王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻
文献名2第3篇 幽迷怪道
文献名3第11章 怪道〔1618〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじカークス、ベースの二人は、にわかにあたりの光景が一変した大原野の真ん中を、とぼとぼと何者かに押されるように進んでいく。冬の景色と見えて、松葉は風に揺られ桜の梢は木枯らしにふるえている。
二人は、宣伝使たちと一緒にスーラヤ山の岩窟に入ったはずが、見慣れない原野を歩いていることをいぶかしんだ。二人は述懐を歌いながらともかく先に進んで歩いていく。
二人は濁流みなぎる河辺についた。二人はどうやらここが現界ではないと思い始めた。行く手を阻まれて座り込み、地獄へ暴れこんで王国でも建てようかなどというのんきなほら話に花を咲かせている。
傍らの茅の中に藁小屋があり、黒いやせこけた怪しい婆が現れた。婆は伊太彦宣伝使一行がすでに河を渡って向こう側に行ったという。
遅れてはたいへんと二人は河を渡ろうとした。婆はベースの胸ぐらをつかんで、肝玉を引き抜いて食ってやるとすごんだ。カークスは婆の足をつかんだが、突けども押せどもビクとも動かない。
二人は進退窮まってしまった。するとはるか後ろの方から宣伝歌が聞こえてきた。はっと我に返ると、今まで婆と見えていたのは巨岩であった。河と見えたのは薄原であった。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年05月24日(旧04月9日) 口述場所教主殿 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm6311
本文の文字数5211
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  カークス、ベースの両人は、俄に四辺の光景一変した大原野の真中を無言の儘トボトボと、何者にか押さるるやうに進んで往く。頭の禿げた饅頭形の小さい丘の麓を辿つて往くと其所には、松と桜の樹が一株のやうになつて睦まじげに立つてゐる。冬の景色と見えて尖つた松葉が風に揺られてパラパラと両人が頭上にふつて来る。桜はもはや真裸となつて凩に梢が慄うて居た。
カークス『オイ、ベース、俺達はスーラヤの死線を越えて、伊太彦司と共に竜王の岩窟に確に這入つた積りで居るのに、何時の間にか、かふ云ふ所へ来てゐるのは不思議ぢやないか。さうして俺の立つた時はまだ夏の終りぢやつたがいつの間にかう冬が来たのだらう。合点の行かぬ事だなア』
ベース『ウン、さうだなア、何とも合点の行かぬ事だ。大方夢を見て居たのだらう。矢張スダルマ山の山腹で樵夫をやつて居た時に、グツスリと眠つて仕舞ひ、其間に冬が来たのかも知れないよ』
カークス『それだと云つて伊太彦と云ふ綺麗な神司とテルの里へいつて、ルーブヤさまの館に宿り込み結構な御馳走に預かり、それから船に乗り、スーラヤ山の死線を越えた事は確に記憶に残つて居る。大方今が夢かも知れないよ。夢と云ふ奴は僅か五分か六分かの間に生れて死ぬ迄の事を見るものだ、夢は想念の延長だから、かうして居るのが夢かも知れない。何と云つても夢の浮世と云ふからなア』
ベース『何と言つても此処は見馴ない所だ。いつの間にスーラヤ山から此処へ来たのだらう。さうして四辺の景色は冬の景ぢや。パインの老木の間から針のやうな枯松葉が降つて来る。桜は真つ裸になつて慄つて居る。兎も角も行く所迄行かうよ。又好い事があるかも知れないよ。
ベース『思ひきやスーラヤ山の岩窟に
  進みし吾の斯あらむとは。

 夢ならば一時も早く覚めよかし
  心の空の雲を晴らして』

カークス『大空は皆黒雲に包まれて
  行手も知らぬ吾ぞ悲しき。

 ウラル彦神の命の戒めに
  遇ひて迷ふか吾ら二人は』

ベース『ウラル彦神の教も三五の
  道も御神の作らしし教。

 吾は今途方に暮れて冬の野の
  いとも淋しき旅に立つかな。

 伊太彦やブラヷーダ姫は今いづく
  アスマガルダの影さへ見えず』

カークス『村肝の心の暗に包まれて
  今八衢に迷ふなるらむ。

 天地の皇大神よ憐れみて
  吾等二人の行方を照らしませ。

 月も日も星かげもなき冬の野を
  彷徨ふ吾等が心淋しさ。

 如何にせば常世の春の花匂ふ
  吾故郷に帰りゆくらむ』

ベース『日も月も西に傾く世の中に
  吾は淋しき荒野に迷ふ。

 西きたか東へ来たか知らねども
  みなみの罪と締めゆかむ。

 西東南も北もわきまへぬ
  今幼児となりにけるかな』

カークス『エヽ仕方がない。犬も歩けば棒に当るとやら云ふ事がある。さアこれから膝栗毛の続くだけ此道を進んで見よう』
 茲に二人は凩吹き荒ぶ野路の淋しみを消さむが為に出放題の歌を謡つて足に任せトボトボと進み行く事となつた。
カークス『あゝ訝かしや訝かしや  茲は冥途か八衢か
 但しは浮世の真中か  四辺の景色を眺むれば
 山野の草木は枯果てて  露もやどらぬ淋しさよ
 パインの木蔭に立ち寄つて  息休めむと打ち仰ぎ
 見れば枯葉はバタバタと  針の如くに下り来て
 薄き衣を刺し通し  桜の梢はブルブルと
 冷き風に慄ひ居る  合点の行かぬ此旅路
 夢か現か幻か  三五教の伊太彦と
 スダルマ山の間道を  漸く渡りてテルの里
 ルーブヤ館に立ちよりて  天女のやうなブラヷーダ
 姫の命にもてなされ  それより船に身を任せ
 一行五人スーラヤの  山に鎮まるウバナンダ
 ナーガラシャーの宝玉を  神の御為世の為に
 受け取り珍の聖場へ  献らむと思ひしは
 夢でありしかこれは又  合点の行かぬ事計り
 夢の中なる貴人は  今はいづくに在すか
 尋ぬるよしも泣く計り  霜の剣や露の玉
 吾身にひしひし迫り来る  これぞ全く今迄の
 犯せし罪の報いにか  唯しは前世の因縁か
 実に怖ろしき今日の空  進みかねたる膝栗毛
 あて所もなしに彷徨ひて  地獄の里に進むのか
 但しは常世の花匂ふ  天国浄土に上るのか
 神ならぬ身の吾々は  如何に詮術泣く涙
 暗路に迷ふ苦しさよ  あゝ惟神々々
 神の光の一時も  早く吾身を照らせかし』
ベース『旭は照らず月は出ず  星の影さへ見えぬ空
 亡者の如く吾々は  見なれぬ道を辿りつつ
 あてどもなしに進み行く  吾行く先は天国か
 但しは聖地のエルサレム  黄金山か八衢か
 深き濃霧に包まれて  大海原を行く船の
 あてども知らぬ心地なり  あゝ惟神々々
 天地に神のましまさば  二人の今の身の上を
 憐みたまひて現界か  はた霊界か天国か
 但しは地獄か八衢か  いと明けく知らしませ
 人は神の子神の宮  なりとの教は聞きつれど
 かくも迷ひし吾霊は  常夜の暗の如くなり
 月日の光も左程には  尊く清く思はざりし
 吾等も今は漸くに  いづの御光瑞御霊
 月の光の尊さを  正しく悟り初てけり
 あゝ惟神々々  吾等を作りし皇神よ
 一時も早く吾胸の  醜の横雲打ち払ひ
 完全に委曲に行方をば  照らさせたまへ惟神
 神の御前に願ぎまつる』
 斯く謡ひつつ漸くにして濁流漲る河辺に着いた。
カークス『オイ、此処には雨も降らぬのに大変な濁流が流れて居るぢやないか。斯んな大きな川を渡らうものなら、夫こそ命の安売だ。もう仕方がない。二十世紀ぢやないが、何も彼も行きつまりだ、後へ引きかへさうか』
ベース『引きかへさうと思つても、何者か後から押して来るのだから仕方が無いぢやないか。「慢心致すと神の試に遇ふて行も帰りもならないやうになる」と三五教の教典に示されて居るが矢張り吾々は、ソーシャリズムとか自由平等主義だとか云つて神様を軽んじて来た結果こんな羽目に陥つたのだ。どうしても是は現界とは思はれないな。竜神の岩窟で命を取られ此処へ来たのだ。もう斯うなれば覚悟をするより仕方が無いぞ』
カークス『さうだ。どう考へて見ても現界のやうぢやない。お前の云ふ通り、これから駒の頭を立て直し、弱くてはいけないから、仮令地獄へ行かうとも大いに馬力を出してメートルをあげ、地獄の鬼を脅迫し、舌を捲かせ、共和国でも建設しようぢやないか。兎に角今日の世の中は弱くては立てぬのだからなア』
ベース『さうだと云つて、吾々両人の小勢では地獄を征服する訳にも行くまい。閻魔大王とか云ふやつが居て帖面を繰つて吾々の罪状を一々読み上げ焦熱地獄へでも落さうと云つたらどうする。どうせ天国へ行かれる様な行ひはして来て居ないからなア』
カークス『何心配するな地獄と云ふ所は強い者勝の世の中だ。小さい悪人は厳しい刑罰を受けるなり、大なる悪人は地獄の王者となつて大勢の亡者を腮で使ひ、愉快な生活を送らうと儘だよ。閻魔などはあるものぢやない。霊界も現界も同じ事だ。現界の状態を考へて見よ。下にあつて乱すれば刑せられ、上にあつて乱すれば衆人より尊敬せらるる矛盾暗黒の世の中だ 吾々は弱くてはならない。是から褌を確りと締め、捻鉢巻をして細い腕に撚をかけ、此濁流を向ふに渡り、地獄征服と出かけようぢやないか。人間の精霊と云ふものは所主の愛によつて天国なり、又地獄へ籍を置いて居るのださうだから、何地獄だつて構ふものか、自分の本籍に帰るやうなものだ。片端から暴威を揮つて四辺の小団体を征服し、大同団結を作り、カークス、ベース王国を建てようぢやないか。何、地獄位に屁古垂れてたまらうかい。何程地獄が辛いと云つても現界位のものだ。現界は所謂地獄の映象だと云ふ事だから、吾々は経験がつんで居る。現界では大黒主と云ふ大将が居るから吾々の思ふやうには往かないが、地獄では勝手だ。この腕が一本あればどんな事でも出来るよ』
ベース『さうだなア。どうやら地獄の八丁目らしい。取つたか見たかだ。此濁流を横ぎり、其勢で地獄に侵入し、一つ脅喝的手段を弄して粟散鬼王を平げ、天晴地獄界の勇者となるも妙だ。ヤア勇ましくなつて来た。毒を喰へば皿迄だ。どうせ吾々は天国代物ぢやないからなア。アハヽヽヽ』
 斯両人は河端に佇み泡沫の如き望みを抱いて雄健びして居る。傍の生へ茂つた茅の中の藁小屋から黒い痩こけた怪しい婆が破れた茣蓙を肩にかけ、ガサリガサリと萱草を揺りながら二人の前に出て左の手に榎の杖を携へた儘、
婆『誰だ誰だ、あた矢釜しい。そんな大きな声で喋り散らすと、俺の耳が蛸になるわい。貴様はどこの兵六玉だ。一寸こちらへ来い』
カークス『ハヽヽヽヽ。何とまア汚い婆もあつたものぢやないかい。物を言ふも汚らはしいわい。何と云つても天下の豪傑兵六玉のカークス王様だからなア』
婆『ヘン、人の見ぬ所でそつと猫婆を極め込み、欲な事計り致し、何も彼も人の前にカークス爺だらう。も一匹の奴は何と云ふ兵六玉だい』
ベール『此方は失敬ながら月の国にて名も高きベース様だよ』
婆『成程どいつも此奴も人気の悪い面つきだなア。ベースをカークスやうな其哀れつぽいスタイルは何だ。此処は三途の川の渡船場だ。サアこれから貴様の衣類万端剥取つてやらう。覚悟を致したがよいぞい。今の先、伊太彦、ブラヷーダの若夫婦が嬉しさうに手を引いて此所を通りよつた。さうして馬鹿面をした、何でも兄貴と見えるが、アスマガルダと云ふ奴が妹や妹の婿の僕となつて通りよつたぞや』
カークス『何、伊太彦さまが此所を通られたと云ふのか。何ぞ立派な玉でも持つて居られただらうなア』
婆『玉は沢山持つて居つたよ。粟粒のやうな小つぽけな肝玉やら縮こまつた睾丸やらどん栗のやうな目の玉やらをぶらさげて、悄気かへつて此処を通りよつた。真裸にしてやらうと思つたが貴様等とは余程御霊がよいので、此婆も手をかける事が出来ず、此萱の中に隠れてそつと見て居つたら、綺麗なナイスに手を引かれ、あの川の真中を通りよつた。大方天国へ往くのだらう。併し乍ら貴様達は此婆の手を経て、三途の川を渡らずに一途の河を渡り、直様地獄へ突き落される代物だ。ても扨ても憐れなものぢやわいのう、オンオンオン』
ベース『ヤア此奴ア、グヅグヅしては居られない。此婆を突つ倒かして置いて此河を渡り、一つ地獄征服と出かけようか、カークス来れ』
と早くも尻引き捲り、濁流目蒐けて渡らうとする。婆は細い痩せこけた手を出して、ベースの胸座を取り、三つ四つ揺する。
ベース『これや婆、どうするのだい。失敬な、人の胸座を取りやがつて』
婆『取らいでかい取らいでかい、貴様の肝玉を引き抜いてやるのだ。こら其処な兵六玉、貴様も同様だから待つて居れ。この婆が此所で荒料理をして骨も肉も付け焼にして食つてやるのだ。大分腹が減つた所へよい餌が来たものだ』
 カークスは後より婆の足をグツと掴み力限り突けども押せども、地から生えた岩のやうにビクとも動かない。
カークス『ヤア何と腰の強い、強太い婆だな』
婆『定つた事だよ。俺は地の底から生えたお岩と云ふ幽霊婆だ。兵六玉の十匹や二十匹集かつて来た所でビクとも動くものかい』
ベース『こら婆アさま、放さぬかい。俺の息が切れるぢやないか』
婆『定まつた事だい。息の切れるやうに掴んで居るのだ。息を切らして軍鶏を叩くやうに叩きつぶし、砂にまぶし、肉団子をこしらへて食つて仕舞ふのだ。こうなつたら貴様達ももう娑婆の年貢の納め時だ。潔う覚悟をして居るがよい』
 二人は進退谷まり、如何はせむかと案じ煩ふ折柄、遥か後の方から、宣伝歌が聞えて来た。ハツと思ふ途端、今迄婆と見えたのは河の傍の巨巌であつた。川と見えたのは果しも知られぬ薄原で、其薄の穂が風に揺られて水と見えて居つたのであつた。
(大正一二・五・二四 旧四・九 於教主殿 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki