王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第64巻上 山河草木 卯の巻上
文献名2第1篇 日下開山
文献名3第5章 至聖団〔1634〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-11-25 18:15:30
あらすじ
主な人物スバッフォード、ブラバーサ、マグダラのマリヤ 舞台アメリカン・コロニー 口述日1923(大正12)年07月10日(旧05月27日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
OBC rm64a05
本文の文字数4504
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ブラバーサはスバツフオードに伴はれて、アメリカンコロニーへと歩を運んだ。百人ばかりの信者が、祭壇の前で一生懸命になつて祈願を凝らす最中であつたので、老紳士と共に末席の方から礼拝をなし、天下万民の為に一日も早く聖主の降臨されて神業を開きたまふ日の来れかしと祈りつつありけり。
 一同礼拝を終つて、珍らしき客のスバツフオードの傍に端座せるを見て不思議の眉を潜めて眺めて居る。スバツフオードは一同に向ひ、言葉静に、
『皆さま、此御方は高砂島から神命を奉じて遥々お越しになつたブラバーサと云ふ聖師ですよ。僧院ホテルに御宿泊の方だが、メシヤ再臨の先駆として御出張になつたのですから、お互に親しく交際をさして戴かうぢやありませぬか』
 一同はこの言葉に生き復つた様な面色を浮べて、異口同音に『サンキウサンキウ』と連呼するのであつた。
 ブラバーサは一同に向かひ厚く礼を復し、且つ一場の挨拶的演説を始めかけた。
『御一同様、私は最前聖師の御紹介下さつた如く、高砂島から神命を帯びてメシヤ再臨の先駆として派遣されましたルート・バハー団の宣伝使ブラバーサと申す者で御座います。八千哩の海洋を渡り漸く昨日の夕方、尊きエルサレムの停車場へと安着いたしました処が、初めての当地の到着にて土地の勝手も分らず、如何にして橄欖山へ行かうかと心配しながら、夕暮れの大道を歩んで居りますと、貴団の信者マリヤ様に図らずも途中に御目に掛り、カトリックの僧院ホテルへ案内して頂きました上、夜分にも拘はらず市中の案内までして頂き、慕はしき橄欖山まで参拝さして貰ひましたのは、全く貴団の公平無私にして克く神様の大御心を体得し遊ばしたその賜と、深く深く感謝いたした次第で御座います。加ふるに御親切なるスバツフオード聖師までが、態々ホテルまで御訪問下さいまして、種々と結構な御教訓を承はり、貴団の純なる信仰の模様と愛の結晶とも云ふべき美はしき生活の有様を拝聴しまして、感涙に咽びました。悪魔横行の暗黒なる世界にも、貴団の如き真善美愛の聖なる団体が造られてあるかと思へば、神様の仁慈の大御心と周到なる御経綸とには感謝せざるを得なく成つて参りました。私も今日は神様の仁愛の光に照らされまして、大神の愛の深く尊き事を悟りましたが、世界の人類はイザ知らず、私の出生した高砂島などは今より五十年前までは、御話するさへも恥かしい様な状態で御座いました。基督の愛、孔子の仁、仏陀の慈悲なぞ申す事は、私共に取つては非常に神秘的な了解し難い、到底凡人の手の届かぬ高遠なものの様に教へられて来たもので御座います。各宗各教の宣教者が余りに神仏の教に勿体を付け過ぎて、仁だの愛だの慈悲なぞの神理を此世の外のものの様に仕て了つたのです。然るに天運循環の神律に由つて、神の御国と称へられた極東の高砂島に厳瑞二柱の救世主あらはれ玉ひて、高大博遠なる愛は私共に極めて手近いもの親しきものにして、日々の生活から放さうとしても放され得ないものと成つたのです。何と有難い尊いことで御座いませう。御一同様も、又愛の真諦を能く体得遊ばされ、キリストの再臨を誠心誠意待望されつつ国籍と宗教の障壁を脱却して聖団を創立されました事は、天下万民のために実に洪大無限の大神業だと考へまして、貴団の御精神のある事に感謝措かない次第で御座います。自国の恥を申し上げるではありませぬが、今日は国籍や宗教の如何に関係なく、世界人類愛の上より御参考の為一言申上げ度いと思ひます。貴団の方々や現今の若い人達には、殆ど想像も出来ない程に我生国高砂島は、三百諸侯の小さい敵国に分割されて居りましたのが、今より僅かに五十年以前の状態でありました。甲州と乙州とはおろか、同じ乙州でもアールとセンダーに於ても、シエルとアンターとの間に於ても、全く敵国の状態で、所謂郷関を一歩出づるが最後、生命の保証が出来ないやうな実状で御座いました。そればかりか、各自腰に秋水を帯び家を出づれば男子は七人の敵ありと覚悟して居るのが武士道の尊い所と謂はれ、神国魂の精華としられて居りました。又武士は切捨御免と言つて、平民を切り殺す位なことは武士の普通の特権とさへ見られて居つたのです。現に今より三十年前に有つても、甲州人とか乙州人とか言ふ言語には、如何にもヨソヨソしい意味を以て居つたのです。又今日と雖も官吏とか、平民とか云ふ言葉には、一種の強固な障壁が築かれてある様な感じを与へて居ります。私共の父即ち維新の戦ひに参加した人達は、常に私共の子供の時代を見て、今日の青年や子供は大変に柔順になつたと言つて驚いた位です。私共の子供の時分はそれでも他の町村内の子供に対しては一種の敵意を持つて町村と町村との子供の喧嘩は余り珍らしいものではありませぬでした。他町村の子供を見て石瓦を投げ付け、怪我をさせて快哉を叫ぶ事なぞは普通の事としられて居りました。それ位だから、維新前即ち三百諸侯の各地に割拠して絶えず争つて居た時代は、中々殺伐なもので有つた事は、古老の談話を聞いて見れば驚かされる位であります。それが今日では子供の喧嘩でさへ頗る珍らしくなつて来ました。町村の子供と町村の子供とが互に敵視する様なことは、今日の子供には想像が付かない様になりました。是は何の為かと考へて見れば、高砂島の三百諸侯の我利我利連が一天万乗の大君の思召によつて何れも前非を悔い、帰順の誠を輸して大君の下に畏服し、一切を投げ出して了つたからでありませう。それが為に人心大に和らぎ、四方平等的の精神が国民の間に貫流する様になつたので御座います。何が野蛮だと言つても、互に敵意を持つて争ふ程野蛮なことは有りますまい。故に野蛮人とは其親愛の範囲の極めて狭小なるものを意味し、文明人とは親愛の範囲の極めて広大なるを意味するものとすれば、貴団の如きは実に世界に先んじて文明の中の大文明の花を開かせ玉ふたものと、衷心より感謝に堪へない次第で御座います。大慈大悲の大神様は全地上の世界をして、天国浄土と為し、万民に安息と栄光を与へむが為に三千年の御経綸を遊ばして、今や高砂島に聖跡を垂れ玉ひました。そして大神の元の御屋敷たる此エルサレムに御降臨遊ばす、その準備として瑞の御魂の聖主を下し、万民の罪を贖ひたまふこととなつたので御座います。又神の選民たるイスラエル民族の方々が主唱者となつて各国の人々をこの聖地に集め、メシヤの再臨を信じてアメリカンコロニーの如き立派な殿堂を作られて居られる事は、私に採りまして実に何とも言へぬ有難い嬉しい頼もしい事だか判りませぬ。願はくは私もこの聖団員の一人に加へて頂きますれば、身の光栄是に過ぎませぬ。アヽ惟神霊幸倍坐世』
と拍手の内に勇まし気に降壇した。老紳士は直に登壇して、
『只今聖師のお話によつて、今回の聖地御出向も了解いたしました。この団員も定めて私と同じ御意見だと思ひます。個々分立して日に夜に争闘の絶間が無かつたと云ふ高砂島が、今より五十年以前に於て統一せられ、又厳瑞二柱の救世主が現はれたまふたのも、メシヤ再臨世界一体の大神様の深遠なる御経綸で御座いませう。国内の凡ての障壁が取り除かるる事によつて、今日の向上と繁栄を来たす事になつた以上は、猶も進んで世界中が争闘を止めて相親愛し、各国各人種などと云ふ根本的敵愾心を取り去る事によつて、人類の文化は神聖なものとなり之と同時にその福利の程度も大変に高めらるること疑なき真理であります。要するに吾々お互の親愛の範囲の大小によつて、野蛮ともなり文明ともなるのです。世界の平和を来さむがため、即ち五六七の神政出現のためには、各国国民間の有形と無形の大障壁を第一着に取り除かねば駄目です。この挙に出ずして世界の平和、五六七神政の成就を夢みるは恰も器具を別々にして、水の融合を来さうとするものと同様の愚挙では有りますまいか。それ故、吾々団体員は世界に率先して平和の真諦を示し、メシヤ再臨の準備に従事して居るもので御座います。今日は高砂島の聖師の御来着によつて、私は神界の御経綸の洪大無辺なるに感喜の余り、茲に一言蕪辞を述べ御挨拶に代へました。何うか団員諸氏もこの聖師と共に空前絶後の大神業の完成に尽されむ事を希望いたします』
と悠然として演壇を下つた。団員一同は拍手してスバツフオード聖師の説に賛同し和気藹々として堂に溢るるばかりであつた。今迄うつむき勝で感涙に咽んで居たマグダラのマリヤは、やをら身を起してツカツカと演壇の上に立ち上り、謹厳な態度を以て一場の演説を始めかけた。一同は拍手してマリヤの講演を迎へた。
『妾は只今両聖師の御演説を承はりまして、大に心強く感じました。海洋万里の遠方から遥々御越しになり、エルサレムの停車場前の街路に於て妾と会合されました事は実に奇蹟中の奇蹟だと考へます。ブラバーサ様は全く神様の御使命を帯び、メシヤ再臨の先駆として御光来になつた事は寸毫も疑ふ余地は御座いませぬ。妾は皆さまと共に世界万民の為に、聖師の光臨を祝し且つ満腔の喜悦に堪へないので御座います。メシヤの降臨キリストの再臨、五六七神政成就とは名称こそ変つて居りますが、要するに同じ意味だと考へます。斯る目出度き世界になるのも全く神様の御経綸で御座いますが、その神業に奉仕する生宮が現はれなくては成りませぬ。先づ第一に神の子神の生宮たる吾々は、世界にあらゆる有形無形この二つの大なる障壁を取り除かねばなりませぬ。有形的障害の最大なるものは対外的戦備≪警察的武備は別≫と国家的領土の閉鎖とであります。又無形の障壁の最大なるものとは、即ち国民及び人種間の敵愾心だと思ひます。又宗教団と宗教団との間の敵愾心だと思ひます。此世界的の有形の大障壁を除く為には先づ無形の障壁から取り除いて掛らねば成らないと思ひます。聖キリストは天国は爾曹の内に在りと言はれて居ます。聖アブデユル・バハーは世界の平和の人々の心の内に建てられねば成らぬと教へられて居ます。仏陀は慈悲の心を十方世界に拡めて限界を設けるなと教へられて居ます。ツルク聖主の御示教も先づ第一に世界人類の和合を以て五六七神政成就の絶対条件として居られます。神聖とか精神とか霊的とか申すことは、別に不可思議な神秘なものでは無く、人類愛の心即ち他の国民や人種に対して少しの障壁も築かず、胸襟を披いて自分の友人に対すると同様に友愛の心を持つ事で御座います。この障壁をなす唯一の根元は自己心と自我心です。幸に我聖団は自己自愛の心を脱却し、唯何事も大神様の御心に任す人々の集まりで御座いますから、大神様も御嘉賞遊ばして遥々と高砂島から聖師を招き、我々の聖団に与へて下さつたものと厚く深く感謝する次第であります。アーメン』
 マリヤは茲まで演じ了り、一同に向つて軽く一礼しながら壇を降る。拍手の声は急霰の如く場の外まで響き渡つて居る。
 アヽ惟神霊幸倍坐世。
(大正一二・七・一〇 旧五・二七 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki