王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻
文献名2第3篇 天地変遷よみ(新仮名遣い)てんちへんせん
文献名3第17章 水火垣〔2021〕よみ(新仮名遣い)いきがき
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
火炎山の爆発によってほとんどの猛獣毒蛇たちは全滅したが、鱗の固い爬虫類は湖水の岸辺の水奔草の中にもぐりこんで、害をなしていた。

朝空男、国生男の二神が降った忍ケ丘の付近は、湖水が一里近くまで迫っていたこともあり、これら生き残った猛獣や水奔鬼が登って来ようとするために、冬男たち精霊はその防御に苦心していた。

二神は精霊たちを安堵させると、攻めてくる猛獣や水奔鬼の群れに向かって代わる代わる生言霊を宣りあげた。すると、悪魔たちは言霊に妨げられて丘に登ってこれなくなった。

二神は、生言霊によって悪魔を清めるために自分たちは御樋代神によって使わされたのだ、と歌った。冬男たちは感謝の歌を捧げた。

国生男の神は、忍ケ丘に館を作って住み、国土を治めようと歌った。朝空男の神は、しばらく国生男の神と一緒にここに止まって国を治めようと歌った。そして、火の湖が平穏に復する日を待つこととなった。
主な人物 舞台 口述日1934(昭和9)年07月30日(旧06月19日) 口述場所関東別院南風閣 筆録者林弥生 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年12月5日 愛善世界社版 八幡書店版第14輯 381頁 修補版 校定版333頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm8017
本文の文字数4527
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  火炎山の爆発により、附近百里の地は全く湖水となり、湖水は熱湯の如く煮えくり返り、猛獣、毒蛇、イヂチ等の毒虫も大半殲滅の厄に遇ひけるが、中にも最も甲羅の強く、鱗の堅き爬虫族は、湖水の岸辺に集り来り、汀辺の水奔草や葭草の中にもぐり込み、一層其の害毒甚しくなりゆくこそ歎てけれ。
 朝空男、国生男二神が天降りたる忍ケ丘は、陥落の難は免れたれども、約一里附近まで湖水の展開せるより、あらゆる曲津は忍ケ丘に向つて、幾百千とも限りなく上り来る物凄さ、名状すべからず。
 冬男、熊公、虎公、山、川、海の精霊は、忍ケ丘のわが住処には一歩も踏み入れさせじと全力を尽し戦へども、悲しきかな精霊の身の上なれば、形体を持てる悪魔の襲来を喰ひ止むる由もなく、苦心を極め居たりける。ここに、天の鳥船に乗りて天降りましたる二柱の神の神力に力を得て、稍落着きながら御前に恐る恐る進み寄り、
『火の湖の現れしより曲神は
  処失ひ集ひ来むとす。

 二柱神の天降りし間もあらず
  曲津は此処に押し寄せ来る。

 力限り防げど精霊わが力
  如何で及ばむ救はせ給へ』

 これを聞くより二神は立ち上り、忍ケ丘の常磐樹の幹に御身を支へながら、
 朝空男の神は歌ふ。
『葭原の予讃の国原治むべく
  天降りしわれよ心安かれ。

 如何ならむ曲鬼大蛇押しよすも
  われはやらはむ生言霊に』

 国生男の神は歌ふ。
『朝夕に神と力を一つにし
  忍ケ丘を安く守らむ』

 冬男は歌ふ。
『有難し二柱神の御宣示
  聞きてわれらは蘇りぬる』

 朝空男の神は歌ふ。
『汝れ等は精霊なれどわが宣らむ
  生言霊を補ひまつれ』

 冬男は歌ふ。
『御宣示頸に受けて力限り
  われ等は宣らむ生言霊を』

 かかる折しも、阿鼻叫喚の声、鬨の声、一時にドツと起り、猛獣、毒蛇、水奔鬼は最も平安なる棲処として忍ケ丘の麓に集り来り、咆哮怒号するあり、のたうちまはるあり、忍ケ丘のまはりは水奔鬼の矢叫の声かしましく、一斉に上らむとせしも、二神等の生言霊に妨げられて上りあぐみたるぞ面白き。二神及び冬男以下の精霊は、交る交る生言霊を宣る。
 朝空男の神は音吐朗々として歌ふ。
『主の神の御水火に現れにし言霊を
  国の鎮めと清けく宣らむ。

 アオウエイ天地処を変ふるとも
  ただに鎮めむ貴の言霊に。

 幾万の曲神襲ひ来るとも
  斬りて放らむ言霊剣に。

 麗しき厳の言霊幸はひて
  この国原の曲言向けむ。

 炎々と燃えたちし火口は忽ちに
  消えて湖水となりにけらしな。

 鬼大蛇たとへ幾万寄せ来とも
  恐るべきかは天津神われは。

 火炎山忽ち湖となり果てぬ
  生言霊の幸はひによりて。

 木も草も火の湖の底深く
  沈みけるかな曲の荒びに。

 国土生むと天降り来りしわれなれば
  鬼も大蛇も物の数かは。

 汚れたるこの国原も言霊の
  水火幸はひて澄み渡るべし。

 心悪しき曲鬼どもの身の果ては
  ありあり見えぬ湖水の波に。

 冴え渡る月の光も見えぬまで
  御空曇りぬ曲津の水火に。

 白雲の空を渡りて天降りてし
  われ天津神よ曲等恐れじ。

 迫り来る鬼や大蛇は多くとも
  忍ケ丘には光る玉あり。

 譏り婆笑ひ婆アの水奔鬼も
  今は手向ふ力無からむ。

 高山の火口は忽ち湖の
  底に沈みて湧きたつ湯の波。

 千早振る主の大神の賜ひてし
  生言霊に刃向ひ得むや。

 月も日もかくれて見えぬ葭原の
  国土を照らして安く治めむ。

 天も地もわが言霊の功績に
  晴れゆく力を曲は知らずや。

 常闇のこの国原を伊照らすと
  言霊鏡持ちて天降りし』

 国生男の神は歌ふ。
『波の上をわが見渡せば鬼大蛇
  溺るるさまの浅ましきかな。

 煮え返る湖水の波にもまれつつ
  大蛇は血を吐き悶え居るかも。

 奴婆玉の闇は襲へり曲津見の
  曲の吐く息いや重なれば。

 懇に生言霊を宣りつれど
  曲の耳には入らざると見ゆ。

 野も山も火炎の山の爆発に
  戦きにけむ草木は枯れたり。

 果敢なかる世の状なれや地の上の
  曲悉く亡びむとすも。

 低山は湖に没して火炎山
  頂狭く水に浮べり。

 降る雨も激しかりけむ湖は
  低山高山皆浸しつつ。

 曲津見も火炎の山の変動に
  恐れ戦き身亡せけるかな。

 ほのぼのと霧を透して見ゆる湖の
  夕の眺めは淋しかりけり。

 曲神の生命の果てか鬨の声
  この丘下ゆ聞え来るなり。

 見の限り醜草生ふる大野原を
  生言霊の幸に清めむ。

 昔より例もあらぬ天地の
  変動は神の戒めなるらむ。

 目を開けて見られぬまでにいぢらしき
  この国原は神のいましめよ。

 濛々と黒雲低う葭原の
  野空包みて月日は見えず。

 八千尋の湖水の底に曲津見は
  又も潜みて災為すらむ。

 如何程に曲津見大蛇荒ぶとも
  神の御稜威に言向け和さむ。

 湯の如く沸き返りたる湖の
  水面に湯気は立ち昇りつつ。

 遠近の区別もしらに災の
  神のいましめ畏きろかも。

 世を救ふ誠の力は言霊の
  貴の功に如くものはなし。

 われこそは御樋代神に仕へたる
  生言霊の司なるぞや。

 いち早く忍ケ丘に天降り来て
  葭原国の状を見しかな。

 美はしき神の御国を生まむとて
  われは降れり神言帯びつつ。

 ゑらゑらに歓ぎ賑はふ神国を
  生まで置くべき力限りに。

 大蛇棲む葭原国もわがあれば
  いと安からむ勇みてあれよ』

 冬男は歌ふ。
『二柱神の天降らすこの丘に
  われ蘇り曲を防がむ。

 二柱神の言霊幸はひて
  わがたましひの力添はりぬ。

 かくなれば精霊われも勇ましく
  鬼の砦に向ひ進まむ。

 現世の人と生れし心地かな
  わが霊身の輝き初むれば。

 永年を忍ケ丘の鬼となりて
  岐美の天降りを待ちわびにける。

 浅ましきみたまのわれも今日よりは
  神の御後に仕へまつらむ。

 蘇り生きの生命を保ちつつ
  幽世の花となるぞ嬉しき。

 浮腰のわがたましひも落着きて
  動かぬ心勇みたつなり。

 鬼大蛇醜の鬼婆攻め来とも
  最早や恐れじ神なるわれは。

 矢叫びの声は麓にどよめけり
  鬼も大蛇も登らむとして。

 言霊の水火垣高く築きませば
  如何なる曲も登り得ざらむ。

 神々の貴の恵みに抱かれて
  安く過ぎなむ忍ケ丘に。

 狭霧たつ火の湖も恐れむや
  如何なる曲のよし潜むとも。

 水奔鬼魍魎曲霊数の限り
  寄せて来るも何か恐れむ』

 熊公は歌ふ。
『思ひきや二柱神の出でまして
  国土の災除かせ給へり。

 われは今忍ケ丘の鬼となれど
  元津みたまは神なりにけり。

 たましひは元より清し惟神
  神に受けたる生命なりせば。

 水奔鬼に追ひたてられて長き日を
  清水ケ丘にひそみたりける。

 虎公と二人淋しく潜みたる
  清水ケ丘を思へば悲しき。

 わが君も笑ひ婆アに計られて
  清水ケ丘に身亡せ給ひぬ』

 朝空男の神は歌ふ。
『種々の汝が物語聞くにつけ
  曲の猛びの強きをさとる。

 葭原の国土は曲津の影もなく
  清め澄まさむ神なるわれは』

 虎公は歌ふ。
『ありがたし貴の御神の御言葉
  われは忘れじ幾世経るとも』

 山は歌ふ。
『妾とて鬼にはあらず惟神
  神の誠の御子なりしはや。

 旅ゆきて忍ケ丘に立ち寄りつ
  笑ひ婆アに生命とられし。

 鬼婆に玉の生命を奪はれし
  人のみたまは数限りなし。

 二柱神の御稜威に水奔鬼の
  影を地上に消させ給はれ』

 国生男の神は歌ふ。
『果てしなき広き国原隈もなく
  清め澄まして曲滅さむ。

 兎にもあれ角にもあれやこの丘に
  館つくりて国土を治めむ』

 川は歌ふ。
『天地の神の光りのあれまして
  葭原の闇晴れそめにけり。

 われとても同じ運命をたどり来て
  鬼となりける乙女なるぞや。

 今日よりは曇りし心照りあかし
  生言霊を宣り続くべし』

 海は歌ふ。
『海山の恵みをうけてわれは今
  忍ケ丘に安く居るかも』

 冬男は歌ふ。
『果てしなき葭原の国土隈もなく
  照らさせ給へ二柱神。

 力なきわれにはあれど御後に
  従ひ神業に仕へまつらむ。

 熊も虎も山、川、海も神業に
  使はせ給へとこひのみまつる』

 朝空男の神は歌ふ。
『汝が願ひ諾ひわれは国生男と
  暫時を此処にとどまり治めむ』

 かく歌ひ給ひて、火の湖の平穏に復する日を待たせ給ひける。忍ケ丘の麓には数万の猛獣、毒蛇、水奔鬼など、逃場を失ひ、右往左往にひしめきあへりけり。
(昭和九・七・三〇 旧六・一九 於関東別院南風閣 林弥生謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki