王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻
文献名2第3篇 真鶴の声よみ(新仮名遣い)まなづるのこえ
文献名3第13章 鶴の訣別(二)〔1907〕よみ(新仮名遣い)つるのわかれ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
玉野比女は、顕津男の神との別れの寂しさを歌い、西へ立つ顕津男の神への気遣いとともに、後を守る自分の決意を述べ、真鶴国固成の偉業をたたえた。

つづいて生代比女は、後に残る別れの悲しさを歌った後、顕津男の神の旅立ちへの思いのたけを歌った。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年11月27日(旧10月10日) 口述場所水明閣 筆録者森良仁 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年2月3日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 353頁 修補版 校定版240頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7513
本文の文字数3998
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  太元顕津男の神は白駒に跨り、西方の国土を指して、御子生みの神業に立たむとし給ふや、玉野比女の神は御馬の轡を片御手に採り、片御手に御盃を捧げて訣別を惜しみつつ、御歌詠ませ給ふ。
『天晴れ天晴れ岐美は今旅に立たすかも
  玉藻の山の御前に仕へむ吾は淋しも

 惟神神の経綸と思へども
  あまり本意なき今日の訣別よ

 栄え行く国土の秀見つつ出で立たす
  岐美の心を愛しとおもへり

 立ち別れ出で行く岐美を懐かしみ
  燃ゆる心を消すすべもなし

 何事も主の大神の御心と
  思へど苦しき訣別なるかも

 白梅の花白々と匂へども
  岐美なき春は淋しかるらむ

 真清水に心清めて岐美が行く
  道の隈手の幸を祈らむ

 八洲国水火を凝らして国土を生み
  御子生ます岐美の雄々しくもあるか

 若草の妻は彼方此方岐美を待てど
  忘れ給ふな玉野の比女を

 生代比女神は国魂神の御子
  育くみながら岐美慕ひまさむ

 霧立ちて玉藻の山の中腹に
  迷ふを見ればわれはかなしも

 白雲の向伏す彼方の稚国土に
  立たさむ岐美を思へば悲しも

 千早振る神も諾ひ給ふらむ
  今のかなしきわが心根を

 西方の国土は曲神沢ありと
  聞けば一入岐美をあやぶむ

 昼も夜も岐美のみゆきに幸あれと
  吾は祈らむ玉野宮居に

 瑞御霊進まむ道に仇神は
  なしと思へど心もとなき

 幾千代の末の末まで岐美の神業
  幸くあれかし栄えあれかし

 玉泉滝となる世のためしあり
  再び会はむ日こそ待たれつ

 美しく国土生み御子を生みをへて
  岐美は立たすも西方の国土に

 国土稚く国魂の神稚くして
  旅に立たする岐美ぞ畏き

 主の神の神言畏み片時も
  心ゆるめぬ雄々しき岐美よ

 月も日も岐美の行手を照らしつつ
  貴の神業をたすけ給はむ

 奴羽玉の闇迫るとも月読の
  神は岐美の辺照らし給はむ

 降る雨も雪霜霰も心せよ
  国魂生ます岐美の旅路を

 むつまじく仕へ奉りし瑞御霊に
  今は悲しき訣別となりぬる

 夢うつつ幻のごと思ふかな
  岐美に別るるこのたまゆらを

 浮雲の空に聳ゆる玉藻山の
  聖所に今日は心しづむも

 縁あらばまた逢ふ事のあらむかと
  頼りなき日を頼りにまつも

 汚れたる心もたねど瑞御霊
  岐美に別るる今日は悲しも

 背に腹は代へられぬ世と覚りつつ
  岐美の旅出を止めたく思ふ

 手を合せ神の御前に祈れども
  岐美の旅立止むる由なき

 懇篤に教へ給ひし言霊の
  光は吾に添はりてあるも

 上もなき生言霊の清しさに
  玉藻の山は高らみにけり

 めきめきと伸び拡ごれる玉藻山も
  汝が言霊の水火のたまもの

 神々は歓ぎ喜び万代の
  端まで岐美が功をあがむ

 選まれて神生みの神業仕へます
  恋ふしき岐美と別るる悲しさ

 畏しや訣別むとして今更に
  恋ふしくなりぬ瑞御霊の岐美を

 心より慕ひ奉りし岐美ゆゑに
  今日の訣別は一入つらし

 いざさらば神酒きこしめせ永久の
  訣別の涙ささげ奉らむ

 常永に忘れ給ひそ御盃に
  漂ふ神酒はわが涙ぞと

 この神酒を半ば飲ませて其半ば
  吾に賜はれ恋ふしきの岐美

 一夜の水火の契は交はさずも
  われは正しく汝が妻ぞや

 茂久栄に栄えましませ万世の
  終なき神世の果つる時まで

 世を固め国土を治むる神業の
  一方ならぬ岐美の旅はも

 太元の顕津男の神瑞御霊
  御名は心の永久の光よ』

 生代比女の神は、訣別を惜みて御歌詠ませ給ふ。
『可惜も岐美ははろばろ今日の日を
  限りに訣別れて旅に立たすも

 悲しきは今日の訣別よ真鶴の
  声もさびしく梢に鳴けり

 冴え渡る御空はひたに曇らひつ
  岐美が訣別を惜むがにみゆ

 たらちねの母はあれども父のなき
  千代鶴姫の命愛しも

 涙もて別るる岐美の御姿を
  永久に偲びて吾は泣くなり

 果しなき荒野が原を旅立たす
  雄々しき岐美を思ひて涙す

 まめやかに生き栄えつつ国土生みの
  神業いそしみ栄えませ岐美

 八洲国国土のことごと御子生みて
  主の大神に報い給はれ

 若草の妻は彼方此方岐美行かす
  吉日待ちつつ指折らすらむ

 いすくはし岐美の姿は永久に
  いのち死すまで忘れざるらむ

 岐美坐さぬ真鶴山に淋しくも
  鎮まり御子を吾は育てむ

 白駒の嘶きさへも今日の日は
  別れ惜むか悲しげなりけり

 千早振る神の神国を固めむと
  岐美は朝夕心なやますも

 和衣の綾の薄衣まとひつつ
  風に吹かるる岐美ぞいたまし

 昼夜の差別もわかずなりにけり
  訣別の涙に目はくもらひつ

 瑞御霊今日の訣別を思召し
  思ひ起せよ生代の比女を

 五百鳴の鈴打ち振りて瑞御霊
  今日の旅立ち送りまつらむ

 いざさらば踊り奉らむみそなはせ
  生言霊の鈴の音の冴えを』

 斯く歌ひ給ひて、生代比女の神は左手に鈴を持ち右手に榊葉を振り翳しながら、しとやかに歌ひ踊り舞ひ、瑞の御霊の旅立ちを慰め給ふ。
『美しの国土は生れし美しの
  岐美は今日を旅立ち給ふ

 国魂の神を生みをへ国魂の
  又神生まむと出で立つ岐美はも

 澄みきらふ御空も今日は曇りたり
  訣別のなみだ雲とのぼりつ

 月も日も隠るるまでに包みたる
  御空の雲はわが思ひかも

 奴羽玉の心は闇にあらねども
  今日の訣別にふさがりにけり

 吹く風も力なきまで弱りたり
  岐美の旅だち惜しむなるらむ

 生れ逢ひてかかる悲しき日に逢ふも
  神の御為と思ひて慰む

 ゆるせかしわが繰言をとがめずに
  女神のよわき心はかりて

 憂きことの次ぎ次ぎ重なる神世なれや
  紫微天界の貴の真秀良場にも

 天地の縁の糸にむすばれて
  瑞の御霊の御子生みにける

 怪しき心永久に持たねど汝が岐美に
  訣別る思へば涙あふるる

 せきあへぬ涙とどめて雄々しくも
  旅立つ岐美を送る今日かな

 手も足も動かぬまでにゆるぎたり
  訣別るる今日を力おとしつ

 ねもごろなる言霊の水火凝り凝りて
  国魂神はうまらに生れましぬ

 隔てなき水火と水火との結び合せも
  今日を終りと思へば悲しも

 目に涙あらはさじものと思へども
  とどめあへぬかな滝津涙は

 笑顔して訣別るる岐美の心根を
  思へば一入悲しかりけり

 永久の訣別と思へば悲しもよ
  千代鶴姫を抱へしわが身は

 大野原駒に跨り出で立たす
  岐美のみゆきに御幸あれかし

 越国の果に居ますも時折は
  千代鶴姫をかへりみましませ

 そよと吹く風の響も心して
  岐美の言霊とうかがひ奉らむ

 遠き近き差別なけれど別れ行く
  岐美の御姿悲しかりけり

 野に山に百花千花匂へども
  岐美なき春は楽しくもなし

 ほのぼのとあらはれ初めし真鶴の
  山の尾の上は空に霞めり

 もろもろの生命を生ます言霊の
  岐美に別るる今日とはなりぬ

 世の中に斯かる悲しき例ありと
  今の今までさとらざりしよ

 大方の春はふけつつ白梅の
  花も今日より散り初めにけり

 晴れし空に雷轟く心地して
  悲しきものは今日のおどろき

 果しなき思ひ抱きて旅立たす
  岐美のうしろで送る悲しさ

 駿馬の脚許遅くあれかしと
  思ふもわが身の誠なりけり

 束の間も止まりませと祈るかな
  われ愚なる恋心より』

(昭和八・一一・二七 旧一〇・一〇 於水明閣 森良仁謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki