王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻
文献名2第3篇 東雲神国
文献名3第32章 玉泉の月〔1863〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ顕津男の神はこの平原一帯を東雲(しののめ)郷と名づけた。そして、世司比女と共に、比女の館、玉泉郷の庭園を散歩し、東南の隅に建てられた三層の高殿に登って四方を見渡し、国生み・神生みが順調に進んでいる喜びを詠った。
顕津男の神、世司比女の神は、国の形を見る歌を互いに交わした。
東雲の国は、常磐木の松、樟が生い茂り、花が咲き乱れ、白梅が常に香っている。また無花果が常に実っている。
日向河が東北から流れ、国土は東南に扇形に広がっている。
高照山は南西にそびえている。
平原には濛々と湯気が立ち上っている。
日が暮れてきたので、二神は高殿を降り、庭の玉泉の傍らに立ってしばし安らった。すると、玉泉は二柱の姿を鏡のように清らかに写した。
顕津男の神と世司比女は、夕暮れの泉に円満晴朗の月が写るのを見て、月の恵みをたたえ、またその結晶である御子神が宿った喜びを歌に交わした。
すると、大物主の神は静かに庭を進み来たり、御子神懐妊の喜びと、自分が御子の後見となってこの東雲の国に留まり仕えようとの心を、恭しく詠った。
各々、玉泉の傍らで述懐の歌を詠い終わり、館に帰っていった。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年10月18日(旧08月29日) 口述場所水明閣 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm7332
本文の文字数3425
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  日向の河の向岸  東南方に開けたる
 大平原の中心に  広くかまへし神館
 玉泉郷に導かれ  太元顕津男の神は
 大物主神真澄神  近見男の神照男神
 久しき思ひも明晴の  神を伴ひやうやくに
 河守比女に導かれ  これの館に出でたまひ
 珍の景色にみとれつつ  館の中に入りませば
 八十比女神の一柱  世司比女に廻り逢ひ
 初めて見合す顔と顔  互に面はほてりつつ
 瑞の言霊のり交し  神の依さしの神業に
 心を浄め身を清め  慎み畏み仕へます
 神業ぞ実にも尊けれ  此平原の一帯を
 東雲郷と称へつつ  世司比女と水火合せ
 国魂神を生ませつつ  鎮まり居ます大神業
 〓怜に委曲に述べたつる  嗚呼惟神々々
 主の大神の御守りに  古き神代の物語
 漏れなく遺ちなく弥広に  示させたまへと瑞月が
 天恩郷の東なる  水明閣に端坐して
 畏み畏み願ぎまつる  嗚呼惟神々々
 霊幸倍おはしませ。
 茲に顕津男の神は世司比女の神と共に、常磐木茂る玉泉郷の広き庭園を逍遥したまひつつ、東南隅に立てられし三層楼の高殿に、静々登りて四方の国形覧はせ御歌詠ませ給ふ。
『目路のかぎりこれの大野は紫の
  瑞気漂ふ東雲の国よ

 此国は土地肥えたれば五穀
  ゆたに稔らむ美しの国

 高照の山に湧き立つ紫の
  雲をし見ればわが魂栄ゆも

 見はるかす此国原は東雲の
  御空にも似て清しかりけり

 国造り神を生まむと立ち出でし
  我はうれしも清所を得たり

 西南の空に聳ゆる高照の
  山にかかれる昼月の光

 天渡る月は西より東の
  空に進ます神代なりけり

 我も亦月の御霊と現れて
  国拓かむと東せしかも

 天津日はこれの館を光らしつつ
  御空の月は世を守ります

 主の神の言霊清く凝り凝りて
  空に月日は現れましにける

 わが霊世司比女と水火合せ
  いよいよ月は満たむとするも』

 世司比女の神は欣然として御歌詠はせ給ふ。
『主の神の神言かしこみ此館に
  けながく待ちし女の子よ吾は

 八十日日はあれども今日の佳日こそ
  天地開くる喜びにみつ

 淡雪の若やる胸をそだだきて
  岐美と寝ねなむ夜の毎々を

 此館は天の浮橋空高く
  神の築きし天の御柱よ

 東南に果てなく広く開けたる
  この東雲の国はさやけし

 永久にこれの館に鎮まりて
  国魂神を生ませ給へよ

 見はるかす大野の果に膨れ膨れ
  拡ごる常磐の森の清しも

 目路遠く限りもしらぬ国原の
  光となりて生れし岐美はも

 一夜さの左り右りの契りにて
  御子はわが身に宿らせ給へり

 此上は赤き心を岐美の辺に
  捧げて朝夕仕へまつらむ』

 顕津男の神は御歌もて答へ給ふ。
『久方の月の恵の露うけて
  早や孕すかいとこやの比女

 栲綱の白きただむき淡雪の
  若やる胸を抱きてしはや

 股長に寝ねし一夜の夢さめて
  今比女神とゐ向ひ立つも

 東雲の神の国こそ目出たけれ
  弥長々に栄ゆる常磐木

 常磐木の松と樟との生ひ茂る
  みくにを彩る百花千花よ

 白梅は非時香り無花果は
  永久に実りて美し国原

 高照の山の緑におくられて
  わが東雲の公に逢ふかな

 浮橋に公と立たして見はるかす
  この東雲の国は果てなき

 昼夜を慎み仕へて主の神の
  御霊を守れ御子生まるまで』

 世司比女の神は謡ひ給ふ。
『主の神の御霊を宿せし岐美こそは
  永久にましませよこれの館に

 久方の天の浮橋高殿に
  岐美と吾とは国形見るも

 村肝の心清めて国形を
  見れば扇とひらきたるかも

 日向河東北に流れ東雲の
  国は東南に果てなく広し

 西南に高照山は聳え立ち
  日向の河は東北をかぎる

 濠々と此国原は湯気立ちて
  永久に生きたり勇ましの国よ

 いざさらば比古遅の神よ浮橋を
  下りたまへよ夕近めば』

と先に立ちて、三層楼の高殿を下りつつ、二神は再び庭の清所に出で給ひ、玉泉の傍に立ちて、稍しばし安らひ給ふ。玉泉の清泉は女男二柱の御姿を清くすがしく其儘に写して、鏡の如く澄みきらふ。男神は、夕暮れこの清泉に円満清朗の月の御影浮べるを覧はして謡ひ給ふ。
『久方の御空の月も此水に
  写りて清しく輝きいますも

 大空をここに写して月夜見は
  恵の露を湛へたまふか

 仰ぎ見る月にあれども今を見る
  月は眼下に輝きたまふ

 久方の月の恵の露こそは
  汝が御腹に宿りたまひぬ

 月満ちてあれ出でし御子の顔は
  これの鏡に写る月はや

 いとこやの妹の御姿其ままに
  泉の底に立つが清しも』

 世司比女の神は謡ひ給ふ。
『水底も天津御空の光ありて
  月日渡らふ玉泉かも

 清々し岐美の姿の頭辺に
  月は笑まひてかからせたまふ

 仰ぎ見つうつむきて見つ大空の
  月は清しも岐美と吾に似て

 天も地も一つになりて月の露
  ここに集めし玉泉かな

 玉泉に清き姿を写しつつ
  玉の神の子宿らせたまへり

 高照のみ山のごとく厳めしく
  日向の流れの清しき岐美はも』

 斯く二神は玉泉の両側に立ちて、御子の宿らせ給ひし嬉しさを祝ぎ給ふ折もあれ、大物主の神は庭の真砂を静に囁かせながら進み来り、恭々しく声朗かに謡ひ給ふ。
『玉泉に立たせる神は月と月
  天と地との御姿なるも

 久方の御空の月を宿したる
  これの泉は世司比女よ

 常磐木の梢うつして玉泉
  かからす月はさやかなりけり

 天渡る月も泉に下りまし
  露を宿せる目出度き館はも

 高照山高日の宮を立ち出でで
  玉の泉の月を見るかな

 二柱ここに鎮まりましまして
  御子を生ませよ星の如くに

 大空の星も下りて玉泉に
  影漂はせ月を守らせり

 吾こそは大物主の神司
  この神国を永久に守らむ

 比古神の御楯となりて此国に
  永久に仕へむ大物主吾は』

 顕津男の神は謡ひ給ふ。
『畏しや大物主の神宣
  我にかなへり魂に響けり

 神生みの業を遂げなば東雲の
  国は栄えむ豊栄のぼりに

 天津日の豊栄のぼる東雲の
  国はさやけし常春の国よ

 常春の国の司とまけられて
  ここに下らす大物主なれ』

 大物主は謡ひ給ふ。
『御子生みの神業委曲に終へましし
  神の御後をわれは守らむ』

 世司比女の神は謡ひ給ふ。
『永久に月の恵の露あびて
  御腹の御子を育みまつらむ』

 かく各も各も玉泉の傍に立ちて述懐歌を謡ひ終り、静々と奥まりたる御殿に入らせ給ひぬ。
(昭和八・一〇・一八 旧八・二九 於水明閣 加藤明子謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki