王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻
文献名2第1篇 月の高原よみ(新仮名遣い)つきのこうげん
文献名3第4章 里庄の悩〔1686〕よみ(新仮名遣い)りしょうのなやみ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物【セ】ジャンク(タライの村の里庄)、インカ(コマ村の侠客)、タクソン(ジャンク家の旧臣)、セール(ジャンク家のしもべ)、照国別【場】梅公、照公、エルソン【名】ジャンクの妻、大自在天大国彦、スガコ姫(ジャンクの娘)、サンダー(スガコ姫の許嫁、マルクの息子)、マルク(コマ村の里庄)、大足別、タクソンの妻、照国別、アンコ、バンコ、国王、国王の使い 舞台タライの村の里庄ジャンクの家 口述日1924(大正13)年12月15日(旧11月19日) 口述場所祥雲閣 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1926(大正15)年6月29日 愛善世界社版51頁 八幡書店版第11輯 748頁 修補版 校定版51頁 普及版67頁 初版 ページ備考
OBC rm6604
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  タライの村の里庄ジャンクは重なる悲運に悄然として奥の間に火物断ちをなし、顔色青ざめ、殆ど此世の人とは見えぬ迄にやつれ乍ら二絃琴を弾じて、心の煩悶苦悩を慰めてゐた。
ジャンク『久方の、空すみ渡り日月の  光は清く万有を
 照らし玉へど醜神の  其勢の猛くして
 真澄の空も瞬間に  墨を流せし常暗の
 淋しき世とはなりにけり  地には百草繁茂して
 紫紅赤白の  目出たき花は遠近と
 所狭き迄咲匂ふ  さながら花の莚をば
 布きし如くに見ゆれ共  天に叢雲花に嵐
 静な波も風吹かば  海の底ひも白波の
 立髪ふるひ大津辺の  岸に噛みつく世の習ひ
 天国浄土と頼みてし  タライの村の吾家も
 世の変遷にもれずして  柱と頼む吾妻は
 十年の前に病気の  身を横たへて幽界に
 果敢なき旅をなせしより  忘れがたみの一人娘を
 家の杖とし力とし  這へば立て立てば歩めと朝宵に
 心を配り育くみて  漸く二九の春迎へ
 ヤレ嬉しやと思ふ間も  なくなく醜の荒風に
 吹きまくられて情なくも  後に残りし吾独り
 天に歎き地に哭し  呼べど叫べど行方さへ
 空白雲の当もなく  無限の涙干もやらず
 憂きに苦む吾不運  憐れみ玉へ自在天
 大国彦の御前に  偏に願ひ奉る
 此家の柱と頼みてし  スガコの姫は今いづこ
 雨の夕や霜の朝  心痛むる足乳根の
 父の心を思ひ出て  胸に万斛の涙をば
 湛へて苦みゐるならむ  さは去り乍ら吾娘
 如何なる曲に捉はれて  苦み悩みあるとても
 神の賜ひし玉の緒の  命の此世に在る限り
 日頃頼みし家の子を  四方に遣はし所在をば
 尋ね出して老の身の  涙にぬれし衣手を
 天津御空の日のかげに  乾かし喜ぶ事もあらむ
 それを一途の望みとし  老の命を永らへて
 味なき月日を送るなり  憐み玉へ自在天
 仮令天地は失するとも  忘れ難きは恩愛の
 吾子を思ふ赤心に  まさりしものはあらざらむ
 あゝなつかしやなつかしや  夢になり共スガコ姫
 恋しき父よと一言の  言あげせよや惟神
 神の恵の深ければ  又も逢瀬の川波の
 会うて流るる愛の海  救世の舟に救はれて
 父の館へイソイソと  帰り来ませよ吾は汝の
 身魂の幸を祈りつつ  朝な夕なに歎くなり
 あゝ惟神々々  神霊の恩頼を願ぎまつる』
 かかる折しも玄関番に導かれて隣村の侠客インカが隔ての襖を押しあけ、叮嚀に辞儀をし乍ら、
インカ『エー、旦那様御免下さいませ』
 此声にジャンクは琴の手を止めて、涙をかくし乍ら、
ジャンク『ヨー、ア、其方は、音に名高き隣村の侠客インカ親分であつたか、ヨウ、マア来て下さつた。そして御用の筋はどんな事かなア、早く聞かしてもらひたい』
インカ『ハイ、お嬢様の御行方を探し求め、一日も早く旦那様に喜んで頂かうと思ひ、五十人の手下を遠近四方に間くばり、大捜索を致しましたが、今にお所在は分らず面目次第は厶りませぬ。貴方の御心中は此インカ御察し申します』
ジャンク『ア、それはお心を煩はし、誠に申訳がありませぬ。何れ貴方の御威光と御親切によつて、娘のスガコはやがて帰るで厶いませう。何卒々々宜しう願ひます』
インカ『ハイ、承知致しました。面目次第も厶いませぬが、痩てもこけても、遠近に名を売つた侠客の私、力の限り活動を致し、お心に副ふ様努めるで厶いませう。併しかかるお歎の央へ、又もや御心配の事を申上るのは私の身に取つて、実に心苦しい次第で厶いますが、お嬢さまの許嫁のサンダー様は、日夜怏々として楽まず、遂には御行方が分らなくなり、お父上マルク様より私に捜索方を依頼され、これも又二三日前から骨を折つて探してゐますが、どうもお行方が分りませぬので、私の顔も台なしで厶います』
ジャンク『何、マルクさまの御子息が、行方不明とな。左様な事が……出来てゐるのなら、これ程眤懇な間柄、なぜに直ぐに知らしに来て下さらなかつたのだらう。サテ不思議な事だなア』
インカ『実の所は、マルクの旦那様も直様御通知遊ばす筈で厶いましたが、旦那様が嬢様の事に就いて御心配の最中へ、こんな話を申し上げたら、嘸お力おとしをなさるだらうと思召され、ソツと人知れず捜索を始められ、御子息のサンダー様が御帰りになりさへすれば、それで貴方様に御心配をかけるに及ばないと、今迄包んでゐられましたので厶いますが、どうしても行方が分らぬとすれば、当家の御養子と定まつたサンダーさまの事で厶いますから、旦那様に報告せずには居られないので、今日は私に「一寸、お使に行つて来てくれぬか」との御頼み、罷出ました次第で厶います』
ジャンク『何と、憂が重なれば重なるものだなア。吾娘の紛失といひ、許嫁の養子サンダーの行方不明といひ、あゝ天道は是か非か。かく迄歎きの打重なるものだらうか、如何なる宿世の罪業かは知らね共、これは又余り惨酷だ、あゝ』
と吐息をつき差俯き、熱い涙をポロリポロリとおとしてゐる。
インカ『お歎は御無理も厶いませぬが、歎いて事のすむものでも厶いませぬ。先づ心を落つけなさいませ。きツと神様が御助け下さるでせう』
ジャンク『ヤ、有難う、悔んで帰らぬ事を、又しても年老の愚痴、つい涙がこぼれるのだ、アハヽヽヽヽヽ。これもしインカさま、サンダーはバラモン軍に捉はれたのではありますまいか』
インカ『神ならぬ身の吾々、何うとも申上げかねますが、サンダー様は何時も女装をしてゐられますから、大足別の軍勢が女と過つてつれ帰つたのかも知れませぬ。私も一身を賭して、バラモンの陣中に駆け込み、実否を査べむかと存じますけれど、何を云うても目に余る大軍、血に飢ゑたる虎狼共の群、可惜犬死を致すよりも……と存じ、卑怯かは知りませぬが、何とかして安全にお救ひ申したいと苦心惨澹の最中で厶います。義を見ては命を惜まぬ侠客なれど、目的も達せずに犬死するは、男子の意気でも厶いますまい。湧きかへる胸を抑へて、時を待つて居るやうな次第で厶います。併し邪は正に勝つものぢや厶いませぬ。きつとお嬢様もサンダー様も無事にお帰りなさるでせう。心丈夫にお待ちなさいませ』
ジャンク『ハイ、弱肉強食の暗の世の中、誰にたよる術もなき腑甲斐なき里庄の身、只貴方様を唯一の助け神として、細き息の根をつないで居ります。何分宜しく願ひます』
 斯く話す所へ旧臣のタクソンは慌しく入来り、頭を畳にすりつけ乍ら、
タクソン『旦那様、御愁傷の程御察し申し上げます。まだ嬢様のお行方は何の便りも厶いませぬか』
ジャンク『ア、其方はタクソンか、よう来て下さつた。娘の行方に付て、今インカ親分と相談をしてゐた所だ。お前も大切な女房を取られ、さぞ心配してゐるだらう』
タクソン『旦那様、勿体ない其お言葉。私の女房なんか、物の数でも厶いませぬが、大切な、只お一人の嬢様を、お捕られ遊ばした旦那様のお心、立つても居てもゐられないで厶いませう。早速御見舞に参り、嬢様の御在所を探し出さねば済まないので厶いますが、バラモン軍の跋扈跳梁の為に、吾女房はかつさらはれ、又村の妻女は残らず毒手にかかり、阿鼻叫喚の地獄の有様で厶いますから、旦那様にはすまぬ事とは知り乍ら、其方に手をとられ、いろいろ善後策を講じ、つい、御無沙汰を致しました』
ジャンク『ナニ、そんな心配はしてくれな。お前も村人の為に非常に力を尽してゐるといふ事を聞いて、蔭乍ら私も感涙にむせんでゐたのだ。私の娘はどうでもよい。村の災難を救ひさへすれば、之にまさつた喜びはないのだ』
タクソン『旦那様の慈愛に深き其お言葉を、村人が聞いたなら、さぞ喜ぶ事で厶いませう。私も貴方のお言葉は神の慈言のやうに心にしみ渡り、有難さ勿体なさ、自然に落涙を致します。あゝ時にインカの親分さま、御親切に有難う御座います。どうかお嬢様の為に一臂の力をお添へ下さいますやう、旦那様に代り、お願申します』
 インカも涙ぐみ乍ら、許嫁のサンダーが又もやさらはれたといへば、歎の上に歎をかさねる道理だ。此タクソンには知らさない方が可いだらうと思つたから、サンダーの事は口にせず、
インカ『お嬢様の事は御心配下さいますな。キツト神様がお救ひ下さるでせう。又私も神様のお力に仍つて最善の努力を尽さして頂きませう』
タクソン『ハイ有難う厶います。モウ斯うなれば、神様に何事もおすがりするより途が厶いませぬ。時に、旦那様、インカ様、お喜び下さいませ。斎苑の館より派遣されたる三五教の宣伝使、照国別といふ活神様が此村にお出でになり、サンヨの家にお立寄り下さいまして、婆さまの危難をお救ひ下され、其上、バラモンの悪神を言向和してやらうと仰有いましたので、吾々の奉ずる宗旨は違ひますけれど、神の助に二つはないと存じ、お願致しまして、只今当家の玄関迄お伴を致しました。宣伝使にお尋ねになつたならば嬢様の所在も判然するだらうかと存じましたので、旦那様に照会もせず、だしぬけに、失礼ながら御案内申して参りました』
ジャンク『ナニ、三五教の宣伝使様を御案内申して来たといふのか。あ、何はともあれ大自在天様の御引合せだらう。サアサア玄関にお待たせ申してはすまない。早く奥へ通つて頂くやうに……セールは居らぬか、セール セール』
 呼ばはれば『ハイ』と答へて、セールは此場に現はれ、
セール『旦那様、何の御用で厶いますか』
ジャンク『お前は、玄関にお客様が見えてゐるのを知らぬのか、早くお迎へ申して来い。玄関番もせずにどこへ行つて居つたのだ』
セール『ハイ、誠に不都合を致しました。実は表門に当つて、騒々しい声がしますので取る物も取敢ず行つてみれば、アンコ、バンコの大喧嘩、バンコは鉄拳をくらつて気絶致しましたので、いろいろと介抱を致し、漸く蘇生させましたが、どうやらすると再び昏睡状態に入り相なので、目も放されず介抱致してをりました。旦那様の御歎の央へ、かやうな下らぬ門番の争事迄申上げては済まないと存じ、差控えて居りました』
ジャンク『そりや怪しからぬ奴だ。アンコといふ奴は、酒くせの悪い男だからなア。併し何は兎もあれ、宣伝使を御案内申して来い』
 『ハイ』と答へて、セールは玄関に立現はれ、一同を案内した。照国別始め梅公、照公、エルソンの四人はジャンクの居間に、一礼を施し座に着いた。
ジャンク『これはこれは三五教の宣伝使様、賤が伏家を能くお訪ね下さいました。何分宜しく御願申します。私は此村の里庄を勤むるジャンクと申す者で厶います』
照国『お初にお目にかかります。此村の入口にてタクソンさまにお目にかかり、承はればお館にはお取込のお有りなさるといふ事、それを聞いては宣伝使の吾々、聞捨にもなりませぬから、御邪魔を致し、御機嫌を伺ひに参りました。何分神力の足らぬ、修業中の吾々で厶いますから、何もお間に合ひませぬが、神様のお力によりて、最善の方法を尽さして頂きたいと思ひます』
ジャンク『尊き有難き其御言葉、老木も若芽を吹出し、花に合ふ春陽の気が漂ふ様で厶います。此処に厶るお方はインカ親分といつて隣村の侠客で厶いますが、此方にもいろいろと御心配にあづかつて居るので厶います』
照国『あゝ、これはこれは、お初にお目にかかります。あなたが有名な侠客のインカ親分で厶いましたか。何卒お見知りおかれまして、今後は御眤懇に願ひます』
インカ『貴方様は、今承はれば尊き三五教の宣伝使様。ならず者の取締を致す野郎で厶います。どうか私のやうなケチな奴でも、男のはしくれと思召し、何卒お目をかけ下さいませ』
 斯かる所へセールはあわただしく此場に現はれ、
セール『旦那様に申上げます、今国王様のお使がみえまして厶います。如何取斗らひませうや』
ジャンク『ハテ国王様のお使とは何事だらう。何は兎もあれ、別殿に御案内申せ。すぐさまお目にかかるから……』
セール『ハイ畏まりました』
とセールは足早に玄関指して出てゆく。一同は面見合せ、何事の起りしならむかと不審の眉をひそめて居た。
照国別『三五の神のあれます上からは
  いかなる事もゆめな憂ひそ』

照国『世の中は相身互、まして四海兄弟と申しますれば、何卒御眤懇に願ひませう』
 ジャンクは小声で『ハヽヽヽヽヽ』と笑い乍ら、
ジャンク『先生様暫く失礼を致します。オイ、タクソン、お使にお目に掛つて来るから、お前は宣伝使様の接待をしてゐてくれ』
タクソン『ハイ承知致しました。勝手覚えし御家の中、御安心なさいませ』
ジャンク『タクソン、落度のないよう、御無礼をせぬ様に頼んでおくぞや』
と言葉を残し、別室に入つて、礼服を着用し、別殿さして進み行く。
(大正一三・一二・一五 旧一一・一九 於祥雲閣 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
超訳霊界物語 八人乙女(やたりおとめ)編 ~世界に間配られた16人のスサノオ・ファミリー
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki