王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1道之大本
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3第8章よみ(新仮名遣い)
著者出口瑞月
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ23 目次メモ
OBC B117100c08
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 一、神界には正神界と邪神界とある事を覚るべし。正神界とは俗にいはゆる善神界の事である。邪神界とは妖魅界といふも同じ事である。正神界はいとも貴き麗しく、楽しみと栄えに充てる神の国なり。邪神界はこれに反対にして、いとも賤しくいとも醜しく、苦みと悩みに充てる悪魔の世界なり。正神界は高天原とも唱へ天国とも称ふ。邪神界は根の国底の国といひ、また地獄ともいふ。
二、強き者は弱き者の肉を食ひ、互に嫉み恨み奪ひ合ふ暗がりの界あり。これを邪神界といふ。今や世の中はみな邪神界暗がりの世となれり。道は廃り誠は滅びて鬼大蛇虎狼餓鬼畜生の界となれり。
三、この世を救ひて麗しき天国となさん為に、天津神の御言もて二つの霊天より降り、救ひの道を開き給ふなり。太陽系天体の中にては日の御国を高天原といふ。我地球の上にては日本の国を高天原といふ。日本の中にては伊勢の神宮その他正神の神集ひ給ふ所を高天原といふ。大本にては綾部の大本を高天原といふ。睦み親しみ和らぎ合ひて暮す家の中も小さき高天原なり。道の誠を覚り清まりたる人の心の中にも高天原あり。
四、異しき邪神の教を戴く所の国はみな根の国底の国なり。争ひ悪み合ひ絶えず、誠の道を踏まぬ家は根の国底の国なり。貪欲悪念悪戯慢心等を抱く心の中は根の国底の国なり この天国に到るも根の国に到るも、みな道に適ふと適はざるの二つによりて定るものなり。
五、今や世は終りに臨めり。偽予言者偽救主所々に群り起りて天が下を穢し害ひ破らんとす。試みに世界の状態を見よ。君は臣を恐れ疑ひ、臣は君を侮り、民は起りて君に迫り、所々に悪しき事のみ起れる。中にはこの地球の上に最も甚だしき地獄、根の国底の国となり居る所もあり。
六、戦ひの後は総て人々の心殺伐に赴くものにして、人殺喧嘩等の荒び事の頻りに起るものなり。神の道にある者は最も心を用ひて、この悪しき行を起らしめざるよう心を竭し力を尽さざるべからざるなり。一日も早く天津神の御法なる大本の教を天が下に敷き教ゆるは神の国の民たるものの第一の務なるべし。
七、神の人をこの世に降し給ふ所以は、その太き広き御稜威を継がしめ万の業を広め満たしめて、世界を全き麗しき天国となさしめ給はんが為なり。
人と生れ出でし者は神に代りて太しき績をたて、世の進歩発達を図りて道を明かにするの天職あることを覚り、光陰を空しく費すことなかれ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki