王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻
文献名2第4篇 猩々潔白よみ(新仮名遣い)しょうじょうけっぱく
文献名3第25章 万歳楽〔1500〕よみ(新仮名遣い)ばんざいらく
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
テクは番頭頭になった気持ちで蔵から酒を担ぎ出し、酒を飲みながら他愛もなくしゃべり続けている。邸内には数百人の里人が、庄屋の旦那が帰られたとのことでお祝いに詰めかけ、酒を飲んで歌い舞い踊りなどして騒いでいる。

テクは番頭頭気分で、アキスとカールによく気を付けてお客様の世話をするようにと酔って説教をしている。アキスとカールは適当にいなし、ア主人夫婦に天王の森の猩々の霊が憑いているといったうわさ話にふけっている。

門の方がにぎやかになってきたので二人が表口へ駆け出すと、テクが大柄杓を肩にかけながら、酔った勢いで勝手な歌を歌い踊っている。

そこへキヨの港を守るバラモン軍のキャプテン・チルテルが数十人の部下を連れてやってきた。チルテルは、三五教の宣伝使・玉国別たちがこの館に潜んでいるとの情報で召し捕りにやってきたと大音声に告げた。

テク、アキス、カールは酒をなみなみと汲んで、チルテルの前に突きだした。チルテルは酒と聞いてたまらず、馬を下りてガブリガブリと呑みはじめた。チルテルの部下も群衆に交じって酒を飲み、肝心の使命を忘れて踊っている。

空中には迦陵頻伽、鳳凰、孔雀らの瑞鳥が舞っている。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月30日(旧02月14日) 口述場所皆生温泉 浜屋 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年6月15日 愛善世界社版300頁 八幡書店版第10輯 476頁 修補版 校定版318頁 普及版122頁 初版 ページ備考
OBC rm5825
本文の文字数3425
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  テクは、アキス、カールと共に番頭頭になつたやうな気持で、捻鉢巻をしながら褌一つになり倉から酒を担ぎ出し、樽の詰を抜いて、柄杓の口からグイと一口呑んでは他愛もなく喋りつづけて居る。数百人の里人は貴賤老若の隔てなく、
『バーチルさまが帰られた。旦那様の無事お帰りだ』
と目やにを溜めた婆アさま、鼻を垂らしたお爺さま、鼻曲り、聾、盲迄が押し寄せ来り、広き邸内に酒樽の鏡を抜いて一生懸命に唄ひ舞ひなどして底ぬけ騒ぎをして居る。テクは得意の頂上に達し、
テク『オイ、アキス、カール確りせないか、よくお客さまの様子を調べ、落ち度のないやうに一人もお神酒を頂かぬ落伍者のないやう気をつけるのだよ。何を云ふても俺のやうな清浄潔白の霊でないものは隅々迄気が付かないからな。走り元、雪隠の中、物置の隅々迄も気の付く奴でないと誠の御用は務まらぬぞよ。ああ甘い酒だ。俺は此家の部下だ、猩々位呑み倒したつて、何と云つたつてイヅミの国切つての豪家だから大したものだ。「立寄れば大樹の蔭だ。箸と親方は大きなのがよい」と云ふから、俺も今日からスパイを廃めて、バーチルさまの一の番頭に自分から定めて成つたのだから、今後は俺の命令に従ふのだよ。よいか、アキス、カール、のうアキス、カール、それでよいだらう。ヨイトサのヨイトサ、好い酒、好い酒、酔うて酔うておいしうてようて、酔が廻つて、酔うて、甘うて酔うて、ヨイヨイのテクテクだ。猩々彦の四つ手のテクさまと云へば俺の事だぞ。なんぼテクさまと云ふても手癖は悪くないから、其積で居つて呉れ』
アキス『ヘン、俄に番頭顔をしよつて偉さうに云ふない。併し乍ら今日はお目出度い日だから、喧嘩はやめて置かう。今日一日の番頭だから、何なりと勝手の熱を吹いたがよいわ。のうカール』
カール『ウンさうだ。テクが云つて居るのぢやない、振舞ひ酒が云つて居るのだ。酒と云ふものは狂水と云ふが、ほんとに面白いものだなア。俺達の下戸でも一口呑めば気持がハキハキして来るやうだ』
アキス『オイ、たつた一口と云ふたが、最前から随分沢山引つかけたぢやないか。まるで牛か象かが、雑水を呑むやうだつたよ』
カール『定まつた事だよ。五升徳利に一口ぢやほんの少々ながら、ごしよごしよとやつて見たら、俺の頬べたにほんのりと紅の花が咲きかけたのだ、エヘヘヘヘ』
アキス『オイ貴様は奥様から、余り円い顔をして居るので望月とか餅が好きだとか云はれたぢやないか。餅の好きな奴は酒を呑まぬものだが、貴様は山川道楽だな。俺は酒は一滴も呑まないと云ふて赤い顔をしたり、熟柿臭い息をしたりしたのは内証で呑んで居たのだな、たうとう化を現はしやがつたな、化虎め』
カール『定つた事だい。いつも酒倉の番許りやらされて居るのだもの、樽に錐穴をあけ、麦藁を突つ込んで、チウチウと鼠鳴きをして居たのだ。そして其後へ釘を突つ込んで置くのだ。貴様は長らく俺と一緒の奉公しておきながらノロ作だなア』
アキス『併し此方の旦那様は、昔から酒許り沢山作つて売るでもなく、二十戸前の倉に酒を蓄へて居るのは不思議と思つて居たら、矢張斯う云ふ時の間に合さうと思つて準備して居たのだな。ほんとに偉い人ぢやないか』
カール『併しアキス、旦那様と奥さまに天王の森の猩々が憑て居ると云ふ事ぢやないか。俺は一寸次の間から聞いて居たが、ほんとに不思議の事だ。貴様どう思ふか』
アキス『ウンそれが、しやうじやうむく(清浄無垢)の霊と云ふのだらうかい。何と云つても旦那様も奥様も人民を憐みなさるから里人の人望はよし、あんな慈悲深い人が、なぜ三年も離島へ行つて苦労をなさつたかと思へば、神も仏も此世に無い事かと思ふは。併しまアまア帰つて下さつて奥様は云ふに及ばず、スマの里人がどれ丈け喜ぶ事か知れないのう。何ぢや門の方が大変賑かうなつて来た。一つ調べて見ようか』
と表口へ駆け出して来た。
 見ればテクは大柄杓を肩にかつぎ乍ら大勢の中央に立つて、自ら踊り狂うて居る。大勢は囃し立てて居る。
テク『エーーーさても目出たや  此方の館、ヨイヨイ
 三年振に御主人が  目出度お帰り遊ばした
 第一奥さまのお喜び  其次坊ちやま番頭さま
 アキス、カールを初めとし  ヨイヨイ
 イヅミの国のスマの里  老若男女がより集ひ
 二十戸前の酒倉を  ヨイヨイ
 開放遊ばし皆さまに  呑んで呉れよと放り出した
 その肝玉の太い事  ヨイヨイ
 此テクさまは今日よりは  バーチル館の番頭さま
 バラモン教のスパイをば  さつぱりこんと辞職して
 お酒の倉の監督だ  皆さま勇んで下さんせ
 ヨイヨイ  これからテクが居る上は
 これの館の米麦や  お酒をどつさり皆さまに
 望み通りに与へませう  なに程宝があつたとて
 命がなければ仕様がない  ヨイヨイ
 死んだと思ふた主さま  目出度家に帰られて
 祝の印に皆さまに  お酒を振舞なさるのだ
 固く結んだ握り飯  お腹が膨れて瓢箪に
 なる所までも食はしやんせ  ヨイヨイ
 ほんに目出度いお目出度い  天王の森の神さまが
 御守護を遊ばし御夫婦を  目出度茲に顔合せ
 嬉し涙をドツサリと  流させ給ふた有難さ
 ヨイヨイ  其神様のお蔭にて
 生れて此方一度も  味はふた事のない甘酒を
 鱈腹呑んで勇ましく  舞へよ狂へよ踊れよと
 神直々の御命令  こんな嬉しい事あろか
 ヨイヨイ  アキスやカールの番頭さま
 元来肝玉小さくて  是程沢山ある酒を
 番頭の職にありながら  己も飲まず人さまに
 振舞ひもせず捨て置いた  冥加知らずの罰当り
 ヨイヨイ  テクが是から此家の
 一の番頭となるからは  ケチなやり方致さない
 村中上下隔てなく  睦び親しみ神様の
 恵の露を感謝して  お神酒を沢山頂けよ
 こんな目出度い事あろか  ヨイヨイ
 猩々の彦や猩々姫  不思議の縁で廻り会ひ
 お夫婦様の体を借り  これの館のお夫婦は
 足が二つに手が六ツつ  夫婦合して四つの足
 十二のお手々を打ち鳴らし  アヅモス山の神様の
 御前に感謝の太祝詞  宣らせたまへる崇高さよ
 ヨイヨイ  三五教の宣伝使
 目の玉国別宣伝使  心まつ黒真純彦
 頭たたかれ伊太彦や  お酒は樽に三千彦の
 綺麗なお嬶のデビス姫  デビスかエビスか知らねども
 大黒さまの福の神  降つて湧いたる此家と
 酒のイヅミの国人は  嘸や喜ぶ事だらう
 皆さま揃ふて手を拍てよ  ヨイヨイ
 酔が廻つたテクさまは  息が苦しうなつて来た
 皆さまこれから隠し芸を  包まず隠さず放り出して
 今日の目出度いお祝に  花を咲かして下されよ
 ヨイヨイ』
と一生懸命に音頭を取り、数百人の老若男女が手を取り踊り狂うて居る。斯かる所へキヨの港の関所を固めて居るバラモン軍のチルテルは数十人の部下を引率れ馬に跨り、シトシトと門内さして進み入り、馬上に立ちて大音声、
チルテル『ヤアヤア某はバラモン教の関所を守る、キャプテンのチルテルだ。当館に三五教の宣伝使、玉国別以下の潜みゐると、スパイの注進により召捕に向ふたり。ヤアヤア村人ども宣伝使の所在へ案内致せ』
と呶鳴りつけて居る。これを聞くより、柄杓にテク、アキス、カールは酒をなみなみと汲みチルテルの鼻先に突き出した。チルテルは酒と聞くより矢も楯も耐らず馬をヒラリと飛び降り、餓鬼が水を呑むやうな勢で、ガブリガブリと呑み初めた。従ひ来れる数多の部下も群衆に交つて、吾劣らずガブ飲みを初め、肝腎の使命を忘れ、各捻鉢巻をして、尻ふりながら、ステテコ踊を夢中になつてやつて居る。中空には迦陵頻伽、鳳凰、孔雀の瑞鳥、翼寛かに舞ひ狂うて居る。ああ惟神霊幸倍坐世。
(大正一二・三・三〇 旧二・一四 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
(昭和一〇・六・一五 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki