王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 入蒙記 山河草木 特別篇
文献名2第5篇 雨後月明
文献名3第37章 大本天恩郷
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ財政問題も日出雄が綾部に帰りつくや、一掃されてしまった。瑞祥会本部を亀岡から綾部に移して宇知麿に総覧を一任した。そして自らは真澄別を率いて万寿苑に居を定め、万寿苑を天恩郷と命名した。
日出雄の居館である光照殿造営に際して、亀山城址の基礎石は掘り起こされた。欧文印刷所の新設や、海外宣伝部の移転などで、月照山の弥勒塔の光輝もますます増した。月宮殿造営の日を鶴首して待つのは、信徒のみではないほどである。
主な人物 舞台 口述日1925(大正14)年08月17日(旧06月28日) 口述場所 筆録者 校正日 校正場所
OBC rmnm37
本文の文字数609
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  財政問題や日出雄の保釈問題に関する、小田原評議で低迷せし周章狼狽の空気は、日出雄の保釈帰綾と共に一掃され、全くの嵐の跡の夫れの如く、天地清明の聖地と復活したのである。
 爾来進展主義の日出雄は、負債や世評に屈することなく、瑞祥会本部を亀岡より綾部に移して諸務の総攬を宇知麿に一任し、自らは真澄別其他を率ゐて、万寿苑に根拠を定め、入蒙出発の際宣言せし如く、単に三五聖団の日出雄としてでなく、世界の源日出雄として、万界の暗を照破すべき、神界経綸の実現に着手したのである。
 先づ以て万寿苑は天恩郷と命名され、日出雄の居館たる光照殿が新築される事となつた。久しく寂寥を感じて居た万寿苑は頓に活気横溢し、数多の信者は各地より、吾れも吾れもと先を争つて参集し、光照殿造営に奉仕する事となり、亀山城趾の基礎石は夫れ夫れ掘り起されて、誂へた如く神業に役立つ奇縁に、弥永久世弥永の掛声も勇ましく、四辺の空気を震撼せしむる盛況に、驚嘆の眼を睜るは亀岡町の人々のみならず、日出雄が天下無敵の経綸振と其説示の絶対なるに、今更の如く耳目を欹て、或は教を請ふべく、或は事業経営の主宰と仰ぐべく、往来する人々引きも切らず、更に欧文印刷所の新設、海外宣伝部の移転などで、月照山の弥勒塔日に日に其光輝を増す瑞祥に、月宮殿造営の日をも鶴首して待つのは、敢て信徒のみではないのである。あゝ惟神霊幸倍坐世。
(大正一四・八・一七 筆録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki