王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1王仁文庫
文献名2第9篇 道の大本
文献名3第7章
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2018-11-05 02:08:11
OBC B115009c10
本文の文字数551
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 一、ここに謹しみて
皇祖天照大御神の御神勅を写し侍り、普く道の人々に伝へんとするなり。

宝勅

吾れ諸々の蒼生詐り計りて、例へば、善しと思ふとも、必ず、天の命の怒を享けて、根の国に赴かん、正しき心を持ちて、まさに悪しくとも、必ず天の神の恵みあらん。諸々の生人等、天に逆ふ時は道無く、地に逆えばその幸ひ無し。その事に離れて、根の国に入り落ちんぞ。重ねて心を天地に等しくして、思ひを風雲に載せて道に従ふの本とし、神を守るの要とせよ、万の管々しき事を払ひ棄てて、一つ心の定まれる規範を尋ねて、天の神の神言に叶ひて、神の心に叶へ。諸々の生人等、天地に従ひて、玉の緒を継ぎ、皇御祖を祭り、心の規矩を正しくし、その源の根を深うし、宗廟の神を敬ひて、四方の国を従へて、天の位の貴き事を視て、その業を天が下に弘むべし。

二、春日の神の御神託を、ここに謹しんで写し侍り、人々の為に伝へんとす。

例へば諸々の人常に清き宝を構へ、国土の珍物を供し、七重の注連縄を張り、数百日心を苦しめて我を祈るとも、その心邪に、慳貪ならん家にはいたるまじ。例へば重服の深き家にも、慈悲常にあらん。その室に招かずといふとも、必ず影向あるべし。我常に慈悲を神体とするが故なり。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki