王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第64巻下 山河草木 卯の巻下
文献名2第4篇 清風一過よみ(新仮名遣い)せいふういっか
文献名3第21章 不意の官命〔1827〕よみ(新仮名遣い)ふいのかんめい
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-05-25 08:29:14
あらすじ
主な人物お花、ヤク、守宮別、お寅、高等係(警察)、ホテルのボーイ 舞台僧院ホテルの三号室 口述日1925(大正14)年08月21日(旧07月2日) 口述場所丹後由良 秋田別荘 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年11月7日 愛善世界社版274頁 八幡書店版第11輯 598頁 修補版 校定版279頁 普及版63頁 初版 ページ備考
OBC rm64b21
本文の文字数3535
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  カトリックの僧院ホテルの第三号室には、ヤクが身体の傷も八九分通り全快したのでチョコナンとして一人留守番をしてゐる。そこへ慌ただしく帰つて来たのは、あやめのお花であつた。
『ヤ、お前はヤク、よう、マア神妙に留守をしてゐて下さつたな。私の留守中に、お寅や綾子は来なかつたかな』
『ハイ鼠一匹、生物と云つては、来たものは厶いませぬ』
『守宮別さまは、どこへ行つたのだい』
 『ヘー』とヤクは頭を掻き乍ら、
『奥様の御入院中、お寅さまがおいでになり、何だか嬉しさうにコソコソと話をして居られましたよ』
『ナーニ、お寅が来た?』
と早くも顔に血を上げて逆上しさうになる。
『もしもし奥さま、来るは来ましたがね、旦那さまに小ぴどく肘鉄を喰まされて、実は、コソコソと逃げて去にましたよ。ソリヤ、どうも気持がよいの、よくないのつて、溜飲が三斗許り下つたやうでしたがな』
『イエイエ、そら、嘘だよ。先の嬶は嘘つかぬと云つてな、お前が初めに云つた言葉が事実だらうがな。ソンナ気休め文句にごまかされて、機嫌を直すやうなお花ですかいな。ヘン、お前迄がグルになつて、人を馬鹿にして下さるなや』
『ハイ、トツト、モウ、ネツカラ、ハイ、何ですな。ソノ、アノ、それそれ、あの何ですわい』
『これ、ヤク』
と云ひ乍らお花は、煙管で火鉢の框をカンと叩き、
『お前のやうなガラクタ人間はトツトと帰つて下さい。月給をやる所か、ここの支払ひもチヤンとして帰りなさいや。もうお前には用はないからなア』
とツンとして横を向く。ヤクは俯向いて頭をガシガシとかいてゐると、階段をトントンと響かせ乍ら、帰つて来たのは守宮別である。お花は一目見るより武者振りつきグツと胸倉を取り、声をふるはせ乍ら、
『コヽヽこりや、真極道奴、人を馬鹿にするにも程があるぢやないか。こりやガラクタ、今日は、どこへ、うろついて居つた。あからさまに白状せぬかい』
『こりやこりや、お花、さうやかましう云つても仕様がないぢやないか。マアそこ放してくれ。俺やお前が橄欖山へ詣つたと聞いて、後を追つかけて来たのだが、ネツカラ姿が見えないので、ここへ帰つて来たのだ。それより外は、どつこへも行つては居ないのだからな』
 お花は胸倉を一生懸命に掴み、こつき乍ら、
『こりや極道、人を盲にするにも程がある。お寅と自動車に乗り、宣伝歌を歌つてけつかつたぢやないか。エーエ、辛気臭い、私やもう之から国許へ帰る。お寅と意茶ついてお暮しなさい』
『そら、さうだ。俺も実は自動車に乗る事は乗つた。然し、之には曰く因縁があるのだ。お寅の奴、失敬千万な、俺とお前が結婚したのを遺恨に持ちよつてな、お前と俺との宣伝歌を作つて、歌つてるので、業腹で堪まらぬから、自動車からつき落してやらうとヒラリと乗つた所、お前の姿を見たものだから、町をあちこちと探して帰つて来たのだよ。さう悪気をまはしちや、俺だつてやりきれないぢやないか』
『成程、さう聞きやさうかも知れませぬね』
とパツと手を放す。
『ア、これで先づ先づ無罪放免だ。お花大明神、否々木花咲耶姫命様、ようマア助けて下さいました。有難う感謝致します』
『オホヽヽヽ、そしてその宣伝ビラは、お前さま持つてゐるのかい』
『イヤ、慌てて一枚も、ヨウ、とつて来なかつたのだ。然し歌の文句は覚えてゐるよ』
『何分記憶のよい守宮別さまだから、覚えてゐらつしやるのでせう。一寸ここで歌ふて聞かして下さいな』
『よしよし、腹立てなよ』
と云ひ乍ら、口から出鱈目の宣伝歌を謡つて見せる。
『打てよ懲せよ守宮別を、  打てよ懲せよ、あやめのお花
 彼奴二人のガラクタは  この世を乱す悪神だ
と、このやうな事を吐しよるのだよ。怪しからぬぢやないか。一体お寅の奴、半狂乱になつてゐるのだからなア』
『成程、ひどい事を云ひますね、サアその次を聞かして下さいな』
『守宮別の大広木  偽乙姫のお花奴が
 大きな山子を企らみて  新ウラナイの教をば
 立てて誠のウラナイ教  この霊城を覆へし
 天下を取らうと企みゐる  鬼より蛇よりひどい奴
 覚めよ悟れよエルサレム  老若男女の人々よ
 誠の誠の神柱  日の出神より外にない
と、コンナ事を吐しよつてな、本当に腹が立つたものだから、一寸自動車に乗りこみ談判してゐたのだ。お寅の奴、挺でも棒でもいく奴ぢやないわ』
『挺でも棒でも、いかぬ、そのお寅さまが恋しいのだもの、私が知らぬかと思つてコツソリと密約を締結したのでせう。何程孫呉の兵法を用ゐて、お花さまをちよろまかさうと思つても、此一万円は一文の生中も渡しませぬよ。ホヽヽヽ。この宣伝ビラはどうです』
と懐から四五枚、放り出して見せる。
『成程、こりや……お寅の……撒いたのぢやなからう、文句が違ふぢやないか』
『お寅が撒いたのぢやありませぬよ。守宮別と云ふガラクタが撒いたのですよ。サアこれでも返答が厶いますかな、イヒヽヽヽヽ』
『イヤ、降参した、お前にやもう叶はぬわい。堪へてくれ、今日限り改心するからな』
『ヘン、どうなつと、勝手になさいませ。改心せうと慢心せうと、お前さまの魂だもの、私はもう愛憎が尽きました。以後はモウ関係は致しませぬ。これから国へ帰つて、お前やお寅さまの脱線振を、傘に傘をかけて吹聴しますから、その積りで居つて下さい、ホヽヽヽヽ』
 守宮別は言句も出ず、当惑してゐると、そこへ自動車を横づけにして登つて来たのは、お寅である。お寅は一時気絶してゐたが、医師の看護によつて忽ち全快し、又もやお花が守宮別を捉へて、脂下つてゐないかと、取る物もとり敢ず、やつて来たのである。
 お寅は此態を見て、
『これはこれはお花さまで厶いますか、何とマアお仲のよいこと、ホヽヽヽ、実にお羨ましう厶いますわいな』
 お花は悪胴を据ゑ、お寅を尻目にかけ乍ら、
『お寅さま、何程愛嬌をふりまいて下さつても駄目ですよ。一万両の金は私のものですから、御用に立てる訳には行きませぬわい。ようマア守宮別さまと、ここ迄深く企んで下さいましたね。流石は私の師匠に一旦なつて下さつた生宮様丈あつて、凄い腕前、実に感服致しました。サアサアこの動物を、勝手に喰わへて帰りて下さい、私には、チツとも未練が厶いませぬから』
 守宮別は「この動物」と云はれたのを耳に、はさみ、ムツト腹を立て、
『コーリヤ、従順くしてゐればつけあがり、一人前の男子をば、動物とは何だ』
と拳固をかためて打つてかからむとする。お花は平然として、
『ホヽヽヽ、弥之助人形の空踊り、鬼の面を被つて人を驚かすやうな下手な真似はなさいますなや。アタ阿呆らしい。ソンナ事でヘコたれるお花ですかいな。お寅婆と一緒に企みた芝居も、かう楽屋が見えては、ヘン、お気の毒さま。むしろ私の方から同情の涙を注ぎますわいな。イヒヽヽヽヽ』
『これ、お花さま、あまりぢや厶いませぬか。十年も私の側に居つて、まだ、私の心が分らないのですか』
『どうも分りませぬな。手練手管のあり丈を尽し、千変万化にヘグレてヘグレておへぐれ遊ばすヘグレ武者、へぐれのへぐれのヘグレ神社の生宮さまだもの』
 斯く互に毒ついてゐる所へ、エルサレム署の高等係が二人の巡査と共に入り来り、
『守宮別さまに、一寸お目にかかり度いから取次いで下さい』
 階下にシヤガンでゐたボーイは、米搗バツタ宜しく、もみ手をしたり、腰を幾度も屈め乍ら、
『ハイ、畏まりました』
と先に立ち三号室へ案内した。
『エー、ン、お気の毒乍ら本署より守宮別さま、お寅さま、お花さまに対し、聖地の退去命令が出ましたから、どうか此書面に受印をして下さい』
『コリヤ怪しからぬ、退去命令を受けるやうな悪い事をした覚えは厶いませぬがな』
『兎も角、この指令書を読んで御覧なさい。……聖地の風儀を紊し、治安に妨害ありと認むるを以て、三日以内に聖地を退却すべし。万一拒むに於ては刑務所に三年間投入すべきものなり。……と記されてあります。お気の毒乍ら用意をして貰はねばなりませぬ』
と三人から受印を取り、靴音高く階段を下りかへり行く。
(大正一四・八・二一 旧七・二 於由良秋田別荘 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki