を装ひ、三人に別れを告げて、祠の森をさして急ぎ下り行く。
 話変つて、高姫、杢助両人は又もやヒソビソ話に耽つて居る。
高姫『杢助さま、世の中に智慧位偉大なものはありませぬな』
杢助『うん、さうだ。何といつても智慧だな。もう斯うなる上は珍彦夫婦も、やがて倒死だらう。さうすれば彼が息をひきとると共に、変身の術を以て、お前と私は珍彦夫婦にならねばならぬ。何時知れるか分らぬから今から、用意にかからねばなるまい』
高姫『其用意とは如何すれば宜いのですか』
杢助『ア、さうだ。すこし嫌の事だけど、私は珍彦の放いだ糞を飯粒一つ位舐ねばはらぬ。お前は静子の糞を一掴位舐るのだ。さうすれば直に変身の術が行はれる』
高姫『何ぼ何だつて糞が舐られますか。外に何か方法がありさうなものですな』
杢助『何と云つても此奴あやらなくては駄目だ。やがて毒がまはつて倒れるに間もあるまいから、早く身代りを拵らへて置かなくてはならぬ。高姫、実の処は此処に両人の糞を或方法を以て取寄せて置いたのだ』
と竹の皮包みを懐から取り出した。
高姫『アーア、嫌だわ。まるで犬見た様な事をせなくてはならないのかな』
杢助『犬でさへも糞を食へば目が見えると云ふぢやないか。糞からはアンモニヤと云ふ薬をとり、之等で種々の薬を造り、パンだつて饅頭だつて之で膨れるのだ。変身には之程利くものは無いのだ』
高姫『アー、仕方がありませぬわ。之もヤツパリ義理天上日の出神様のためだと思へば、辛抱して頂きませうかな』
杢助『実の所は嘘だよ。お前の気を引いてみたのだ。もつと外にいい薬があるのだよ』
高姫『アーア、やつと安心しました。本当に腹の悪い人だな。腹の虫が食はぬ前から、厭がつてグレングレンしてゐましたよ』
杢助『これが……さア妙薬だ……之さへ飲めば、変身の術は即座に行はれるのだ』
と懐から又もや皮包を出す。
高姫『杢助さま、そりや何ですかい』
杢助『之は猿の肝だ。猿胆と云ふものだ。チツとは苦いけど、之を飲めば直に変身術が出来る』
高姫『お前さまは、さうして何を飲むの』
杢助『此杢助は懐に持つてゐるが、此秘密を女に覚られたら、出来ぬのだから暫く発表を見合して置かう。さア早く之を飲みなさい。いざと云ふ時に私が文言を唱へるから、之を合図にパツと化身するのだ』
高姫『如何も有難う厶ります。そんなら頂きませうか』
杢助『さあ早う飲んだり飲んだり』
 高姫は目を塞ぎ苦さを耐へて猿胆をグツと飲んで了つた。その六かしい苦相な顔は殆ど形容が出来ぬ様だつた。
杢助『ハヽヽヽ如何も六かしい顔だつた。三年の恋も、あれを見ちや一度に冷める様だ。まるつきり猿の様な顔をしたよ』
高姫『そら、さうでせうとも、猿の肝を飲んだのだもの。然しお前さま、三年の恋が一度に冷めるなんて、そんな薄情な事を思ふてゐなさるのかい』
杢助『ハヽヽヽヽ如何も恐れ入りました。山の神様の逆鱗には智勇兼備の杢助も降服仕る。南無山の神大明神、義理天上日の出神許させ玉へ、惟神霊幸倍坐世』
高姫『これ、杢助さま、私が斯んな苦い目をして苦しんでゐるのに、陽気な事を云つてゐらつしやるのだな。女房の意思は夫の意思、夫の智性は女房の智性、双方相和合してこそ、夫婦の和合ぢやありませぬか。それ程私が苦しんでるのが面白いのですか』
杢助『ハヽヽヽ世の中に何一つ恐い事のない此杢助も義理天上さまには恐れ入りますわい。南無お嬶大明神、許させ玉へ、見直し玉へ、アツハヽヽヽヽヽ』
高姫『杢助さま、よい加減にチヨクツて置きなさい。千騎一騎の場合ぢやありませぬか。貴方は世の中に怖いものはないけど、私が怖いと云ひましたね。それ程怖い顔なら何故女房になさつたのですか』
杢助『ハヽヽヽさう短兵急に攻めかけられては聊か迷惑だ。拙者の怖いものは犬位なものだよ』
高姫『エー、お前さまは耳が動くと思へばヤツパリ犬が怖いのかな、ハテナー』
杢助『アツハヽヽヽ犬と云ふのはスパイの事だ。も一つ怖い犬はワンワンワンと囀りまはすタの字とカの字のつく犬だ、ハツハヽヽヽヽ』
高姫『私を犬と云ひましたな』
杢助『さうだ。二つ目には悋気してイヌイヌと云ふのだから仕方がないわ。イヌの、走るの、暇くれのと、高ちやんの常套語だからな』
高姫『何なと仰有いませ。ヘン、又晩に敵討をして上げますわ』
杢助『アツハヽヽヽヽ』
 斯く笑ふ所へ慌ただしくやつて来たのは受付けのイルであつた。
イル『もし、御両人様、只今イソの館から初稚姫様がスマートとか云ふ犬を連れてお立寄りになり「吾父の杢助がゐるさうだから一目会はして呉れえ」と仰有いますが如何致しませうかな』
杢助『ヤー、初稚姫の奴、親の斯んな処に居るのを悟りよつたのかな。おい、高姫、何ぼ俺だつて年が寄つてから親だてら夫婦然として居るのは子に対し恥しい様だ。俺は暫く森へ姿をかくすからお前行つて、うまく初稚姫を帰なしてくれないか。おい、イル、初稚姫に杢助さまはお留守だと云つてくれ』
イル『ハイ、承知致しました。然し乍ら折角娘さまがお訪ねなさつたのだから、会つてやつて下さつたら如何ですかな』
杢助『いや、却つて甘やかしちや娘のためにならぬから、此処は会ふてやらぬ方がよいだらう。それが親の情だ。高姫、オイお前も表に出て初稚姫に得心さしてくれ』
高姫『はい、承知致しました』
と大きな尻をプリンプリン振り乍らイルを伴ひ、玄関口へ駆け出した。其間に杢助は化物の正体を現はし、スマートが怖さに巨大なる唐獅子となつて裏の森林へ飛び出し、山越に何処ともなく姿を隠しける。初稚姫が伴ひ来れるスマートは、俄に『ウーウー』と呻り出し、足掻きをし乍ら一目散に森林をさして駆け入りぬ。初稚姫は不審の眉をひそめてスマートの行衛は如何と案じ煩ふ折もあれ、スマートは前足に少しく傷を受け乍ら足をチガチガさせ初稚姫の前に帰り来たり、「キヤーキヤー」と二声三声泣き乍ら、一生懸命に足の傷を舐て居る。初稚姫は高姫のとどむるも聞かず、無理に奥へ進み行つた。スマートは足をチガチガさせ乍ら、廊下を伝ふて初稚姫の後に従ひ行く。高姫は吾居間に帰つて見れば杢助の姿が見えないので声を限りに『杢助サーン杢助サーン初稚姫さまが見えましたぞや』と怒鳴り立ててゐる。向ふの谷間から木魂の反響で、山彦が『杢助サーン杢助サーン初稚姫さまが見えましたぞや』と答へて居る。
 雪の混つた初春の寒い風が遠慮会釈もなく屋外を渡つて行く。
(大正一二・一・一九 旧一一・一二・三 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki