王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: 玉藻山 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 34 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第1篇 高砂の島 第1章 カールス王〔801〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...鮮の波を湛へし日月潭の  湖面を見下ろす玉藻山 国治立大神や  瑞の御霊の神霊を 斎き... 1
2 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第1篇 高砂の島 第3章 玉藻山〔803〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 11 件/玉藻山=11 ...し第二の王国を建てんと、時々兵を引連れ、玉藻山の聖地に向つて攻めよせた。されど竜世姫の......を数多引連れ、三五教の巡礼に身をやつし、玉藻山の聖地に、雲霞の如く押寄せ、隙を覗つて真......め、言霊戦を以て、之れに向ふこととなし、玉藻山の山頂に、祭壇を新に設けて、寄せ来る敵に......に漕ぎつけ、祈願をこらして居た。此時既に玉藻山の聖地は、ホーロケースの占領する所となつ......景に見惚れて居た。遠く目を東南に注げば、玉藻山の聖地は以前の儘なれど、ホーロケースが襲......に負ひ来る  三五教の宣伝使 汝等二人に玉藻山  元の昔に恢復し 誠の道にバラモンの ......た。されど二人は何となく勇気に充ち、再び玉藻山に向つて言霊戦を開始せむと、湖水に浮きつ......新高山を東南に越え、玉藻の湖辺を巡つて、玉藻山の聖地に救はれて居た。然るに、此度のホー... 2
3 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第1篇 高砂の島 第4章 淡渓の流〔804〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...渓谷に身を隠し、世を忍び居たりし事とて、玉藻山の霊地は再び三五教に取返され、吾子の日楯... 3
4 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第1篇 高砂の島 第5章 難有迷惑〔805〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/玉藻山=4 ...乍ら、湖の畔を長蛇の陣を作り、蜿蜒として玉藻山の聖地を指して帰り行く。松明の火光は湖面......北八里、山中にては可なり大なる湖水なり。玉藻山の霊地は殆ど其中心に位し、東の端に天嶺と......司とし、聖地の東方を固めしめ、真道彦命は玉藻山の霊場に在つて、老後を養ひつつヤーチン姫......ヤス姫を神司として奉仕せしめつつありき。玉藻山以東を日潭の聖地と称し、以西を月潭の霊地... 4
5 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第1篇 高砂の島 第6章 麻の紊れ〔806〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉藻山=3 ...正しき人々は、泰安城を窃に脱出して、遠く玉藻山の聖地に逃れ、真道彦命、ヤーチン姫の教に......て、アーリス山を越え、天嶺、泰嶺を始め、玉藻山の聖地に避難する者日夜踵を接した。中にも......じ、斯の如く吾領内の日々に乱れ行くは全く玉藻山の霊地に、三五教の教を樹つる真道彦命頭領... 5
6 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第2篇 暗黒の叫 第7章 無痛の腹〔807〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/玉藻山=2 ...来た。此事早鐘の如く台湾全島に響き渡り、玉藻山の聖地には一しほ早く或者の手より其真相を......だ到らず、涙を呑んで時の到るを待つ内、此玉藻山の聖地に、現幽二界の救世主現はれたりと聞... 6
7 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第2篇 暗黒の叫 第8章 混乱戦〔808〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉藻山=3 ...楯、月鉾の兄弟を天嶺、泰嶺の両所に残し、玉藻山の聖地にはヤーチン姫、マリヤス姫をしてこ......走したるエールは、セールス姫の間者として玉藻山に忍び入り込みたるマルチル、ウラール、キ......て来た。 真道彦命はホールサースに命じ、玉藻山の聖地に在るヤーチン姫、マリヤス姫を奉迎... 7
8 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第2篇 暗黒の叫 第9章 当推量〔809〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/玉藻山=4 ...王はマールエースに向ひ、カールス王『汝は玉藻山の聖地に永らく入り込みて、真道彦命と何事......ス王様の御親政に復帰し奉らむと心を決し、玉藻山に身を逃れて、時機の到るを待ちつつありま......向ひ、カールス王『汝はホーレンス、久しく玉藻山の聖地に参り居りし者、エール、テールスタ......はぬ顔にて樵夫、耕しなどに従事し、暫くは玉藻山の霊地にも、大部分足を向けなくなり、カー... 8
9 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第2篇 暗黒の叫 第10章 縺れ髪〔810〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...リス山を降り、日月潭の湖辺を辿りて、遂に玉藻山の聖地に参拝し、漸くにして泰嶺の聖地に帰... 9
10 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第2篇 暗黒の叫 第12章 サワラの都〔812〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...大将らしき一人は、『エヽあなたは台湾島の玉藻山の霊場にまします、真道彦命様の御子息様で... 10
11 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第3篇 光明の魁 第14章 二男三女〔814〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉藻山=3 ...半の頃安着した。 これより二男三女は一旦玉藻山の聖地に帰り、玉、鏡を安置して、日夜祈願......嶺、泰嶺の聖地には立寄らず、中心霊場なる玉藻山の聖地に立帰り、残存せる誠実なる信徒に迎......授けられ 神徳光る日月潭の  中に泛べる玉藻山の 聖地に帰り来ますこそ  三五教の教の... 11
12 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第3篇 光明の魁 第15章 願望成就〔815〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...の巽の神聖地  日月潭の湖を 控へて清き玉藻山  遠津御祖の真道彦命は 代毎々々に神定... 12
13 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第3篇 光明の魁 第16章 盲亀の浮木〔816〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...藻の湖水の間近くまで押寄せて来た。 茲に玉藻山の聖地よりは、マリヤス姫を神軍の将となし... 13
14 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第3篇 光明の魁 第17章 誠の告白〔817〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...の御神に 献りたる由緒ある  珍の聖地の玉藻山 吾は祖先の名をつぎて  真道の彦と名乗... 14
15 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第3篇 光明の魁 第18章 天下泰平〔817〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/玉藻山=4 ...みて 暴虐無道の限りを尽し  猶も進んで玉藻山 聖地を蹂躙せむものと  セウルスチンを......港 人目を忍び山の尾を  伝ひてやうやう玉藻山 神の集まる聖場へ  二男三女は潔く 到......王より  日楯、月鉾両人に 従ひまつりて玉藻山  聖地に仕へまつれよと 言ひ渡されし上......の饗応を受け、且つ真道彦命の鎮まり居ます玉藻山の聖場に参拝し、茲に固く手を握り、琉球、... 15
16 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ... 本巻は太元顕津男の神、玉藻山の聖場に坐しまして、国土生み御子生みの神... 16
17 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第1篇 玉野神業 第3章 玉藻山〔1897〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...の山はわき立たせけり 玉野湖の水底までも玉藻山の  傾斜面となりし今日の目出度さ 瑞御... 17
18 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第1篇 玉野神業 第4章 千条の滝〔1898〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 8 件/玉藻山=8 ...神の功のたふときろかも 玉泉清くあふれて玉藻山の  尾の上ゆ高く落ちたぎちつつ 落ちた......は玉藻の山に見るかな 久方の天に伸びたつ玉藻山の  生ける姿は神にぞありける 天地の総......膨れ拡ごりて  御空に高く聳えたるかも 玉藻山の名を負ひまししこの峰に  われ謹みて玉......委曲にひらかせ給へ 主の神の聖所と現れし玉藻山は  幾千代までも動かざるべし』 産玉の......給ひたる言霊の光に 主の神のよさし給ひし玉藻山に  厳と瑞との霊生れましぬ 道立の神の......と吾は現れにけり 見るからに気高くなりし玉藻山の  常磐の松は色まさりつつ 玉野森のあ......日のいく日こそ  真鶴国の創始なりけり 玉藻山尾の上に立ちてをちこちの  国形見れば湯......寿ぎ歌詠ませ給ふ。『嬉しさの限りなるかも玉藻山  天津御空にそそり立ちぬる そそり立つ... 18
19 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第1篇 玉野神業 第5章 山上の祝辞〔1899〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 5 件/玉藻山=5 ...山の  尾の上に立ちて見る国土さやけし 玉藻山千条の滝のしろじろと  落ちたぎちつつ言......しろじろと  落ちたぎちつつ言霊響くも 玉藻山滝の水音響かひて  曲神たちは眼醒まさむ......高く聳えたる  玉藻の山は紫微の宮はも 玉藻山尾の上に建ちし大宮は  紫微の宮居に等し......いとほして  下界に天津日かげはさせり 玉藻山尾の上に仰ぐ月かげは  一入さやけく思は......あれ、玉野森の外廊遠く繋ぎ置きたる駒は、玉藻山の膨脹とともに大地膨れあがり、山の七合目... 19
20 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第1篇 玉野神業 第6章 白駒の嘶〔1900〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 8 件/玉藻山=8 ...馬は、あたりを真白に染めながら、列を正し玉藻山の尾の上の広所に月の輪をつくりて、真鶴の......れ駿馬聖所に舞ふも ハホフヘヒの嘶き清く玉藻山の  百谿千谷に響きわたらふ 鬣を勇まし......は御歌詠ませ給ふ。『わが乗りし駒も交りて玉藻山の  これの尾の上に言霊宣るも 荒河を渡......はれ』 圓屋比古の神は御歌詠ませ給ふ。『玉藻山清く冴えつつ常磐樹の  樹下をかざる白き......き』 美波志比古の神は御歌詠ませ給ふ。『玉藻山の御橋なけれど駿馬は  生言霊にのぼり来...... 蹄に蹴散らし安く進まむ 駿馬の功は高し玉藻山の  尾の上にのぼりて神世を寿ぐ』 美味......よふ真鶴の  山の尾の上に国見するかも 玉藻山尾の上の清き神社に  祈るも清し国の栄え......磐樹の梢をもみし荒風も  とまりて静けき玉藻山はも 降りしきる雨はあとなく霽れにつつ ... 20
21 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第2篇 国魂出現 第7章 瑞の言霊〔1901〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 5 件/玉藻山=5 ...は固らに定まりにけり 久方の空にのび立つ玉藻山の  千条の滝は白絹の旗よ 神々の生言霊......ばもやもやと  霧立ちのぼる六合のうち 玉藻山霧立ちのぼり白駒の  嘶き高し朝しづの庭......ひける。 遠見男の神は御歌詠ませ給ふ。『玉藻山頂上に立ちて国見すれば  目路の限りは靄......』 斯く歌ひ給ひし折しも、国中比古の神は玉藻山の新に生れたるを喜び、神々の功を言祝ぎま......われは治めむ真鶴国原 玉野湖の底は膨れて玉藻山  東の方の傾斜面となりぬ 立ち昇る湯気... 21
22 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第2篇 国魂出現 第8章 結の言霊〔1902〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...一度にひらく心地す 清しさの極みなるかも玉藻山の  これの聖所に生れます瑞子は 月も日... 22
23 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第2篇 国魂出現 第9章 千代の鶴〔1903〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 6 件/玉藻山=6 ...の神嘉言を宣らせ給ふ。『掛巻も綾に畏き、玉藻山の下津岩根に宮柱太敷立て、高天原に千木高......神は今生れましぬ 呱々の声聞くもさやけし玉藻山の  玉野宮居に月日かがよふ 八重垣とな......かも』 玉野比女の神は御歌詠ませ給ふ。『玉藻山ふくれ上りて空高き  これの聖所に御子生......神は御歌詠ませ給ふ。『浮雲の空にそびゆる玉藻山の  聖所に御子は生れましにけり 顕津男......にむらがりて  神世をことほぐ真鶴の声 玉藻山千条の滝の音冴えて  吹く風すがし宮の清......ましまして  国魂神と生れます貴御子よ 玉藻山廻れる四方の国原も  今日の吉き日に霧晴... 23
24 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第3篇 真鶴の声 第10章 祈り言〔1904〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 2 件/玉藻山=2 ...との悔しも独り神われは 玉野比女神の誠に玉藻山の  常磐の松の色深みたるかも 麒麟鳳凰......身も魂も  忘れ他の目も愧ぢざりにけり 玉藻山千条の滝に禊身して  この恋ごころ万代に... 24
25 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第3篇 真鶴の声 第11章 魂反し〔1905〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 3 件/玉藻山=3 ...保つ身こそ幸なれ』 遠見男の神の御歌。『玉藻山の上つ岩根の清庭に  天降りて御言宣り給......へて神国に  のぼりし神人の姿生きたり 玉藻山の此の清庭に天降りたる  如衣比女神のい...... 産玉の神の御歌。『かくり世の神も来りて玉藻山  御子生れし日をことほぎ玉へり 神妙く... 25
26 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第3篇 真鶴の声 第12章 鶴の訣別(一)〔1906〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 2 件/玉藻山=2 ...方の国土いざや拓かむ 玉野比女神の神言は玉藻山  神の御前に永遠に仕へよ 国中比古神は......与へて世を守りませ いざさらば我は別れむ玉藻山  ふたたびふまむ時楽しみて』 斯く生言... 26
27 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第3篇 真鶴の声 第13章 鶴の訣別(二)〔1907〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 2 件/玉藻山=2 ...に別るるこのたまゆらを 浮雲の空に聳ゆる玉藻山の  聖所に今日は心しづむも 縁あらばま......山は高らみにけり めきめきと伸び拡ごれる玉藻山も  汝が言霊の水火のたまもの 神々は歓... 27
28 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第3篇 真鶴の声 第14章 鶴の訣別(三)〔1908〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 6 件/玉藻山=6 ...日を惜しまるるかな 神風はそよろに吹きて玉藻山の  常磐の松は囁きそめたり 笹の葉にう......限りに旅に立たすも 背の岐美に別れて一人玉藻山に  宮仕へせむ玉野比女あはれ てらてら......らむ背の岐美に  生きて別るる心思へば 玉藻山この頂上の聖所に  玉野の比女を補けて仕......上の聖所に  玉野の比女を補けて仕へむ 玉藻山真鶴山と日毎夜毎  天翔りつつわれは守ら......の麓を白雲は  深く包めり岐美を惜むか 玉藻山わきたつ雲のつぎつぎに  膨れあがりて空......けどもその姿  霧の中なる今のながめよ 玉藻山尾の上に立ちて見渡せば  この国原は霧の... 28
29 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第3篇 真鶴の声 第15章 鶴の訣別(四)〔1909〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 5 件/玉藻山=5 ...霊の幸ひて  岐美の行手の安くあれかし 玉藻山後に別れて旅立たす  岐美を一入かなしみ......ゆきにふさはしきかも 月も日も光冴えつつ玉藻山を  下らす岐美の御尾前照らせり 奴婆玉......美の行手に匂へ百花 万世のほまれなりけり玉藻山の  今日の別れは国土生みの為と 百鳥は......終り、諸神に名残を惜しみつつ駒に鞭うち、玉藻山の傾斜面を右に左に折れ曲りて静に下らせ給......と駿馬に跨りかへらせ給ひ、玉野比女の神は玉藻山に残りて、大宮に親しく仕へ給ふぞ畏けれ。... 29
30 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第3篇 真鶴の声 第16章 鶴の訣別(五)〔1910〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 2 件/玉藻山=2 ...の神業の成れるを機会に、諸神におくられて玉藻山をしづしづ下り給ひければ、玉野比女の神は......悲しむ玉藻の山に』 斯く歌ひ給ふ折しも、玉藻山の常磐の松の梢を前後左右にさゆらせつつ、... 30
31 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第4篇 千山万水 第17章 西方の旅〔1911〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 4 件/玉藻山=4 ...、結比合の神、美味素の神の四柱神と共に、玉藻山の千条の滝水の集れる大滝川の清流に禊し給......やく固まれど  まだ地稚し駒はなづまむ 玉藻山千条の滝の集りし  大滝川の水底は澄めり......る楽しさを  味はひにけり岐美に仕へて 玉藻山千条の滝の音高く  響きわたらへ岐美の御......鶴の国』 美味素の神は御歌詠ませ給ふ。『玉藻山玉の泉ゆおちたぎつ  千条の滝の水はあま... 31
32 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第4篇 千山万水 第18章 神の道行〔1912〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 6 件/玉藻山=6 ...止めて、来し方を顧み給ひつつ、遠く霞める玉藻山を仰ぎて、御歌詠ませ給ふ。『振返り眺むる......ぎて、御歌詠ませ給ふ。『振返り眺むる空に玉藻山は  紫雲の衣着けてかすめり 紫の雲のと......は雲の上に  その頂上をかがやかし居り 玉藻山傾斜面に一処黒き影の  走るは雲のうつれ......のはざまより  玉藻の山の肌は見ゆるも 玉藻山の貴の姿はくづれつつ  遠く来にけり大野......らしつつ  出でます岐美の御稜威は高し 玉藻山立ち出で給ひしわが岐美は  光ますます強......香りさやさやに  音楽響く岐美の旅立ち 玉藻山西吹く風に梅桜  清き花弁舞ひ来るかも ... 32
33 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 第4篇 千山万水 第19章 日南河〔1913〕 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...行く先き思はるるかな 果しなき思ひ抱きて玉藻山  真鶴山に吾等は帰らむ 遠見男の神に仕... 33
34 霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 余白歌 余白歌 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/玉藻山=1 ...ひに    森羅万象生き栄ゆなり〈第9章玉藻山いや次ぎ次ぎに天つ空へ    ふくれ上り... 34
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki