王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻
文献名2第4篇 法念舞詩よみ(新仮名遣い)ほうねんぶし
文献名3第17章 万巌〔1425〕よみ(新仮名遣い)まんがん
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
玉置村のテームスは屋敷や山林田畑を開放し村人の共有となし、新しい村を経営することになった。治国別は神勅により、しばらくテームス宅に止まっていた。

仮宮に大神を鎮座する祭典に、数百人の老若男女が喜び勇んで集まり列した。治国別は祭主となって神殿に向かって祝詞くづしの宣伝歌を奏上した。

村人たちは千引の岩を神前に奉ろうと大綱を握り歌を歌って進んでくる。社の傍らに添えられた千引の岩は、この岩石が腐るまで心を変えずに神に尽くす、という赤心の供え物であった。

万公は村人と同じく捻鉢巻をして運んできた石を場に据えようと、槌を振り上げて大地を固め、杭を打って歌いながら作業に励んでいる。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月04日(旧01月17日) 口述場所竜宮館 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年3月30日 愛善世界社版219頁 八幡書店版第10輯 114頁 修補版 校定版231頁 普及版95頁 初版 ページ備考
OBC rm5517
本文の文字数4039
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  玉置の村のテームスは治国別の教を聞いて今迄の貪欲心や執着心を弊履を捨つるが如くに脱却し、広き邸を開放し村人の共有とし、且つ山林田畑を村内に提供して共有となし、茲に一団となつて新しき村を経営する事となつた。先づ大神の神殿を造営すべく村人は今迄テームスの持ち山たりし遠近の山に分け入つて木を切り板を挽き、日夜赤心を尽し、漸くにして一ケ月を経たる後仮宮を造営し、大神を鎮座する事となつた。治国別は村人に教を伝ふべく、又この神館の完成する迄神勅に依つて待つ事とした。数百人の老若男女は悦び勇みて社前に集まり、この盛大なる盛典に列した。治国別は祭主となり、神殿に向つて祝詞くづしの宣伝歌を奏上した。

治国別『久方の天津御空の高天原に、鎮まり居ます大国常立の大神、神伊邪那岐の大神伊邪那美の大神、厳の御霊の大神瑞の御霊の大神を初め奉り、天津神国津神八百万の神達の御前に、三五教の神司治国別の命、清き尊き珍の御前に慎み敬ひ、畏み畏みも申さく、高天原の月の御国を知し召す、瑞の御霊の大御神、日の神国を知し召す、厳の御霊の大神は、現身の世の曇り汚れ罪過を、科戸の風に吹き払ひ、速川の瀬に流し捨て、清き麗しきミロクの御代に立直さむと、神素盞嗚の大御神に、千座の置戸を負はせたまひ、産砂山の聖場に、斎苑の館を立て給ひ、千代の住所と定めつつ、神の御言を畏みて、遠近の国々に珍の教を完全に、開かせ給ふ有難さ、百の司を初めとし、四方の国人達は、皇大御神の大御恵を、喜び仰ぎ奉り、早風の如く潮の打寄する事の如く、神の御前に伊寄り集ひて、神の賜ひし村肝の心を錬り鍛へ、百の罪汚れ過を、払ひ清めて天地の、神の柱と生れ出でたる人の身の務めを、完全に委曲に尽し終へむと、励しみ仕ふる勇ましさ、掛巻も畏き皇大神の領有ぎ給ふ、豊葦原の千五百秋の瑞穂の国は、生言霊の幸はふ御国、生言霊の助くる御国、生言霊の生ける御国にましませば、天の下に生きとし生ける民草は、日に夜に心を研き身を謹み、神の賜ひし珍の言霊を祝り上げ奉り、仮にも人を罵らず、譏らず嫉まず憎みなく、睦び親しみ兄弟の如く、現世に生永らへて、日々の生業を楽しみ仕へ奉り、神の依さしの大御業に、仕へ奉るべき者にしあれば、三五教の御教を、夢にも忘るる事なく、朝な夕なに省みて、神の御国の幸ひを、完全に委曲に受けさせ給へと、皇大神の大前に、謹み敬ひ願ぎ奉る、下つ岩根に千木高く、仕へまつりし此宮の、いとも広くいとも清けきが如く、いや永久に、いづの玉置の村人は、テームスの村司を親と崇め、各自の生業を、いそしみ勤めて大神の、御前に勲功を奉り、家内は睦び親しみて、恵良々々に歓ぎ賑ひ、茂り栄えしめ給へ、ああ惟神々々、御霊幸倍ましませよ』
 斯かる所へ村の若い衆と見えて赤鉢巻を締め乍ら、鐘や太鼓を叩きつつ、千引の岩を車に載せ、神の御前に奉らむと、大綱を老若男女が握り乍ら汗をタラタラ流しつつ、歌を唄つて進み来る其勇ましさ。(以下( )内はワキ)
『(エンヤラヤー、エンヤラヤア)  三五教の神司
 治国別の宣伝使  (ヨーイヨーイ、エンヤラヤア)
 天津御空の雲別けて  玉置の村に下りまし
 (ヨーイトセー、ヨーイトセー)  (エンヤラヤーのエンヤラヤー)
 欲に抜目のない爺  テームスさまを説きつけて
 (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)  も一つそこらで(エンヤラヤア)
 (ヨーイヨーイ ヨーイトナ)  皆さま揃うてモ一つぢや
 昔の昔の先祖から  欲をかはいて溜めおいた
 山も田地もすつかりと  (ヨーイヨーイ、エンヤラヤ)
 玉置の村へ放り出して  上下なしに安楽な
 生活をせよと云はしやつた  時節は待たねばならぬもの
 (ヨーイヨーイ、エンヤラヤア)  皆さま揃うてモ一つぢや
 (ヨーイヨーイ、ヨーイトセ)  広き邸を開放して
 尊き神の宮を建て  老若男女が睦び合ひ
 今日は目出度い宮遷し  (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
 (ヨーイトセ、ヨーイトセ)  皆さまそこらで一気張り
 (ヨーイヨーイ ヨーイヤナ)  これから玉置の村人は
 今度新にお出ました  万公さまの若主人に
 心の底から服従し  上下揃うて神様の
 御用を励み日々の  野良の仕事や山仕事
 喜び勇んで務めませう  (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
 (エンヤラヤーのエンヤラヤー)  皆さまここらで一気張り
 千引の岩は重くとも  大勢が心を一つにし
 力限りに曳くならば  何程甚い阪だとて
 神の守りに安々と  苧殻を曳くよに上るだらう
 (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)  (エンヤラヤーのエンヤラヤー)
 抑々玉置の村人は  昔の昔の神世から
 この神村を住所とし  ウラルの神の御教を
 守り来りし人ばかり  (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
 (エンヤラヤーのエンヤラヤー)  ウラルの神さまどうしてか
 幾何信心したとても  些ともお蔭を下さらぬ
 テームスさまが唯一人  お蔭を横取許りして
 吾等一同の汗膏  絞つて楽に日を暮し
 栄耀栄華にやつて居た  (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
 (エンヤラヤーのエンヤラヤー)  それをば黙つて見て厶る
 ウラルの彦の神さまは  此頃盲になつたのか
 但は聾になつたのか  村の難儀を知らぬ顔
 (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)  (エンヤラヤーのエンヤラヤー)
 皆さま揃うて一気張り  (ヨーイヨーイ エンヤラヤア)
 此度救ひの神様が  天の河原に棹さして
 治国別と名を変へて  玉置の村に下りまし
 吾等一同を救はむと  仁慈無限の御教を
 宣らせ給ひし嬉しさよ  (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
 (エンヤラヤーのエンヤラヤア)  これから玉置の村人は
 飢に苦しむ人も無く  凍えて死ぬる人もなし
 上下運否のないやうに  ミロクの御代が築かれて
 喜び勇んで暮すだらう  (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
 (エンヤラヤーのエンヤラヤー)  此神殿に祭りたる
 救ひの神は厳御霊  瑞の御霊の神柱
 柱も清く棟高く  御殿も宏く風景は
 勝れて絶佳の御場所よ  (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
 (エンヤラヤーのエンヤラヤー)  捻鉢巻の若い衆よ
 早階段に近付いた  もう一気張り一気張り
 お声を揃へてヨーイヤナ  (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
 (エンヤラヤーのエンヤラヤー)』
と唄ひ乍ら方形の大岩石を社の傍に据ゑたり。これは村人が……此岩石の腐る迄は心を堅く変へませぬ、何処迄も御神の為に尽します……と云ふ赤心の供へ物である。
 万公は村人と同じく捻鉢巻をし、運んで来た石を適当の場所に据ゑむとして二三人の部下と共に槌を振り上げ、大地をドンドンと固め、杭を打つて石のにえ込まないやうと勤めて居る。相方が交互に歌を唄ひ乍ら拍子をとつて居る。
万公『神と神との引き合せ  (ドーン、ドーン、ドンドンドン)
 玉置の村の里庄なる  テームスさまの若主人
 万公司も現はれて  今日の目出度いお祭りを
 力限りに祝ひませう  (ドーン ドーン、ドンドンドン)
 打てよ打て打て確り打てよ  地獄の釜の割れる迄
 今打つ槌は神の槌  槌が土うつ面白さ
 (ドーン ドーン、ドンドンドン)  玉置の村の皆さまが
 キールの谷から千引岩  毛綱に括つて引き来り
 尊きお宮の御前に  信と真との光をば
 現はし給うた目出度さよ  (ドーン ドーン、ドンドンドン)
 大神様の御利益で  テームス館は云ふも更
 此村人は永久に  尊き此世を楽しんで
 堅磐常磐に玉の緒の  命を保ち心安く
 家も豊に栄えませう  (ドーン ドーン、ドンドンドン)
 これから村中心をば  一つに合して田を作り
 山には木苗を植付けて  (ドーン ドーン、ドンドンドン)
 共有財産沢山と  造つて子孫の末迄も
 (ドーン ドーン、ドンドンドン)  宝を残し身を治め
 心を清めて神様の  尊き教に心従し
 此世を安く頼もしく  (ドーン ドーン、ドンドンドン)
 千引の岩の御霊もて  悪魔を払ひいつ迄も
 ビクとも動かぬ鉄石の  信仰励もぢやないかいな
 (ドーン ドーン、ドンドンドン)  どうやら準備が出来たよだ
 皆さまモ一つ頼むぞや  (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
 (エンヤラヤーのエンヤラヤア)  力の強い若い衆は
 挺をば四五本持つて来て  千引の岩を此上に
 何卒据ゑて下されよ  万公別が頼みます
 (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)  (エンヤラヤーのエンヤラヤア)
 朝日は照るとも曇るとも  轟き渡る滝の水
 洗ひ晒した此身体  神の御前に奉り
 舎身供養を励みませう  ああ惟神々々
 (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)  (エンヤラヤーのエンヤラヤー)
 神の御心畏みて  村人心を一つにし
 今日の祭を恙なく  済ませた事の嬉しさよ
 玉置の村は万世に  玉置の宮と諸共に
 栄え尽きせぬ事だらう  喜び祝へ諸人よ
 (ヨーイヨーイ エンヤラヤ)  (エンヤラヤーのエンヤラヤア)』
(大正一二・三・四 旧一・一七 於竜宮館 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki