王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻
文献名2第4篇 神仙魔境よみ(新仮名遣い)しんせんまきょう
文献名3第18章 白骨堂〔1674〕よみ(新仮名遣い)はっこつどう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2018-04-06 15:00:12
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年07月17日(旧06月4日) 口述場所祥雲閣 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1926(大正15)年4月14日 愛善世界社版203頁 八幡書店版第11輯 682頁 修補版 校定版213頁 普及版92頁 初版 ページ備考
OBC rm6518
本文の文字数3119
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  三千彦は、山野を渉り谷を越え、漸くにして仙聖山の阪道に取りかかつた。これは仏者の云ふ所謂十宝山の一つである。さすがアルピニストの三千彦も、長途の旅に疲れ果て、仙聖山の頂を眺めて吐息をついて居る。
三千『あゝ漸く此処迄山野を渡り、やつて来たものの、何処かで道を取り違へ、仙聖山の方へ来て仕舞つたやうだ。どこにも家は無し、声するものは鳥の声と獣の声ばかりだ。実に淋しい事だわい。三千彦は健脚家だと、玉国別様に褒められたが、かう酷い山阪を当途もなしに跋渉しては、もはや弱音を吹かねばならなくなつて来た。二つのコンパスは何だか硬化しさうだ。どこか此処辺でよい雨宿りがあれば息を休め運を天に任して、月の国の名山を跋渉し山頂から見下ろし、エルサレムの方向を定めて往く事にせう。それについてもデビス姫、ブラヷーダ姫は繊弱き女の足、定めし困難して居るだらう、併し乍らブラヷーダ姫はハルセイ山で泥棒に出逢つた時の度胸、実に見上げたものだつた。あれだけの勇気があれば、屹度無事に往くであらう。夫れよりも今は自分の体を大切にして、往く所迄往かねばなるまい。どこかよい木蔭があれば休む事にして、まだ日の暮に間もあれば一つ登つて見よう』
と独りごちつつ、形ばかりの細い道を、右に左に折れ曲りつつ登りゆく。
 日は漸く高山の頂にさしかかり、大きな影が襲ふて来る。道の傍に一つの白骨堂が立つて居る。三千彦はつと立ち留まり、
三千『ハテ不思議だ。こんな所に白骨堂が立つて居る以上は、此の山の上に人の家が立つて居るだらう。先づこの堂のひさしを借りて、今宵一夜を過ごさうかなア』
と言ひつつ俄に勇気を鼓して、細い天然石の階段を登り白骨堂に近づいた。見れば一人の女が細い声を出して何事か祈つて居る。三千彦は訝かりながら足音を忍ばせ、白骨堂の密樹の蔭に身を潜ませ、女の祈りを聞いて居た。

『憐れ憐れ吾命白く荒廃せり
    ○
愁へる異端者の胸に
虐の力を悲しく受けて泣く
忍従と犠牲の痛ましさ。
    ○
蒼白き中に吾も彼も朽ちて行く
其幻滅の果敢なさよ
    ○
恋もなく友もなし
悲しくあえぎて恋も忘れ友も忘れむ
一人行く生命の原に
唯横たはる黒き暗闇
父よ母よ オーそして兄弟よ
身失せたまひし吾背の為に
世の中のすべて滅行くものの為に
大空包む天の空に健かなれ
    ○
白き生淋し
果敢なく淋し
あはれあはれ亡き人あはれ』

 斯く悲しげに謡ひ終り、徐に懐中より懐剣を取り出し、淋しげにニヤリと笑ひ、顔の写るやうな刃口をつくづく打ち眺めながら、
『オー、願はくは吾等を作りたまひし皇神よ。百の罪汚れを許し給ひて、吾身魂をスカーワナ(安養浄土)へ導きたまへ』
と云ふより早く、今や一刀を吾喉に突立てむとする。三千彦は吾を忘れて飛び出し、矢庭に腕を叩いて短刀を打ち落した。女は驚いて三千彦の顔をつくづく眺め、唇をびりびり慄はせて居る。
三千『これこれお女中、短気を出しちやいけませぬ。何の為めに此結構な世の中を見捨てようとなさるのか、まづまづ気を落着けなさい。吾は三五教の宣伝使三千彦と申すもの、神の御命令を受けてエルサレムに参る途中道踏み迷ひ、此処迄出て来た所幽かに白骨堂が見えるので、一夜の宿をからむものと来て見れば貴女の今の有様、これが何うして黙言て見て居られようかとお止め申た次第で厶います。何程辛いと云ふても死ぬには及びますまい。先づ先づお静まりなさいませ』
女『ハイ、有難う厶います。妾は此山奥に住まひして居りまする、小さき村の女でスマナーと申します。親兄弟夫には死に別れ、頼る所もなく、又村人の若い男等が種々様々の事を云つて、若後家の貞操を破らせうと致しますから、一層の事親兄弟、夫の後を追ふて安楽世界へ参らうと存じ、祖先の遺骨の納めてあるこの白骨堂の前で、自刃せむと致した所で厶います。もはや此世に在つても何の楽しみもなき妾、悪魔の誘惑にかかつて罪を作らうより、夫の後を慕ふて極楽参りをせうと覚悟を定めました。どうぞお止め下さいますな』
 三千彦は涙を払ひ声を曇らせて、
三千『貴女のお言葉も一応尤もながら、貴女が一人残されたのも神界の御都合でせう。貴女が自殺すると云ふ事は罪悪中の罪悪ですよ。止むを得ずして命が終つたなら天国に往けませうが、吾身勝手に命を捨てたものは天国へは往けませぬ。屹度地獄に往きますから、お考へ直しを願ひます』
スマナー『自殺を致しましたら、どうしても天国へは行けませぬか、はて困つた事で厶いますなア』
三千『貴女は今承はれば、親兄弟、夫に先立たれたと仰有いましたが、それや又どうして左様な事になられたのですか。貴女が今自害して果てたなら、親兄弟、夫の菩提を弔ふものは誰も厶いますまい。さすれば却て親に対し不孝となり、夫に対して不貞となるでせう』
スマナー『ハイ、御親切によく言つて下さいました。貴方の御教訓によつて妾の迷ひも醒めました。何分宜しくお願ひ申します。妾の家は此小村では厶いますが、夫はバーダラと申し、村のたばねをして居りましたもので、家屋敷も可なりに広く、財産も相応に厶いますが、半月程以前に、虎熊山に山砦を作つて居る大泥棒の乾児タールと云う奴が、十数人の手下を引きつれ夜中に忍び込み、家内中を鏖殺に致し、宝を奪つて帰りました。其時妾は、押入の中に布団を被つて都合よく匿れましたので、生き残つたので厶います。其後は村人の世話になつて親兄弟の死骸を荼毘に附し、此堂に白骨を納めて、相当のとひ弔ひを致しましたが、何となく其後は心淋しくなり、又いろいろの若い男が煩さくて、死ぬ気になつたので厶います』
 三千彦は涙を流し乍ら、スマナーの背を三つ四つ撫でさすり声も柔しく、
三千『スマナー様、承はれば承はる程同情に堪へませぬ。併し乍ら斯うなつた上は最早悔んでも帰らぬ事、これから一つ気を取り直し、神様にお仕へになつたらどうですか』
スマナー『ハイ有難う厶います。併し乍ら妾の村は五六十軒の小在所で厶いますが、先祖代々からウラル教を信じて居りますので、俄に貴方のお道に入る事は到底出来ますまい。折角のお言葉で厶いますが、何程妾が信じましても、三百人の村人が承知せなければ駄目で厶いますからなア』
三千『決して決して左様な事に御心配は要りませぬ。何れの教も誠に二つはありませぬ。又神様は元は一柱ですから、ウラル教でも宜しい。貴女が今死ぬる命を永らへて比丘尼となり、祖先を弔ひ、又村人を慰め、この山間に小天国をお造りになればよろしいでは厶いませぬか』
スマナー『左様ならば、何事も貴方にお任せ致します。どうぞ一度妾の淋しき破屋にお越し下さいますまいか』
三千『それは願うてもない仕合せで厶います。知らぬ山道に往き暮れて、宿るべき家もなし、体は疲れ、困つて居つた所で厶いますから、厚面しうは厶いますが、今晩は宿めて頂きませう』
スマナー『早速の御承知有難う厶います。左様ならば妾が御案内を致しませう』
と白骨堂の階段を下り、再び阪道を四五町下り、右に折れ、樹木茂れる山道を辿つて、奥へ奥へと進み入る。
 夏とは云へど樹木覆へる谷川の畔の道を行く事とて、身も慄ふ許り寒さを感じた。
(大正一二・七・一七 旧六・四 於祥雲閣 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki