王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻
文献名2第1篇 美山梅光よみ(新仮名遣い)びざんばいこう
文献名3第2章 思想の波〔1704〕よみ(新仮名遣い)しそうのなみ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物【セ】甲、乙(25歳、5人兄弟、タライの村の住人)、丙(ヒルナの都の傍に住む、三五教の信者)、梅公、ヨリコ姫、花香姫【場】-【名】照国別、玄真坊、ヨリコ姫、瑞の御霊、国常立尊 舞台ハルの湖を進む波切丸 口述日1924(大正13)年12月19日(旧11月23日) 口述場所教主殿 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1926(大正15)年8月19日 愛善世界社版17頁 八幡書店版第12輯 35頁 修補版 校定版17頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm6702
本文の文字数5722
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  梅公はヨリコ姫、花香姫を伴ひ駒に跨り轡を並べて照国別の隊に合すべく、間道を選んでオーラ山の谷間を川に添ひ昼夜の区別なく猛獣の声や猿の健びに驚かされつつ、草を褥とし、立木を屋根となして幾夜を重ねオーラ山脈の東南麓に無遠慮に展開せるハルの湖の岸辺に着いた。
 此湖水は高原地帯の有名なる大湖水にして東西二百里、南北三百里と称へられて居る。湖中には無数の大小島が星の如くに配置され、各島嶼何れもパインの木が密生して世界一の風景と称へられて居る。
 梅公は数日間オーラ山の事件や、その他について日を費したので、此湖水を渡り近道を選んで師の軍に追付かむが為であつた。
 岸辺には七八艘の渡湖船が浮んでゐる。一行三人は最も新しき『波切丸』と云ふ巨船に乗移つた。波切丸には数百人の乗客があつた。折から吹き来る北風に真帆を孕ませ乍ら、男波女波をかき別けて船足静かに音もなく、進み行く。
 漸くにして船は岸の見えぬ地点まで滑つて来た。印象深きオーラの山脈は此湖水を境界として東西に長く延長し、中腹に霞の帯を〆め、その頂は雲の帽子を被つて、梅公一行の勇者を見送るの慨があつた。船中の無聊を慰むるために、数多の乗客は大部分甲板に出で、四方の風光を打眺めて、歌を詠んだり、詩を吟じたり、三々伍々首を鳩めて時事談に他愛もなく耽つてゐる。
 梅公外二人は興味を以て、素知らぬ顔して乗客各自が思ひ思ひの出鱈目話や脱線だらけの噂等をニコニコし乍ら聞いてゐた。乗客の一人は、
甲『もしもしお前さまは大変に元気さうな人だが、今度の戦には召集されなかつたのですかい』
乙『エー、私は二十五才の男盛りですが、悲しいことにや不具者だから徴兵を免除され、宅に燻つてゐましたが、どうも大抵のものは皆従軍し、あとに残つてゐるものは子供や爺嬶、それも綺麗な女房や娘はバラモン軍が掻ツさらへて行つた後だから、後に残された人間は婆か、お多福か、不具の男子、独眼に跛、腰抜、睾丸潰し、いやもう埒もない屑物許りで糞面白くもないので、バルガンの都へ行けば、私の姉の家があつて立派な商売して暮してゐるとの事、一遍遊びに来い遊びに来いと云つて来たが行く暇がなかつたが、聞けば大足別の軍隊が都に攻入つたとか云ふ事、何れ戦場となれば住民の困難狼狽、名状すべからざるものが厶いませう。ついては姉の身の上も案じられますし、見舞がてら、避難がてら、遊びがてら、行つて見ようと思つて、痩馬に跨り、オーラ山の間道を通つて、ヤツトの事で此船に間にあつたのです』
甲『ア、さうですか、そりや大変な事ですな。見舞がてら遊びに行くと仰有つたが、さうすると、お前さまの考へでは、姉さまは先づ無事だと云ふ予想がついてると見えますな』
乙『何、他家(予想)も宅もありませぬが、私の姉と云ふ奴ア、仲々こすい奴で此十年前に大戦のあつた時もチヤンと一日前に嗅知り、オーラ山へ逃げて難を免れた事も厶います。それはそれは抜目のない姉ですよ。私の兄弟は五人ありましたが一人は早く死に、二人の妹は今度のバラモン軍に掻ツさらはれて了つたのです。何とかして大足別の陣中を窺ひ、妹の所在も一つは探し度いと思つて跛乍らも痩馬に跨がり、ヤツトここ迄出て来た次第です。本当に世の中は、こんな事思ふと、厭になつて了ひますよ』
甲『かう云ふ時に天地の間に神様があつたなら救世主を世に降し、人民塗炭の苦を助けて下さるだらうに、救世主の再臨を旱天の雲霓を望む如く、待つて居つても、こんな大国難の場合に現はれ給はぬ以上は、神はないものだと認めるより仕方はありませぬな』
乙『世は末法に近づき、悪魔は益々横行濶歩し、良民は日に月に虐げられ、まるつきり阿鼻叫喚地獄のやうなものです。偽救ひ主、偽弥勒、偽キリスト等は所々に現はれますが、彼等は要するに善の仮面を被つた悪魔ですからな。バラモン軍よりも山賊よりも一層恐ろしい代物だから、うつかり相手になれませぬ』
丙『然し、貴方等、私はヒルナの都の傍に住むものですが、途々承はれば、あのオーラ山には天来の救世主、天帝の御化身、玄真坊とか云ふ活神様が出現遊ばし、お星様までが、有がたい御説教を毎晩聴聞のため、有名な大杉にお降り遊ばし、燦爛たる光明を放つてゐると云ふ事ぢやありませぬか。貴方等はオーラのお方と聞きましたが、御参詣なさつたのぢやありませぬか。随分ヒルナの辺まで偉い評判ですよ』
乙『何、あいつは偽救主で、売僧坊主が山子をやつてるに違ひないです。大方バラモン軍の間諜かも知れないと云ふ噂です。私の村の者は一時は誰も彼も信じて詣りましたが、あまり御利益がないので誰も詣らなくなりました。却て遠国の方が信仰心が強く、何十里、何百里と云ふ所から、馬や牛に沢山の穀物を積んでゾロゾロやつて参りますが、妙なものですわ。皆遠くから詣つて来るものはお神徳を頂くと云ふ事です』
丙『「燈台下暗し」と云つて、どうも近くの人は本当の信仰に入らないものです。大体人間が神の教をする人に偽救ひ主とか売主だとか、廃品ものだとか云つて批評するのは、信仰そのものの生命が已に已に失はれてゐるのですから御神徳のありさうな事はありませぬよ。鰯の頭も信心からと云ふ譬の通り、仮令オーラ山の救ひ主が偽であらうが、泥棒の化けたものであらうが、信仰するものは、つまり、その神柱を通じて誠の神に縋つてゐるのですから、仮令取次は曲神であらうと信仰そのものが生きて居る限り、キツト其誠は天に通じ御利益のあるものと存じます。取次の善悪正邪を批評してる間は、まだ研究的態度、批判的、調査的態度ですから、信仰の規範に一歩も入つてゐないのです。それで私は売主が現はれて天帝の化身と名のらうとも、「天帝の化身」と云ふ、その名を信じさへすれば良いのです。さうでなくちや、絶対的帰依心は起らないものです。何程偉い神様でも、不完全な人間を使つて宇宙全体の意志を伝達遊ばし、又神徳の幾部分を仲介者を通じて下さるのです。吾々は橋なき川は渡れぬ道理、どこ迄も信仰は信仰ですから信じなくては駄目です。絶対服従と云ふ名に於て初めて神の神徳を授かり、暖かき神の懐に抱かれ得るのだと考へます』
甲『成程、さう承はれば、いかにもと合点が参りました。今の世の中は物質主義の学説や主義が盛に流行しますので、仮令神様だつて現に吾々凡夫の目の前に姿を現はし、或は奇蹟を現じ、即座に霊験を見せて下さらねば信じないと云ふ極悪の世の中になつてゐるのですからな。然しながら此頃は学者の鼻高連も、少し眼が醒めかけたと見えて、太霊道とか霊学研究会だとか、或は神霊科学研究会だとか、いろいろの幽霊研究が起りかけましたが、之も時勢の力でせう。ここ十年前迄は如何なる大新聞にも大雑誌にも単行本にも霊とか、神とか云ふ字は一字も現はれてゐなかつたのですが、斎苑の館とかの生神様が此世に現はれ、御神徳が世間に輝き亘るにつれ、霊とか神とか云ふ文字がチヨコチヨコ現はれて来ました。それがダンダンと日を追ふて濃厚の度を増、流石の物質学者もソロソロ我を折つて神霊科学研究会と云ふやうになつたのでせう。然し乍ら科学と神霊学とは出発点が違ひ、且つ畑が違ふのですから、茄子畑で南瓜や西瓜を得ようとしても駄目ですわ。ダンダン人間や学者の目が醒めて、霊とか神とかを云々するやうになりましたが、要するに学問の行き詰り飯の食ひ詰となつて、しやう事なしに有名の学者の一二人が霊学とか神霊とかを唱道し出すと、訳の分らぬくせに先を争ふて、自分も霊を説き神を語らねば世に遅れた古い頭と云はれるだらう、社会の嗜好に投じないだらうと曲学阿世の徒が、極力アセツた結果だらうと思ひますわ』
丙『御説の通りです。本当に現代の学者位、没分暁漢はありませぬな。三百年前に外国で流行した学説を翻訳して、それを新しい学者のやうに思つて憶面もなく堂々と発表するのですから堪りませぬわ』
乙『そら、貴方等のお説も尤もだが、何と云つても、今は証拠がなければ一切人民が承知せない世の中です。さうして、証拠や物体を無視して、無声無形の霊とか神とかに精神を集中する位、此世の中に危険の大なるものはなからうかと思ひます。現に、オーラ山の救世主と云つて居つた玄真坊と云ふ奴ア、私の村の後家婆アさまの娘、ヨリコ姫を拐はかし、それを女帝として、自分は生神さまと成りすまし、沢山な山賊を連れて、悪い事ばかり仕出かし、一方は神さまとなつて人の懐を睨つて居た所、三五教の宣伝使とかに看破され、手品をあばかれ、到頭何処かへ逃げ散つたと云ふ事です。こんな代物が世の中に沢山現はれて、神仏の名をかり、人民をごまかすのだから、神ならぬ身の吾々人間は確なる証拠を掴まぬ事にや安心して信仰が出来ませぬからな。それで稍常識に富んだ人間共が、今迄の宗教では慊らず、それだと云つて新しい信憑すべき宗教も現はれず、やむを得ずして、どこかに慰安の道を求めむとし、科学に立脚したる神霊の研究をなさむと焦慮るのも、強ち無理ではありませぬよ』
丙『今の世の中の人間は昔の人とは違つて、外面は非常に開けてゐるやうですが、肝腎要の霊界の知識と云ふものは、からつきし駄目ですから、真の救世主が現はれてゐるのですけど自分の暗愚の心や邪曲なる思ひに比べて誠の神を誠とせないですからな。それ故、チヨコチヨコと偽神に欺かれ、大変な災に会ひ終ひの果にや神のカの字を聞いても恐怖戦慄するやうに、いぢけて了ふのです。「羮にこりて膾を吹く」の譬、真の救世主が目の前に出現して厶つても、「又偽神ではなからうか、騙すのではあるまいか、触らぬ神に祟りなし、近寄つては大変だ」と云つて誠の神様を悪魔扱ひになし、一生懸命に反抗を試みるやうになるものです。然し乍ら私は真の生神様のもはや此世に降臨された事を認めてゐます。今度の戦ひ等も十年も前から神様から覚らして貰つて居ましたよ。「国乱れて忠臣現はれ、家貧しうして孝子出で、天下道なくして真人現はる」と申しますが、暗黒無道の此世の中を大慈大悲の神様は決してお見捨て遊ばす筈はありませぬ。今日の学者共は誠の三五の大神様に対し、邪神だとか、大国賊だとか、大色魔だとか、詐偽師だとか、いろいろの悪罵嘲笑を逞しふし、訳の分らぬ凡夫共は学者の説や大新聞の説に誑惑され、附和雷同して誠の真人を圧迫し恐怖し、悪魔の如く嫌つて近寄らないのです。実に憐れむべき世態ぢやありませぬか。その癖、大真人の首唱された世の立替立直し、改造、霊主体従、体主霊従、建主造従、陽主陰従等の熟語を使ひ、得々として自分が発明したやうに云つてるのです。つまり大真人を誹謗し乍ら、大真人の説を応用してゐるのだから、ツマリ渇仰憧憬してゐるのぢやありませぬか。本当に、これ程な矛盾が世の中にありませうかな』
甲『貴方のお話を聞いて見ると、どうやら三五教の信者のやうですが、違ひますかな』
丙『お察しの通り、私は三五教信者のチヤキチヤキです。燈火を点じて床下に隠すものはありませぬ。卑怯な三五の信者は世間の圧迫や非難や軽侮を苦にして、人に尋ねられると自分は三五教ぢやないと云ふものが九分九厘です。心で神を信じ口に詐るものは所謂神を殺すものです。こんな信仰は到底実を結びませぬ。又自分の位置や名誉を毀損されるかと思つて信者たる事を隠す卑怯者が多いのです。私は、そんな曖昧な信仰は致しませぬ。天下に誤解される程の神の教ならばキツト好いに違ひありませぬ。盲千人の世の中、盲が象を評する如き人々の噂や、誹や批評なんかに躊躇してるやうな事では、いつ迄経つても神様を世に現はす事は出来ませぬ。又天下を救ふ事も出来ないでせう。私は、さう云ふ信仰のもとに三五教の神柱、瑞の御霊は天地の大先祖たる国常立尊様の御神教を伝達遊ばす世界唯一の神柱と堅く信じてゐるのです』
乙『お前さまの信仰も、そこ迄行けば徹底してるやうだが、然し乍ら用心しなさいや、あの蛙と云ふ奴、背中に目がついてるから現在自分を呑まむとする蛇の背に、安然として鼾をかいて居る。さうして、終ひの果てにや、その蛇に尻尾でまかれ、ガブリと呑まれて命を捨てるのです。鮟鱇主義、海月主義の偽救ひ主が彼方、此方に現はれる世の中ですから、信仰も結構ではありますが、そこは十分気をつけて、あんまり固くならぬやうに、片寄らないやう、迷信に陥らぬやう御注意なさるが結構でせう』
丙『御注意は有がとう厶います。迷信に陥らないやうにと仰有いましたが、今日の世の中に迷信に陥らないものが一人も厶いませうか。政治万能主義に迷信し、黄金万能主義に迷信し、共産主義に迷信し、社会主義に迷信し、過激主義に迷信し、医者に迷信し、弁護士に迷信し、哲学に迷信し、一切の科学に迷信し、宇宙学に迷信してゐるもの許りです。各自に猿の尻笑ひで、自分の思つてる事は正信だ、他人のやつてる事は迷信だと考へるは、ヤツパリ迷信です。私が三五教を信仰してるのも、ヤツパリ迷信かも知れませぬ。大神様の地位に立つてこそ、初めて真信とか正信とか云へるでせうが、紙一枚隔てて向ふの見えない人間の智力や眼力で、どうして正信者となる事が出来ませう。それだから、吾々は飽迄も迷信して神様と云ふその名に絶対服従するのみです。之が吾々にとつて唯一の慰安者となり、天国開設の基礎となり、生命の源泉となり、無事長久の基となり、天下太平の大本となり、家内和合産業発達の大根源となるものだと迷信するより仕方ありませぬわ、ハヽヽヽヽ』
 梅公はヨリコ姫に向ひ小声にて、
『人々の言葉の端に知られけり
  常暗の世の枉の心を』

ヨリコ『光り暗行き交ふ現世の中に
  裏と表の規を聞くかな』

花香『花薫る人の心に三五の
  神の恵みの露は宿れり』

(大正一三・一一・二三 新一二・一九 於教主殿 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki