王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第5巻 言霊解・其他
文献名2【随筆・其他】よみ(新仮名遣い)
文献名3筆のすさびよみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ蒟蒻(菎蒻) データ凡例旧仮名遣いを新仮名遣いに改めた。 データ最終更新日2021-04-20 13:34:01
ページ438 目次メモ
OBC B121805c220
本文の文字数2165
本文のヒット件数全 2 件/南山=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  蒙古に捕われ銃殺を宣告されたる当夜ほど心落ち付きたる日は無かりし。その夜は初めて蒙古旅行における熟睡の味わひを知り得たり。嗚呼人間は最後にはならねば真の安心は得ざるものか。
  百余り八十の日数の蒙古地に落ち付き得たり刑されむとして
  渺邈と限りも知らぬ蒙古野に果てむとする日神に在りけり
  千万の希望を胸に畳みつつ天津神国に行くを楽しみしよ
  親も児も妻も忘れて只神と大君の上に心馳せけり
  現し世の執着心も死の神の前には風の如く散りぬる
   ○
 辛苦の極みを尽くして悪事のみを続行する人ほど憐れむべきは無し。されど善言美辞を連ね、善行を売り物として安気に生活する人ほど憎むべくまた憐れむべきものはなし。
  ひたすらに罪となるべき醜業に心苦しむ人憐れなりけり
  善人の仮面被りて世に生くる人ほど憎く憐れなるは無し
  よしやよし善言善行装ふとも誠なき程苦しきは無からむ
 世の中の凡ての禍なるものは決して偶然に起り来るものでなし。来るべきに来り、去るべきに去る。これ当然の正しい理性に由るものである。そこに現代の禍根が伏在しているのだ。
  世の中の凡ての禍福吉凶事は起るべき由ありて起れる
  禍の多き世なりと勿恨みそ防げば防ぐ道も沢なる
   ○
 現代人は文学書を読むに当たりても、一般的に善の字よりも悪の字に、より深い興味と親しみを感ずるという不祥の世の中だ。アア教育の罪か、社会の罪か、吾には判断付き難し。
  善言や美辞を疎んじ悪の声聞きて歓こぶ歎かしき世かな
  さかさまの世なりと開祖は宣たまひき悪しきを歓ぐ人多くして
 良人としては温順柔和の人を妻は愛するようなれども、愛人としてはむしろ粗野なる人が慕われるようである。
  良人たる人は温和の最上も愛人としては粗野を好く女かも
  何事も妻の詞を容るる人は良人に持ちて心よきかな
  物事に頓着のなき野人こそ寧ろ女の愛するひとなる
 至誠至善として世間より尊敬されている人よりも、大悪人として時人に疎外されている人にかえって深い人間性が味わわれるものだと思う。
  善き人よ賢き人と敬わる人にもまして味ある悪人
  逆様の斯世になりせば悪人は却て善者と誤まるるなり
  悪人と世に疎まるる人の中に心美はし人の潜める
 女人は最初から逃げる目的をもって逃げるものでない。最後には必ず捕られんことを期待しつつ逃げてみるのである。
  家出せし女房の腹はいやはてに捕へられむと望みつつ逃ぐる
  ある家の姑吾に尋ねきて逃げて見たいが如何とぞ問ふ
  逃ぐるとも追ひかけくるるもの無くば如何せむやと問ふぞ可笑しき
   ○
 桔梗、苅萱、女郎花、薄、蔦、萩、藤袴など秋を彩る七草は今を盛りと四方の山に野にしとやかに寂しみのある、俗塵を離れたような姿を涼風に晒している好季節となった。この七草については古来丹波には面白い伝説が残っている。昔の神代の頃、音無瀬川(和知川の下流)のそばに音無瀬姫と呼ぶ女神が住んでいた。そして男神の烏ヶ岳の神と二人で、そこらあたりの美しい自然の中に心ゆくままに清らかな空気を呼吸していました。ある秋の静かなる日、女男二神は長田野と云える広い広い清い美しい原野で遊んでいた時、男神はその美しさに心の底から歓喜し、七色の虹を採って絵具として神南山という小さい岡を色美わしく彩色し給うた。そうすると神南山は一面の紅葉になってしまったが、そのとき七色をとかした絵具皿を思わず女神は手から落とした。その絵具に染まった草は秋の七草になったと、伝説はこういうふうに面白く色づけているのである。男神と女神の秋のたわむれ、その真偽はさておき、古人の罪なき伝説には床しいところがあるようだ。
  二柱神の染めたる秋の野はさながら神の姿なりけり
  音無瀬の姫はいつしか名をかへていま佐保姫となりにけるかな
  七色の錦を飾る神南の山にもまして著き丸山
   ○
 吾が郷里の穴太に菎蒻屋という家号の付いた田舎屋がある。吾が幼年の頃には盛んに菎蒻を製造し、かたわら豆腐を製して附近の村落に販売していた。その時の同家の看板を思い出し、あまり面白ければちょっと徒然の埋草に書いてみたいと思う。
  一しろとふ(白豆腐)  一あぎどふ(揚豆腐)
  一やけどふ(焼豆腐)  一こんぎやく(菎蒻)
  一じ玉あり(地卵あり)
 右一々見てゆけば、一として仮名の間違っていないものはないが、それでも大変に商売は繁昌していた。世の中は実に面白いものだと思う。
 今一つ可笑しいのは汽車の踏切の立札である。たいていの札には(きしやにちゆういすべし)と書いたことである。学者の多い鉄道省のことだから(きしやにちういすべし)と改めて欲しいものだ。
(大正十五年十一月号 神の国誌)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki