王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第68巻 山河草木 未の巻
文献名2第4篇 月光徹雲
文献名3第14章 会者浄離〔1738〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ太子とスバール姫は、山奥の古寺に隠れ住み、国家を打ち捨て、恋愛至上主義の生活をしていた。
そこへ、みすぼらしい比丘姿のアリナが通りかかり、三人は再会する。
太子はアリナに、城に戻り、自分に代わって将来のタラハン国を担うよう勧めるが、アリナは政治欲・情欲から離れ、一生を雲水として過ごす覚悟を決めたと、太子に決心を伝える。
アリナはタラハン国の罪穢れの清めを歌い願いつつ、太子とスバール姫のもとを去っていく。
主な人物 舞台 口述日1925(大正14)年01月30日(旧01月7日) 口述場所月光閣 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm6814
本文の文字数5014
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  青春の血に燃ゆる若き男女に取つては恋愛なるものは実に生命の源泉である。恋愛熱の高潮した時は、倫理道徳の覊絆を脱し理智を捨て、富貴何物ぞ、名誉何物ぞ、尚も進んでは親兄弟を忘れ、朋友知己を忘るるに至る。然し乍ら恋愛其ものより見る時は、理智や道徳の範囲内に入る事は出来ぬ。どこ迄も拡大性を帯び、且つ流通性を備へて居る。もし理智を加味した恋愛ならば、恋愛其者の生命は既に已に滅亡して居るのである。実にやタラハン国のスダルマン太子は、尊貴の家に生れ九五の位に上るべき身でありながら、今年十五の春を迎へた山奥育ちの乙女に満身の心血を注ぎ、十二分に恋を味ははむとして国家の危急を忘れ、父が瀕死の状態に陥りつつ有る事も見捨てて、大原山の谷間に古くより立てる破れ寺に落ち延び、密かに恋を味はつて居る。左守の悴アリナは太子の品行を乱したる大罪人として、逮捕命令を出されたる蔭裡の身、遉に繁華な都大路にも住み兼ね比丘の姿に身を窶し、昼は山林に伏し、夜はトボトボと野路を伝うて、広い世界に吾身一つの置き所もなく彷徨ひ廻りしが、辛うじて大原山の谷間の古ぼけた破れ寺に一夜の宿を過さむと立ち寄り見れば、本堂の須弥壇の後に若き男女の囁き声、傷もつ足のアリナは暫し佇み息を凝らして内の様子を考へてゐた。因に云ふ、彼アリナは殿中を逃出す時、最愛のシノブに囁いて云ふ、
『余は是より少時の間大宮山の盤古神王の社の中に潜伏し、世の中の稍治まるをまつて帰り来るべければ、汝はどこ迄もこの殿中を離れな』
と告げておいた。シノブはそれ故アリナは依然として、大宮山の社殿の中に居るものとのみ信じて居たのである。彼が右守の耳に囁いたのも矢張これである。
    ○
スバール『太子様、貴方どこ迄も妾を見捨てず愛して下さるでせうなア』
太子『ハヽヽヽ。そんな心配はして呉れな。お前との恋愛を遂げむが為めに、太子の位迄捨ててこんな所へ匿れてゐるのぢやないか。お父様は御大病、何時御昇天遊ばすかも知れない、此場合にも恋にはかへられず、世の中の粋を知らぬ人間は定めて余を「不孝ものだ、馬鹿者だ、腰抜け男だ」と笑つて居るだらう。何程笑はれてもお前の愛には換へられないのだ』
ス『殿下が其お心なら妾はどこ迄も貴方に貞操を捧げます。仮令野の末深山の奥、猛獣毒蛇の棲処でも殿下と共に苦労をするのなら些しも厭ひませぬ。山奥の生活に慣れた妾で厶いますれば、木の実を漁り芋を掘つてでもきつと殿下を養ひまする。どうぞ御安心して下さいませ』
 太子はスバールの優しき言葉に絆されて思はず知らず落涙した。
ス『いや殿下は泣いていらつしやいますの。妾が云つた言葉がお気に障りましたか。もし障りましたらどうか御容赦下さいませ』
太『いやいや、気に障る所かお前の心が嬉しうて思はず知らず感謝の涙が迸つたのだよ』
ス『エヽ勿体ない事を仰られますな。殿下の為めならば命を捧げても満足で厶います。それにつけても浅倉山の谷間に残しておいた父上はどうしていらつしやるでせうか。定めて都の大変を聞き、吾子はどうして居るかと、御心配を遊ばして厶るでせう。どうか一度父に廻り会うて二人が無事な所を見せたいもので厶いますわ』
太『お前がさう思ふのも無理もない。余だつて其通りだ。殊に病気の父を、あの混乱状態の危い中に残して、お前と此処に忍んで居る心はどれだけ苦しいか。スバール、私の心も推量して呉れ』
ス『親も大切なり又恋愛も猶大切なり、此世の中は思ふやうには行かないもので厶いますなア』
太『山はさけ海はあせなむ世ありとも
  汝が身を恋ふる心は散らじ』

ス『有難し太子の君のみことのり
  わが胸板を射抜くやうなる』

太『父君の身は思はぬに有らねども
  恋の覊絆に引かれてぞ住む』

ス『恋衣よしや破るる世ありとも
  君が赤心如何で忘れむ』

太『よしやよし吾身は野辺に朽つるとも
  照らして行かむ恋の暗路は』

ス『吾君の情の露に霑ひて
  開き初めけり梅の初花』

太『野に咲ける白梅の花手折りつつ
  今日山奥に生けて見るかな』

ス『手折られて生けたる花はいつの世か
  萎れむためしあるぞ悲しき』

太『山奥の匂へる梅を根こぎして
  都大路に植つけて見む』

ス『土埃り立つ都路は梅の花も
  匂ひのあするためしあるべし。

 いつまでも此山奥に植られて
  実を結ぶなる春に遇ひたし』

太『恋と云ふものの辛きを今ぞ知る
  嬉し悲しの中を隔てて』

ス『嘆きつつ又楽しみつ喜びつ
  恋の淵瀬に浮きつ沈みつ』

太『恋と云ふものに涙のなかりせば
  枯木の如く淋しかるらむ』

ス『遇ひ見ての後の心は猶更に
  昔にまさる恋衣かな』

太『世の中の人は何とも云はば云へ
  不思議極まる恋の路芝』

ス『恋の暗わけ行く二人の身の果は
  天津御国の住ゐなるらむ』

太『目の当り天津御国に遊ぶなる
  恋の広道進む吾なり』

 アリナは外より、
『吾が慕ふ太子の君はこの寺に
  たしかありなと尋ね来しかな。

 都路の百の騒ぎを余所にして
  深山の奥に居ます君かな。

 スバールの姫と諸共ましますか
  優しき声の吾耳に入る』

太『夢現あこがれ居たりし汝の声
  耳に入るこそ嬉しかりけり。

 村肝の心嬉しく吾胸の
  高鳴り如何に止むるよしなし』

 太子はスバールと共に須弥壇の裏より表に出で、すつくと立てる比丘姿のアリナを見るより、吾を忘れて駆けより、堅く其手を握り涙を腮辺に垂らし乍ら、
太子『ヤア、アリナ、よく尋ねて来て呉れた。遇ひたかつた、見たかつたぞや』
アリナ『ヤ殿下、好くまア無事で居て下さいました。今の殿下の安全なる御様子を見て、私は最早此の世に思ひの残る事は厶いませぬ。御覧の如く私は修験者となり、世の中の一切と断ち、山に伏し野に寝ね、一生を念仏三昧に送る考へで厶います。一笠一蓑一杖の雲水の身の上、何処の並木の肥にならうやら、再び殿下の御壮健のお顔を見る事が出来ますやら、味気なき浮世で厶いますれば、何事も因縁づくだと諦めどうか私にお暇を下さいませ。そして殿下はスバール姫様と末永く恋を味はつて頂きたう厶います』
 太子はほつと一息吐き乍ら、青醒めたる顔にて力なげにアリナの手を揺すり乍ら、
太『オイ、アリナ、も一度思ひ直して都に帰つて呉れる事は出来ないか。余は最早王位を捨てて妻と共に乞食生活を送る決心ではあるが、其方は時勢を解した前途有望の青年、今から修験者となつて朽ち果つるは国家の為め惜しい事だ。どうか父を助けて再びタラハン城の柱石となり、余が意志を継いでは呉れまいか』
 アリナは声を湿ませ乍ら、涙を両眼にしたたらして、
『殿下の思召は実に有難う存じます。併し乍ら最早今日の私は刑状持で厶います。仮令大赦を蒙つて再び都の地へ無事に帰りませうとも、民心を失つた父左守の悴で厶いますれば、どうして国民が私の赤心を認めて呉れませう。最早私は政治欲に放れました。そして情欲も断ちました。雲水を友として天下の民情を視察し一生を送る考へで厶いますから、どうか此事許りは仰せられないやうにお願ひ致します』
 太子は太き吐息をつき乍ら、
『あゝ是非もない。タラハンの国家は最早滅亡したのかなア』
 スバールはアリナの前に進み出で、悲嘆の涙にくれながら、
『アリナ様、貴方はまア何と見すぼらしいお姿におなり遊ばしたのですか、おいとしう厶います』
アリナ『いや、是は是は姫様必ず必ず御心配下さいますな。私の心から斯様に零落たので厶います。今の境遇は私の身にとつて結局幸福で厶います。一箪の食一瓢の飲、山水を友として天下を遍歴するのも亦一興で厶います。どうぞ私の身については御懸念下さいますな』
ス『待ち詫し親しき友と廻り会ひ
  またも嘆きの種をまくかな。

 如何にせむ逸り男の敏心を
  止めむ力の欠けし吾身は』

ア『何事も神の守らす世の中に
  人の思ひの通るべしやは。

 行く雲の空を眺めて折々に
  吾身の末を偲び来にけり』

太『右左互に袂を別つとも
  魂は互に添ひてありけむ』

ア『有難し忝なしと拝むより
  外に術なき今日の吾かな。

 吾君の貴の御心いつもながら
  身に染み渡り涙こぼるる』

太『世の中に汝とスバール姫おきて
  外に力と頼むものなし。

 片腕をもがれし如き心地して
  今別れ行く胸の苦しさ』

ス『如何にしてアリナの君の御心を
  翻さむか果敢なきの世や』

ア『姫君よ心やすけく思召せ
  汝には神の守りありせば。

 吾君も汝も吾身も神の御子
  神の捨てさせたまふべしやは。

 いざさらば太子の御子と姫君に
  惜しき袂を別ち行かなむ。

 いつ迄も安く健在おはしませ
  神の恵の露に濡れつつ』

 斯く別れの歌を残してアリナは又もや法螺貝を吹き、山野の邪気を清め乍ら、何処を当ともなく山奥さして進み入る。後見送つて太子、スバールは大地に転び伏し、
『オーイオーイ、アリナよアリナよ、も一度顔を見せてたべ』
と呼べど叫べど法螺の音の響に遮られて、二人の声は彼の耳に入らぬものの如く、後をも振り返らず、足早に密樹の蔭に姿を没した。アリナは道々歌ふ、
『雲霧四方にふさがりて  黒白も分かぬ常暗の
 獣の世とはなりにけり  朝日は空に昇れども
 下界を照らすよしもなく  月は地中に潜めども
 世をあかすべき術もなし  雲井の空は日に月に
 怪しき星の出没し  妖邪の空気を地の上に
 散布しながら火の雨や  剣の雨を吹きおろす
 風の響きも何となく  滅びの声と聞ゆなり
 虎狼や獅子熊の  吠猛る野を進み往く
 吾身は神に守られて  いや永久の臥床をば
 求めて進む修験者  神が此世にましまさば
 曇り果てたる世の中を  一度は照らさせたまふべし
 如何に権威があればとて  神ならぬ身の人草の
 如何でか此世が治まらむ  抑人間は神の子と
 誇りまつれど実際は  夏の草葉に宿りたる
 旭の前の露の身ぞ  永遠無窮の神業に
 如何でか仕へまつるべき  あゝ惟神々々
 霊幸倍ましませよ  吾行く後のタラハンの
 神の造りし御国を  いとも平に安らかに
 守らせたまひて大王の  万機の政を助けませ
 心汚き吾父の  深き罪をば赦しませ
 右守の司の逆心を  戒めたまひて御代の為め
 天が下なる人草を  労り助けタラハンの
 国の司と歌はれて  名を万世に残すべく
 鞭ちたまへ大御神  偏に祈り奉る
 先づ第一にタラハンの  君の太子とましませる
 若君様の御身の上  守らせたまひて永久に
 国の柱と立ちたまひ  吾国民の幸福を
 来させたまふ名君と  ならしめたまへ大御神
 深く包みし恋雲を  科戸の風に吹き払ひ
 天と地とは清らけく  明け渡りたる御心に
 かへし玉へよ惟神  偏に祈り奉る
 偏に願ひ奉る』
(大正一四・一・七 新一・三〇 於月光閣 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki