王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第1巻 皇道編
文献名2第2篇 皇道我観よみ(新仮名遣い)
文献名3第3章 神道の本義よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例2017/9/20校正。 データ最終更新日2017-09-20 02:30:16
ページ59 目次メモ
OBC B121801c12
本文の文字数2190
本文のヒット件数全 1 件/少名彦=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  吾人は進んで神道の本義に移らむとす。即ち神道とは、世界各国に行はれつつ在る宗教に対しての名称なり。今茲に論題と為したる目的は、日本皇国に於ける神道の事を以て、先づ標的となすものにして、古来神道宗教家なるものの本尊として、敬拝尊崇せる神々の御性格が、各別々に発揮せられ、明確に説明せられ、的確に実行されあるや、大に疑問とすべき所なり。現今日本国に於ける、神道宗教の十三派を通じて、各奉斎する神々の本質を闡明して、真個国体の精華を発揮せるものありや、頗る疑はしき次第なり。彼の天理教は、十柱の神を主神として、之を天理王尊と称へ、八埃の教を説き、神の御活動を説くと雖も、寧ろ現代に活躍すべき神理に薄き感あり。黒住教は、皇祖天照大御神を主神とし、金光教は、天地金の大神と総称する三神を本尊となし、御嶽教は、国常立尊、大己貴命、少名彦命の三神を主神として敬拝すと雖も、未だ以て神々の御本質を明確に説かず。其他の神道宗教の教理及び祭神も、亦個々別々にして、一も統一せるもの無く、却つて神道の尊厳を汚濁するものと謂ふべし。
 抑皇典古事記の内容を、解説せる宗教的神道とも称すべき、安心立命的天理の本源を顕示し給へる、御本文を左に摘録せむか、古事記上巻、
『故、其兎大穴牟遅神に白さく、此八十神は必ず八上比売を得じ、袋を負へども汝命之を獲たまはむ。(八十神とは諸の神道宗教又は耶蘇教の意)茲に其太刀弓を持ちて其八十神を追避く時、坂の御尾毎に追伏せ、河の瀬毎に追ひ揆ひて国作り始め給ひき。(是れ皇道大本の出現にあらずや)』
 以上の神文を以て、俗説大国主神の御遭難の神話と称しつつありと雖も、其本義たるや天津日継天皇の総攬し給ふ、天理人道の教義を、説示し玉ひし明文にして、即ち天地の大造化力に伴ひたる、世の経綸を行ふ大本より説き起し、人の世に顕はれ出たる、天職と天賦の徳、ひとしく易る国の天賦と天賦の言語と、人質の関係、地質と人の性質の関係、言語と性質と手指の活用の関係、気界(原子)と人質の関係、天賦の地を経綸すべき原理倫理の本源、人の生死往来して無限の寿を保つ原理及び生死往来の道理を明示し、人の霊魂作用、人の世に処する根本律則、一国を主神する者の宗とする根本法理、世道人心を平かに治むる大基本を教へ給へる神文なり。
而して、
『故、阿治志貴高日子根神は怒りて飛去る時に、其伊呂妹高比売命、其名を顕はさむと思ふ故に歌曰く、

あめなるや、をとたなばたの、うながせる、たまのみすまる、みすまるに、あなだまはや、みたにふたわたらす、あぢしきたかひこねのかみぞや』此歌は夷振也。

 此の夷振歌の本義は、人の世に処する精神によりて、徳の基を結ぶ天理の法則を、示し玉へる神歌なり。古来我国神道家の唱導する教義なるものは、至粋至純なる、皇祖の教示し給ひたる真正の教理に非ず。実に一千有余年間に、輸入せる儒仏の教義を、国体的に純化したる人工的教義なれば、実際的に世道人心を、利益する能はざる教理にして、世界各国の宗教と殆んど異る処なし。実に奉齋し奉る神霊に対し奉りて、畏れ多き次第と謂ふ可し。要するに、神は各其異りたる御名を有し給ふが如く各自皆天賦の活用妙機を保ち玉ふにあり。此の神々の保たせ給へる御神格を活用し奉るは、日本国民の宗とする所の天職ならざる可らず。故に吾人は、如斯感ぜざるを得ず。天運循環して、茲に日進の聖代に遭遇せる、現在の国学者及び十三派の神道宗教家は、宜しく神道(古神道)の大本を闡明し奉りて、皇祖の御稜威を照らし顕はし奉らざる可らず。然るに現代の宗教なるものを見るに、往々にして、安寧秩序を害するものあり。皇国固有の神道には非ずと雖も、朝鮮に於ける天道教然り。後援の地位に立てる、某々国キリスト教の宣教師の行動も、亦た然るに非ずや。帝国憲法は、明かに此の如き信教を禁ぜり。将来一般宗教に対する批判は、詳細に説述すべき吾人の覚悟なり矣。
 彼等の徒が、安寧秩序を害するの根元たるや、彼等は、神仏の解剖的意義を多少覚知せるならむも其実際の活動に思ひ到らず、救済、摂取を口にするも、事実之に伴はず、根本的の神誓神約に着眼するもの無きは、実に思想界の暗黒時代と謂ふべし。真実世道人心を、利導啓発するに適したる宗教は天下に唯一あるのみ。是を天津誠の道と謂ひ、皇道大本教と称す。是即ち、我皇祖及び神祖の教示し給へる、天理人道の根本義にして、大日本国教の真髄とする所なれば、正に以て教育の大本となす可きものたり。唯単に哲学と空想とに基ける世界一般の宗教に対しては、皇道大本の教義を照示し、以て其の迷妄を開発離脱せしめ、彼等の理想を満足せしむるは、日本神道家は更なり、吾人の双肩にかかれる職責なり、任務たる可し。『亦以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラム』と示させ給へる、明治天皇の御勅語に奉答するは、一に皇典古事記及び皇道大本神諭の研鑽に待たざる可からざる次第なり。要するに皇道とは、世界を統轄して、平かに安らかに治むる教政を総称するの義にして、神道とは、世道人心を教導すべき根本的教育の本源なり。然りと雖も、現代に行はれつつある政治教育とは、根本的に異れるの感無き能はざるなり。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki