王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻
文献名2前付よみ(新仮名遣い)
文献名3総説よみ(新仮名遣い)そうせつ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1924(大正13)年12月19日(旧11月23日) 口述場所教主殿 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1926(大正15)年8月19日 愛善世界社版3頁 八幡書店版第12輯 28頁 修補版 校定版3頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm670002
本文の文字数685
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  言霊別命の化身にして、照国別の従者と変化したる梅公宣伝使が、オーラ山に立籠つて、印度七千余国の統一を夢みてゐた山賊の張本、ヨリコ姫、シーゴー、並に悪僧玄真坊を言向和し、シーゴーはサンダー、スガコを助け、両人が親の所有地を托されて、開墾の事業に数千の部下と共に着手し、玄真坊は再び悪化して、三百の部下と共に姿を晦まし、ヨリコ姫及其妹なる花香は梅公司に導かれて、照国別の隊に合すべく、オーラ山の間道を渉り、ハルの湖の岸辺に着き、波切丸に身を任せ、スガの港へ渡る途中、海賊の襲来や、浮島の嶺の陥没や、船長とスガの港の富豪の娘ダリヤ姫との、数奇極まる関係などを描写し、次にタラハン国カラピン王に対する種々の奇怪な物語や、左守司たりしシャカンナが、タニグク山の山麓の岩窟に立籠つて、二百人の部下を集め、大望を企ててゐる所へ、悪僧玄真坊がダリヤ姫を拐かして乗込んで来る場面、並にカラピン王の太子が、新左守司の倅アリナと共に、山野の遊覧に出かけ、山奥に迷ひ込み、旧臣のシャカンナに、計らずも山奥にて邂逅し、絶世の美女スバール嬢に会つて、太子が恋慕の情を起し、其艶麗な姿を絵に写して帰城したる顛末や、太子が行方不明の為に王を始め重臣共の狼狽の有様等千変万化の経緯を、極めて簡明に口述しておきました。入蒙に際し最も因縁深き、並松の祥雲閣に於て、本巻を編み了つたのも、何かの因縁が結ばれてゐるのだらうと思ひます。あゝ惟神霊幸倍坐世。
   大正十三年十二月廿九日   於祥霊閣

 此日教主殿の床の間に安置したる紅葉宝石盛に水を噴き出す。早速神示により隣室床の間に遷す。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki