王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻
文献名2第2篇 十一神将よみ(新仮名遣い)じゅういちしんしょう
文献名3第9章 馬上征誦〔1941〕よみ(新仮名遣い)ばじょうせいしょう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
一行の先頭に使える輪守比古の神は、馬上に出陣の門出歌を豊かに歌った。

万里の島の猛獣を制し、蛙と鼠がうらやすく穀物を作る世となったが、いまだ曲津見は消え去ってはいない。

白馬ケ岳の谷に潜む竜神・大蛇が毒気を吐いて禍を重ねている。その様子をいたんで、今田族比女は一行を引き連れ、魔棲ケ谷をさして勇ましくも進んでいく。

生言霊の幸わいに、曲津の神は影をひそめ、天地にふさがる雲霧は晴れ渡る。地上のもらみなに光を与え、永遠に守らせ給えと願い奉る。

たとえ魔棲ケ谷がどれほど深くとも、竜のすさびが猛くとも、恐れずに言霊の剣を抜き持ちて、曲津を残らず斬りはふりつつ掃き清め、この天界を神の楽園と生かせ守ろう。

雲霧迷う山麓も、我等は勇んで進み行く。

この歌を受けて、先陣の霊山比古、若春比古、保宗比古、そして後詰の正道比古がそれぞれ行進歌を歌った。最後に、田族比女が征途の決意を歌を歌いつつ、一行は白馬ケ岳の山麓を進んでいった。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月13日(旧10月26日) 口述場所大阪分院蒼雲閣 筆録者谷前清子 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年3月30日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 624頁 修補版 校定版140頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7709
本文の文字数4121
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  田族比女の神一行十一柱の神の先頭に仕へます輪守比古の神は、馬上ゆたかに出陣の首途を祝しながら、御歌詠ませ給ふ。
『久方の天津高宮に永久に
 紫微天界を領有ぎ給ふ
 主の大神の神言もて
 泥の海より湧き出でし
 万里の島根は神の国
 千代も八千代もとこしへに
 栄えはてなき神の国に
 群り棲める悪しき鷲や
 猛き獣のすさびをば
 言向けやはすと御樋代の
 田族の比女神降しまし
 吾等十柱神等も
 比女に従ひ天降り来ぬ
 そのいさをしに万里の島
 鳥獣の争ひも
 今や全くをさまりて
 蛙鼠はうらやすく
 朝な夕なを野に出でて
 田畑をたがやし穀物
 種を蒔きつつ培へど
 まだ曲津見の消えやらで
 天にそびゆる白馬ケ岳の
 千峡八百峡にひそみたる
 醜の曲津見太刀膚の
 竜神大蛇は今もなほ
 日に夜に毒気吐きて
 この生国の天地を
 くもらせ破り荒らせつつ
 その禍は日に月に
 重なり合ひて常闇の
 神世は再びこの地に
 来らむとするうれたさを
 憐れみ給ひて御樋代の
 神と現れます田族比女の神は
 吾等を伴ひ竜神の
 ひそめる魔棲ケ谷さして
 進ませ給ふぞ雄々しけれ
 ああ惟神々々
 生言霊の幸ひに
 醜の曲津は影ひそめ
 天地にふさがる雲霧は
 あとなく晴れて天渡る
 月日の光もさわやかに
 地上ありとし有るものら
 生きとし生けるもの等皆
 おとさず残さず御光を
 与へ給ひて永久に
 守らせ給へと願ぎ奉る
 魔棲ケ谷は深くとも
 竜のすさびは猛くとも
 吾は恐れじ言霊の
 厳の剣をぬきもちて
 斬りはふりつつ天界の
 曲津をのこらず掃き清め
 神の依さしの楽園と
 生かせ守らむ楽しさよ
 駒の嘶きいさましく
 蹄の音もカツカツと
 雲霧迷ふ山麓を
 吾等は勇みて進むなり
 吾等は勇みて進むなり』
 霊山比古の神は駒にゆられながら、静かに御歌詠ませ給ふ。
『御樋代の神の御前に仕へつつ
 白馬ケ岳の谷間に
 深くひそめる曲津見を
 言向けやはすと進むなり
 天津日の光曇るとも
 月の姿は虧くるとも
 如何なる魔風のすさぶとも
 雲霧行手を包むとも
 いかで恐れむ言霊の
 主の大神の御水火より
 分れて生れし吾身なり
 そも天界は言霊の
 水火より生れし国土なれば
 生言霊の助けこそ
 世にまさるべきものあらじ
 進めよ進めよ十柱の
 生言霊の神等よ
 吾はヲ声の言霊の
 鳴りなり出でて生れたる
 霊山比古の神ぞかし
 白馬ケ岳も言霊に
 いとも清しくいと浄き
 霊の神山と化せしめむ
 魔棲ケ谷にひそみたる
 醜の竜神大蛇さへ
 言向けやはし或は斬り
 或はほろぼし万里の島を
 洗ひ清めて白馬ケ岳も
 東にそびゆる牛頭ケ峰も
 清きすがしき霊山と
 造り固めむいさをしを
 今更思ひ廻らしつ
 胸は高鳴り腕うなり
 力は全身に満ち足らふ
 この勢を満たしつつ
 生言霊を宣りつれば
 如何なる猛き竜神も
 大蛇もことごと消え失せむ
 ああ楽もしき今日の旅
 ああ勇ましき公の御供よ』
 若春比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『吾駒は今日の征途に勇めるか
 耳をそばだて鼻ならせ
 鬣ふるひ八つ房の
 長尾を左右に打ちふりつ
 鈴の音さへもシヤンシヤンと
 蹄の音もいさましく
 千里万里も何のその
 踏み破らむず勢に
 百草生ふる山裾路を
 勢猛く進むなり
 そもそもこれの島ケ根は
 蛙と鼠の楽土にて
 スの言霊に生り出でし
 鶴は常磐の松ケ枝に
 万里ケ島根の司とし
 百の猿を使ひつつ
 あまたの蛙の生活を
 守り居たりし神の国
 星移り年を閲して漸くに
 妖邪の空気は天地に
 満ちふさがりつ太刀膚の
 竜神現はれその次ぎに
 醜の大蛇の群わきて
 この国原をくもらせつ
 日に夜に悪しき禍を
 下しにければ主の神は
 猛き獣を生み給ひ
 竜と蛇とを滅せと
 依さし給ひし畏さよ
 竜蛇の神を倒すべく
 虎狼や獅子に熊
 猛き力に竜も蛇も
 一度は影をかくしつれど
 深き谷間にひそまひて
 再び天地をくもらせつ
 日に夜に禍下すこそ
 げにも忌々しき次第なり
 ここに再び主の神は
 御樋代神の田族比女に
 十柱神を従へて
 この食国を守るべく
 依さし給ひし畏さよ
 百鳥獣のいさかひも
 ここに漸くかげひそめ
 うら安国土の光りをば
 天地に照し給へども
 醜の曲神は執拗に
 魔棲ケ谷にしのびゐて
 神の御国を汚すさま
 げに憎らしき次第なり
 ここにいよいよ御樋代神は
 曲の征途に向はむと
 今日の吉き日の吉き時に
 駒の轡を並め給ひ
 進ませ給ふぞ尊けれ
 ああ惟神々々
 生言霊の幸ひに
 今日の首途をつつがなく
 守らせ給へと主の神の
 御前を遥かに拝み奉る
 御前を謹み拝み奉る』
 保宗比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『はてしなき
 万里の海原に浮びたる
 万里ケ島根はいや広し
 西には白馬ケ岳聳え
 東に牛頭ケ峰立ちて
 中を流るる万里の河
 八千方里の真中に
 百樹の茂る万里ケ丘
 これの聖所に天降ります
 御樋代神の御尾前に
 仕へて吾は曲神の
 伊吹き払ひの神業に
 加はり進む嬉しさよ
 御空に黒雲ふさがりて
 空飛ぶ田鶴の影さへも
 見えず淋しき国原を
 生言霊を力とし
 神の御稜威を柱とし
 白馬ケ岳の谷間に
 ひそめる曲津を言向けやはし
 もしも聞かずば斬りはふり
 根を絶やさむと進み行く
 今日の旅路ぞ畏けれ
 吹き来る風は腥く
 たゆる間もなき醜神の
 猛びの声は聞ゆなり
 百鳥の鳴く音悲しく虫の音も
 滅びの声を放つなり
 野辺の蛙は非時に
 声を放ちて泣き叫ぶ
 その声一つに集まりて
 天地をゆるがせ震はせつ
 常世の闇は目のあたり
 万里の島根に落ちむとす
 ああ惟神々々
 生言霊に幸あれよ
 吾言霊に生命あれ』
 正道比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『千年経し常磐の松に宿りつつ
 百の蛙を永久に
 守れる田鶴の翼なへて
 悪しき獣や猛き鳥の
 いたけりくるひ万里の島は
 今や滅びむとせし折しも
 主の大神の神言もて
 天降り給ひし田族比女の神の
 光りに恐れもろもろの
 猛しき悪しき鳥獣
 漸く影をかくしつれど
 松の梢に巣ぐひたる
 鶴は恵みを悟り得ず
 側に仕ふる猿まで
 心はおごり傲ぶりて
 遂には百の蛙等を
 虐げければ百千万の
 叫びの声は天に満ち
 再び闇の世となりしを
 時こそよしと荒鷲は
 翼を搏ちて攻め来り
 虎狼や獅子熊は
 海より陸より迫り来て
 犬と獅子とにわたり合ひ
 敵も味方もあともなく
 滅び失せにしぞ忌々しけれ
 さはさり乍ら御樋代神の
 貴の功に守られて
 梢の鶴はやすやすと
 御空を翔り舞ひ遊ぶ
 その御空をばいくそ度
 曇らせ濁らせ迷はせて
 地上に生ふる草や木や
 生きとし生けるもの皆を
 損ひ破る曲津見の
 水火を清めて安国の
 元の昔に返さむと
 征途に上る今日こそは
 未だ初めての壮挙なり
 ああ惟神言霊の
 水火の力に幸あれよ
 吾宣り出だす言霊に
 真言の神の生命あれ』
 田族比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『久方の天津高宮ゆ天降り来て
  今日初めての征途に立つも

 曲神の猛び忌々しも生きと生ける
  ものの生命をそこなはむとすも

 万里の島の司の鶴は翼なへて
  曲津をきたむる力だになき

 御樋代の神の出でずば曲津見を
  言向けやはす術なかるらむ

 千年ふりし松の梢の真鶴も
  神の力を知る時来らむ

 はてしなく広く生れし万里の島を
  いかで守り得む鶴のみにては

 神々の言霊の水火なかりせば
  万里の島根は忽ち滅びむ

 真鶴の声は悲しく聞えつつも
  まことの神にたよらぬぞうき

 いざさらば駒に鞭うち進むべし
  醜の曲神のひそむ谷間へ』

 斯く御歌詠ませつつ駒の蹄を急がせて、白馬ケ岳の山麓を進ませ給ふぞ雄々しけれ。
(昭和八・一二・一三 旧一〇・二六 於大阪分院蒼雲閣 谷前清子謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki