王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1王仁文庫
文献名2第9篇 道の大本よみ(新仮名遣い)
文献名3第17章よみ(新仮名遣い)
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2018-11-05 02:12:44
ページ58 目次メモ
OBC B115009c20
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 一、今や我国の様々の教会は、大概飢ゑたる虎や狼の住処となり果てて居るのである。神社仏閣は盗人や、騙りや、餓鬼、獣類の住み所となつて居る。神仏を種にして、騙りをなし、また押取りを営みつつあるのである。誠の道衰へて神を汚し、最とも尊く清かるべき神社は、盗人や、鬼、大蛇どもの館となつて仕舞うて居るのである。
二、天津神、国津神、八百万の神達は、痛くお怒り遊ばしてゐらせられるといへども、枉津神の容器となり果てたる神主、祝、取次、坊主共はこれを悔い改むることを知らず、欲と悪魔に搦まれて、日に増しに清き神仏を汚しつつあるのである。
三、神はかかる汚れし行ひを痛く悪くませたまひて、清めの道を開きて罪穢を洗ひ、高天原に救ひ上げんためとて、天より二つの身魂を降したまうたのである。
四、真の神の教を聞きて真の道を悟り、誠の畠を開き、誠の種を蒔かんとするに当りては、猪来りてその畠を荒し、烏来りてその種を啄み、悪魔来りて草の種を頻蒔きするものである。ゆゑに畠を開き、教の種を蒔かば、心を許さずしてその畠を衛れよ。その種萌え出でなば、深く心を用ひて、その苗の立ち昇るまで培ひ養へ。神の畠に植ゑ付けよ。草を取り、獣の禍を避けよ。生命の水を注げよ。
五、生命の水は信仰の力である。苅込みの時には、必ずその応報は現はれて、神の国の宝庫に満されん。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki